2012年 04月 08日

鍋割山~塔ノ岳 (1)  登山道まで♪

2012年 山歩き   
    奥多摩・高尾    御岳山~日の出山(1月)  浅間嶺~払沢の滝(2月)  景信山~高尾山(3月)
                日の出山(北尾根から)~吉野梅郷(3月)
                城山カタクリの里~草戸山~南高尾山稜~高尾山(4月)
    丹沢         渋沢丘陵と震生湖~頭高山(1月)  鍋割山~塔ノ岳(4月)
    秩父         長瀞アルプス~宝登山(2月)
    山梨・静岡     石割山→山中湖畔スノーハイキング(1月 ツアー)  平治の段(南貫ケ岳)(2月 ツアー)
    三浦         三浦半島シーサイドウォーク(1月)
    北関東       筑波山(3月 富士登山トレーニングツアー)


☆ただいまUP中の山
     ★奥多摩・高尾    日の出山(北尾根から)~吉野梅郷
                  城山カタクリの里~草戸山~南高尾山稜~高尾山
     ★北関東       筑波山        
     ★丹沢         鍋割山~塔ノ岳

     

☆2011年 山行は サイドバーへ移動しました。


一昨日、昨日と皆さんのブログにご訪問できず、すみませんでした・・・m(_ _)m

先日予告したとおり、
昨日、丹沢のハードなロングコース 『鍋割山~塔の岳』 を歩いてきたので 
昨日は ネットに接続する元気もなく 
撮ってきた写真をとりあえずPCに取り込み爆睡しました~^^;

わかってはいましたが 今回はかなりハードでした・・・^^;

なだらかな林道歩きから始まるのですが 
その後、一気に標高をあげるハードな鍋割山までのコース。

その後の塔ノ岳山頂では 朝の青空が嘘のような、まさかの吹雪・・(というのはちょっと大げさですが かなりの雪だった・・><)

下山は 通称バカ尾根と呼ばれる 大倉尾根の果てしなく続くハードな下り。


ハードな行程でしたが そこには、その辛さを上回る、素敵なシーンがたくさんありました。

鍋割山山頂で見た富士山(頂上は雲の中だったけど・・・^^;)
名物 鍋焼きうどん! ^^

鍋割山稜と呼ばれる 綺麗な道。 (紅葉の頃にまた行きたいなぁ・・^^)

塔ノ岳山頂で 雪の中出会った鹿。

長い長い行程を歩き終わったときの あの充実感。


やっぱり、私は山が好きなんだ・・。  
いつも歩き終わってからそう思うけど、今回も心からそう思いました。

そして 山の厳しさ、自然の偉大さを 改めて感じた今回の山行でした。


またレポして行きます。  

この記憶、感動を忘れないように・・・^^


今回は ロングコースになるので、朝早くのスタート。

小田急線渋沢駅からバスで15分。大倉バス停に8時。
ちなみに4時起きで5時20分頃、家を出ました~^^;

ここは 鍋割山、塔ノ岳 など 丹沢の登山道の起点となる場所です。

朝から多くの登山者で賑わい、ボランティアの方(かな)が 登山カードの受付をしてくれていました。
登山道でも 初の登山ポストを見ました。

ちなみに 初体験、登山者カードを提出。(リーダーが出してくれたのですが)
(ほんとはどこの山に行くのでも 出さなきゃならないのでしょうが・・・^^;)

メンバーは 以前 日の出山に行った時と同じ、ベテランMさんと 山友Tちゃん、そして私の3人♪

1
e0195587_12111830.jpg


身支度を整え 登山道までは 舗装された道を歩きます。

2
e0195587_12232075.jpg


すぐに分岐。
ここから 大倉尾根経由で塔ノ岳に行く人と 鍋割山へ向かう人とに別れます。

私たちは、まず鍋割山に行き、それから塔ノ岳に向かうコース。
左の道へ 入ります。

直接塔ノ岳に行く人が多かったようで 鍋割山へ向かう人は 三分の一くらいかな。

ちなみに 今回のコースは 若者が多かったのが印象的でした。
丹沢では 人気のコースだからかな。

あと、一眼レフ持ってる若者も何人もいました。
私は 今回のコース上、4,5回 「シャッター押してください!」 と頼まれたのですが そのほとんどが 一眼レフでした。

