空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 10月 03日

キキョウ(桔梗)とシロミノコムラサキ(白実の小紫)~和の雰囲気で・・♪

予報では 天気が崩れるとのことでしたが、今日の東京は 一日良いお天気でした~^^

ちょっと用事があったのですが 朝早い時間に 少しだけ近くに撮りに行ってきました~♪
今週は 全然撮影できないかなぁ~と思っていたので、短い時間でも楽しかったです♪
やっぱり 写真は楽しいし ストレス解消になりまーす! ^^


ではでは 今日は 再び『向島百花園』に戻ります♪  

1
e0195587_17532580.jpg


池のほとり・・先日載せたオミナエシの近くに 美しいこの人がひっそりと佇んでいました。

2
e0195587_17551041.jpg


キキョウ(桔梗) キキョウ科の多年性草本植物

和服の似合う日本美人・・です(私の中のイメージです)  虫くんも美しさに惹かれてやってきました♪

3
e0195587_17565645.jpg


"balloon flower" という英名の由来になっている蕾の状態です~
つぼみの状態では花びら同士が風船のようにぴたりとつながっているからだそうでうす。 ほんとですね~^^

4
e0195587_1833191.jpg


上品な優しい紫ですよね~

自生株は近年減少傾向にあり絶滅が危惧されていて レッドリストに載っているそうです・・。

5
e0195587_186396.jpg


そして こちらは近くで たわわに白い実をつけていました~^^

6
e0195587_18111124.jpg


シロミノコムラサキ(白実の小紫) クマツズラ科落葉低木

e0195587_18451147.jpg

7
e0195587_18125364.jpg


コムラサキの白い実のものですね~^^

8
e0195587_18162798.jpg


普通「シロシキブ(白式部)」と一般的に言われているようですが
細かく言うと、これは「ムラサキシキブ(紫式部)」の変種ではなく、「コムラサキ(小紫)」の白実変種のようです。

9
e0195587_18205984.jpg


見分け方は、ムラサキシキブは葉の「据歯」が全縁にあり
コムラサキの据歯は葉の半ばから先端部にあるので区別ができるそうですが・・・?!

うーん 言われてみれば・・・ でも難しいなぁ~^^;
葉っぱも ムラサキシキブ、シロシキブの方が大振りで コムラサキ、シロミのコムラサキ の方が小振りのようです。

10
e0195587_18195136.jpg


「ムラサキシキブ」と「コムラサキ」は 実の色が少し違うので見分けやすいですが(コムラサキの方が淡い紫かな)
「シロシキブ」と 「シロミノコムラサキ」は なかなか難しいかも・・・^^;

11
e0195587_18262477.jpg


コムラサキの上品な紫の実も素敵ですが この真っ白なシロミのコムラサキも いいですね~^^

12
e0195587_1818362.jpg


桔梗 も 白実の小紫 も、どことなく和の雰囲気が漂う花(実)です~

向島百花園の雰囲気に とってもマッチしてました~^^


もうひとつのmessage♪ 
fotologue
こちらにも遊びに来てくださいね~^^

2010. 9 . 18 ( 土)  晴れ  PHOTO by kotsubu (EOS Kiss X2, PEN2)

by m-kotsubu | 2010-10-03 18:43 | 向島百花園


<< 白いコスモスと蝶たち♪ ~昭和...      ツユクサ(露草)のある風景~あ... >>