空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 29日

金時山 (富士登山トレーニングツアー) (1) 乙女峠~長尾山頂まで♪

 2012年 山歩き   
    奥多摩・高尾    御岳山~日の出山(1月)  浅間嶺~払沢の滝(2月)  景信山~高尾山(3月)
                日の出山(北尾根から)~吉野梅郷(3月)
                城山カタクリの里~草戸山~南高尾山稜~高尾山(4月)
    丹沢         渋沢丘陵と震生湖~頭高山(1月)  鍋割山~塔ノ岳(4月)
    秩父         長瀞アルプス~宝登山(2月)
    奥武蔵       官ノ倉山(4月)
    山梨・静岡     石割山→山中湖畔スノーハイキング(1月 ツアー)  平治の段(南貫ケ岳)(2月 ツアー)
    三浦         三浦半島シーサイドウォーク(1月)
    北関東       筑波山(3月 富士登山トレーニングツアー)
    箱根         金時山(4月 富士登山トレーニングツアー)


☆ただいまUP中の山
     ★奥多摩・高尾    城山カタクリの里~草戸山~南高尾山稜~高尾山
     ★丹沢         鍋割山~塔ノ岳       
     ★奥武蔵       官ノ倉山
     ★箱根         金時山

     

☆2011年 山行は サイドバーへ移動しました。


一日は長いのに、一週間はとっても早い・・・><

この日から もう一週間がたってしまいました・・・。
先週の日曜日に行った、富士登山トレーニングの金時山です♪

この日はあいにくのお天気でしたが 雨に降られたのはラストの30分くらいでした。

晴れていれば、富士山が目の前に見える山なのですが 残念ながら展望はなし。

でも、行きの高速のバスの中から 一瞬だけ、目の前に大きな大きな富士山を見ることができました。

また雪が降ったのか 真っ白に染まった富士山は 優雅でとても美しかった・・・^^


ツアーだったし、お天気も悪かったので、
写真はあまりないので このシリーズは短いです。(それでも90枚はあった・・・^^;)

金時山の登山口は 乙女峠登山口といいます。

軽くストレッチをして 登り始めるのですが この日は30人・・・。
登山ツアーの上限らしいですが ちょっと多過ぎるような。^^;

普通のツアーは 22人とかなのですが 富士山トレーニングツアーで人気がある?ので
多くなってしまうようです。

e0195587_18352728.jpg

1
e0195587_18372140.jpg


e0195587_18381265.jpg

あっという間に 乙女峠到着~(笑)

2
e0195587_18382274.jpg


乙女峠の悲しい伝説。

3
e0195587_1841759.jpg


空はどんより・・・。  いまにも降りそうな・・・(時々小雨は降っていた・・)

でも最近は 多少の雨はしかたないと思うようになってきました。

お天気がいいにこしたことはありませんが 
山は木が多いので 思ったより雨の影響は少ないのです。

装備をしっかりしていれば 雨でも楽しむことができます♪

それに 雨の日は雨の日なりの楽しみがあります。(冬の寒い雨や 風が強いのは嫌だけど・・^^;)

4
e0195587_1843544.jpg


e0195587_1845023.jpg

5
e0195587_1845251.jpg


6
e0195587_18494444.jpg


途中の長尾山山頂~^^

7
e0195587_18503898.jpg


ここで ちょっと休憩。

8
e0195587_18522819.jpg


熊笹の茂る道を行きます♪

9
e0195587_18533239.jpg


可愛いスミレが咲いていました~^^

10
e0195587_18535187.jpg



金時山(きんときさん、きんときやま)は神奈川県と静岡県の境にあり、箱根山の北部に位置する標高1,213 mの山。

一帯は富士箱根伊豆国立公園に指定されている。
箱根山の外輪山では最も高い山であるが、カルデラの陥没時に形成された山ではなく、古箱根火山の寄生火山である。
そのため外輪山の他の山とは異なった特徴的な山容をしている。

かつてこの山は、山の形から猪鼻嶽(いのはなだけ)と呼ばれていたが、
坂田公時(金太郎)がこの山で山姥に育てられたという伝説から、江戸時代の後期に金時山と呼ばれるようになった。
金太郎伝説発祥の山である。



                                   Wikiより


その名のとおり この先の登山道には、金太郎伝説にまつわるあれこれが現れます~^^


                                  続く♪



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 4. 22 ( 日 ) 曇り/小雨 PHOTO by kotsubu (FT3)

by m-kotsubu | 2012-04-29 19:00 | 山歩き


<< 2012 最後の桜 Ⅱ      ムラサキハナナの憂鬱 >>