重い一眼レフを持って登るとは やはり若者は 元気だ!(笑)

・・・というか、私は一眼レフを持ってたとしても シャッター押してと気軽には頼めないので
(コンデジだったら頼めるけど)
わりと簡単に頼んでくる若者には へぇ~という感じでした~(笑)

私がたまたまカメラやってるからいいけど、そうじゃない人には 一眼は扱いにくいのでは・・と思うのだけど・・・
若者の感覚なのかな?

実際、Tちゃんも1,2回頼まれたのですが、「無理!」 と言って 全部私にフッてくれました・・(笑)

ちなみに私は 今回はコンデジでした~^^; 

3
e0195587_1227975.jpg


鍋割山は、どれだろう・・^^

4
e0195587_12405978.jpg


ちょっと寒いけど、空は雲ひとつない青空!  

「今日は山日和だね~」 そんなことを言いながら のんびり歩きます。

5
e0195587_1245613.jpg


6
e0195587_13133627.jpg


途中で 山桜を発見!

青空に映えて綺麗~^^
 
7
e0195587_13135765.jpg


そして 登山道へ♪

8
e0195587_131625.jpg


まずは二俣を目指して歩きます。

9
e0195587_13174293.jpg


10
e0195587_13183181.jpg


日の光と木々が織り成す 光と影・・・。

何度見ても見飽きない、美しい大好きな光景。

そして いつもワクワクする この始まりの瞬間!

11
e0195587_1318449.jpg



抜けるような青空、明るい日差し。

この空が 次第に曇り、まさか雪が降ってこようとは・・・このときの私たちには 想像もできませんでした~^^;


                                     続く♪



鍋割山(なべわりやま)

丹沢大山国定公園に含まれ、丹沢山地の南部に聳える標高1,273mの山である。
神奈川県の中西部に位置する秦野市、丹沢山系への登山口の町であり
丹沢山系から足柄平野に掛かる足柄地域に位置する松田町、足柄上郡に属し町域の大半を丹沢山地が占める山北町の市町村境に位置する。
別名、三ノ萱(さんのかや)とも呼ばれ、測量標の一つである三等三角点のある三角点峰である。
山頂は明るく広く平らで、南から北西にかけて眺望が開け、晴れた日には裾野を広げた富士山が見える。
登山道は寄から、二俣から、大倉尾根の金冷シからなどのルートがある。
山頂の東側には鍋割山荘が建っている。




塔ノ岳(とうのだけ)

丹沢山地の南部にある標高1,491mの山。
愛甲郡清川村、秦野市、足柄上郡山北町の境目に位置する。
関東山地を構成する丹沢山地の一角をなし、丹沢大山国定公園に属す。
山頂周辺はシカの食害が問題となっている。

丹沢修験道の要であり、塔ヶ岳・御塔・尊(孫)仏山(そんぶつさん)など多くの呼称を持つ。
中近世には近郊農村の雨乞いの場として、或いは露天賭博の場としても賑わった。
かつて山頂には別称の尊仏山の由来となった尊仏岩があり、お塔と呼ばれ信仰されていた。
塔ノ岳の山名はその塔に由来する。
この岩は関東大震災の余震である丹沢地震(M 7.3)で大金谷へ転落し現存しない。
なお、山頂の尊仏山荘の名もこの岩に由来している。


                               wikiより 抜粋


追記

今回の山行記録は こちら

歩行距離  約12.6km
歩行時間  10時間(うち休憩2時間弱)




