空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 17日

花と実の意外性?~合田草(ルナリア、オオバンソウ)

今日も東京は 梅雨の合間の暑い一日でした~
仕事が 忙しく、ちょっとバテ気味~^^; 明日行けばお休みなので がんばろー!! ^^


小石川植物園の本館前の小さな花壇。
ここには 小さいながらもいろんな花があります♪

面白いものを見つけました~^^
丸い実? がたくさんついています・・

e0195587_23541171.jpg

1
e0195587_23524080.jpg


透けて見える中身は種?

2
e0195587_23551053.jpg


ゴウダソウ(合田草) アブラナ科
別名:ルナリア、オオバンソウ(大判草)、ギンセンソウ(銀扇草)


ん? ルナリア・・とは あのルナリア?

色づいた実ですね~^^

3
e0195587_23571224.jpg


1901年に教授の合田清(ごうだ きよし)さんという方が フランスから日本へ持ち帰って普及させたらしく
花名は、その「合田さん」に由来してつけられたそうです。

とってもユニークな実ですね~^^

4
e0195587_015189.jpg


別名の 「大判草」 「銀扇草」 「銀貨草」 は 実の形からつけられたそうです。
見るからに納得! ですね~^^

5
e0195587_042866.jpg


シダ園の前に たくさんの合田草を発見! わずかながら花も!
あ、ルナリアとは やはりあのルナリアです♪

Lunaria(ルナリア) の luna は月の意味で,果実の形から連想された名前だそうです。
なるほど、この花の名は ユニークな実の形から名づけられたものだったのですね~^^

それにしても このルナリアの実が このユニークな合田草だとは・・びっくり?^^;

6
e0195587_071837.jpg


たくさん実っていた 風に揺れる合田草♪  モンシロチョウがたくさん遊びに来ていましたが・・・
全然止まってくれないので 上手く写せませんでした~
どこにいるか・・・ わかりませんね~^^;

7
e0195587_011201.jpg


調べていたら もうひとつ・・^^

花の後にできる丸い形の莢(さや)の両側の外皮がタネとともに外れると、銀白色の隔膜が残り、
この隔膜は半透明で光沢があり美しく、ドライフラワーとして利用されるそうです。
その隔壁の様子からコインプランツ、シルバーダラーなどの別名があるそうですよ~^^

あ、そういえば見たことあります!
ドライフラワーになってるあれ! あれがこの合田草=ルナリアの実だったのですね~♪

なんだかいろんなことが繋がって? とっても不思議で面白い~^^


オマケです♪

合田草の別名 オオバンソウに対し・・ おなじみコバンソウ~^^
同じく花壇にありました♪  もう色づいてますね~^^

8
e0195587_019280.jpg


もひとつオマケ♪  ツリガネスイセンの実~^^

e0195587_1953191.jpg

9
e0195587_195566.jpg



可憐な花でも 実はとってもユニークだったり・・^^

花と実を比べてみるのも 面白いですね~♪

今日も見ていただき ありがとうございました~^^
明日は 『幻の紫陽花』 をUPしたいと思いまーす♪

もうひとつのmessage
ほら、風の声が聴こえる・・~『ムクドリくん♪』

 こちらにも遊びに来てくださいね~^^

2010. 6. 6 ( 日 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS Kiss X2)

by m-kotsubu | 2010-06-17 19:18 | 小石川植物園


<< 幻の紫陽花~シチダンカ(七段花)♪      光と戯れて~紫陽花♪ >>