       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 4 . 7 ( 土) 晴れ/雪/曇り  PHOTO by kotsubu (FT3)

by m-kotsubu | 2012-04-08 18:30 | 山歩き | Comments(10)
Commented by h_e_r_om at 2012-04-08 21:04
ハードな行程、お疲れさまでした。
心地よい疲労感は、登った方じゃないと その快感は得られないでしょうね♪
お天気に恵まれると気分も より爽快!
オレも今度 なだらかなトレッキングでもしてみようかな!^^
Commented by ten-zaru at 2012-04-08 21:20
kotsubuさん、今晩は。
登山者カードを提出しての登山、いよいよ本格的な段階になりましたね。
しかし山の天候は予想もつきませんから、十分に気をつけて下さいよ。
Commented by Sippo5655 at 2012-04-08 21:41
いや~、ほんとお疲れ様でしたっ(^0^)/
雪まで降ってきたのですか。。
でも、途中途中で様々な出会いがあったのですね。
若者が増えるって、良いことですね。
また続きを楽しませていただきます(^0^)/
p☆
Commented by shizenkaze at 2012-04-08 21:43
登山カードはある程度の山には出すのが基本ですね~
ただ最近のドライブウェーやロープウェイでサッと来て少し歩いて頂上・・・・・なんて人達には無縁なものですが裾野から登る時には提出しないと何かあった時に困りますね・・・・
そして下山した時にも必ず『無事に下山しました』の報告も忘れてはいけませんね・・・・・^^

よく提出だけして帰りには何もしないで帰る人がいますが下山したのか事故に遭って帰られないのか判らないので報告は重要ですね^^

今回の山歩きでは今まで以上の何かを見つけられたようですね^^
これからのブログを楽しみにしています^^
Commented by toshi at 2012-04-08 21:58 x
kotsubuさん こんばんは~
丹沢のハードなロングコース鍋割山~塔の岳、お疲れ様でした。
綺麗な青空で山歩きも楽しめたようですね~(^・^)
でも山の天気は変わり者・・雪が降ったとは驚きです。
Commented by yu-yu-sansaku at 2012-04-08 23:58
kotsubu さん♪ (* ^-^)ノこんばんわぁ♪
ハードな行程♪お疲れさまでしたぁ~。
天候に恵まれて良かったですね。v(*’-^*)bv♪
山の天気は変わりやすい!しかたが無い事ですよ~
応援♪~ポチッ☆彡&【イイネ】に P☆ ♪
Commented by deep_breath38 at 2012-04-09 00:00 x
こんばんは。
登山カードは出したことありませんが、山小屋に泊まるとどのルートで歩くのか、翌朝出発の時必ず聞かれますね。
4,6が好きですが…この青空が雪になるので寸か~(°。°)。
Commented by meruchichy at 2012-04-09 00:03
こんばんは、、、丹沢は標高が高尾山の2倍以上高くて、道が短いから
登りが急ですよね。大変だったと思います。 でも、体力に自信が付いたのでは?
登山カード、登山口の入り口にポストが置いてあるところが多いですよね。 
お疲れ様でした。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-04-09 18:14
こんばんは♪
山歩きもいよいよ本格的になってきましたね。
kotsubuさんの記録は、山ガール入門の人たちの解りやすいマニュアルになりそうです。
自分の足で登って、写真つきの解説が詳しいのですもの!
山ガールがますます増えるのでは~!?
頑張りすぎずに楽しんで下さい。

Commented by m-kotsubu at 2012-04-09 22:03
コメントいただいた皆様へ♪
こんばんは~
今回の山行で 私はいろいろなことを学んだ気がします。
以前からわかってはいましたが、山の天気がどれほど変わりやすいか。
山を歩く上で 時間と距離だけで大変な山かどうかは判断できないこと。
高低差がどのくらいあるか・・・ということが 大きなポイントになること・・など。
登山者カードも初めての経験でした。
この辺りでは 下山の報告書はないのですが
地方によって違うのでしょうか?
私のブログで 山に行きたいと思う人が、少しでも増えてくれると嬉しいですが・・どうだろ?(笑)
温かいコメント ありがとうございました~^^


<< 筑波山 (富士登山トレーニング...      城山カタクリの里~草戸山~南高... >>