空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 29日

多摩川源流の山 笠取山 (1)  源流に沿って~カラマツからブナの森へ

☆ただいまUP中の山
     ★奥多摩・高尾     御前山  奥多摩むかしみち           
     ★富士山周辺     三ツ峠山  富士山1合目から5合目
     ★奥秩父        笠取山

     

☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


今日から また新しい山旅の始まりです♪

私の家の前には 多摩川が流れています。

今回訪れたのは、この多摩川の源流の山、笠取山です。

笠取山は、埼玉県秩父市と山梨県甲州市の境目にある、標高1953mの山です。
山域では 奥秩父に属しています。

ここには、多摩川の始まりの場所、水干があり 多摩川の源流が流れています。
そして、小さな分水嶺があり 
そこを境に水は 富士川、荒川、多摩川へと分かれて行きます。

多摩川の源流、そして始まりのある山。
そこはとっても綺麗な山でした。

カラマツ、ブナ、そしてしらびその森へと標高が高くなるにつれ変わって行く樹林帯。
その中を流れて行く 美しい多摩川の源流。
そして、山頂からの素晴らしい眺め。

ガイドブックを見た時から行ってみたかったその山は 
ただ・・・アクセスがとっても不便で…。
駅からタクシーで1時間もかかるのです。><
なので、ここを訪れる人は、マイカーが多いのでしょう。

私はちょうどこの日 山友Tちゃんが仕事のため予定が空いていて…
何かいいツアーがないかな~と探していたら ちょうど空席があったので申し込みました。
個人ではなかなか行けない場所なので、空いていてよかった~^^

写真もそうそうじっくりと撮れたわけではないのですが
でも、この山の美しさをお伝えすることができたらいいな~と思います。

そうそう、とってもステキな場面にも遭遇したのです。^^


毎日のように眺めている豊かな多摩川。(私の住むところはもう河口近くの下流です)
その始まり、そして小さな1滴が集まり、大きな流れになることを想像しながら歩くのは
とっても浪漫のある素敵な旅でした。


山域では奥秩父なのですが、アクセスのいい山梨側から入るのが一般的なようです。

余談ですが…私は埼玉生まれなのですが
どうも埼玉と山梨が隣同士である…ということが不思議でたまりません…(笑)


バスは中央高速を勝沼インターで降り、途中まで行くのですが…
この日のツアーバスは 中型バス。
小型バスだったら登山口まで上がれるのだそうですが 中型では入って行けないということで
途中で 手配してくれていたタクシー5台に分乗します。

こういうところ、ツアーだとありがたいですね~^^

タクシーに乗り換え 30~40分… 遠い…^^;

やっと登山口に到着です!

1
e0195587_21173132.jpg


多摩川の源流であるということから
東京都水道局が管理してる登山道は、綺麗に整備されていて歩きやすかったです。

2
e0195587_21313257.jpg


空はとっても青くて 山日和! ^^

3
e0195587_21315346.jpg


登山道に入ると そこは綺麗なカラマツの森が広がります。

4
e0195587_2136429.jpg


苔むした岩が見られ…

5
e0195587_21413973.jpg


その中を小さな流れが流れて行きます。

6
e0195587_2142236.jpg


これが多摩川の源流。  綺麗ですね…^^

7
e0195587_21434924.jpg


ハウチワカエデ(だったと思う・・)

この日のガイドさんは 植物にもとっても詳しく、カエデの種類などもいろいろ教えてくれました。
小さな赤い花が咲いているの、わかりますか?

8
e0195587_21452649.jpg


こんな橋が次から次へと出てきて、流れの上を行ったり来たりしながら歩いて行きます。

9
e0195587_21502392.jpg


樹木は カラマツからブナへと変わっていきます。

10
e0195587_2152266.jpg


これは鹿が食べたあとだそうです…^^;

(この木はブナじゃないかも…
 なんとかという生薬になる木だそうで、
 鹿がお腹をこわしたからたくさん食べたのかも…とガイドさんが冗談を言ってました~笑)

11
e0195587_21542389.jpg


12
e0195587_21593272.jpg


ニリンソウ…かな?  (とガイドさんも言っていた)がまだちらほら見られました。^^

13
e0195587_2235088.jpg


この小さな流れが やがて大きな多摩川になるのですね…^^

14
e0195587_227216.jpg



                        続く♪


笠取山(かさとりやま)は埼玉県秩父市と山梨県甲州市の境にある標高1,953mの山で、
奥秩父の山域の主脈の一つに位置している。

山頂の南側は、多摩川の水源であり、南斜面の山林一帯は東京都水道局の水源涵養林(東京都水源林)となっている。
山頂から南側少し下に水干(水乾)(みずひ)と呼ばれる水源があり、
「東京湾まで138km」と書かれた看板が立っている。
また、山頂から西へ少し離れた雁坂峠への分岐付近に小さな分水嶺(山梨県山梨市・甲州市、埼玉県秩父市の境目に位置)があり、
ここから山梨市側は笛吹川(富士川の支流)、秩父市側は荒川、甲州市側は多摩川へと別れている。また、これを示す石柱がある。


                 以上 Wikiより




       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 5 . 26 ( 土 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (FT3)

by m-kotsubu | 2012-05-29 19:00 | 山歩き | Comments(9)
Commented by papacamera at 2012-05-29 21:29
多摩川のそばに暮らしていると多くの人が同じ気持ちを抱くのでしょうね。
僕もいつか家族で行ってみたい場所の一つです。

そして、僕も埼玉と山梨が隣同士であることが不思議でたまりません。
Commented by shizenkaze at 2012-05-29 21:29
本当にいつも思うのは関東の山々には行政が観光として力を入れているのか登山道の整備や案内板がしっかりしていますね・・・・・
こちらの役場にも見習って欲しいです^^

11の鹿が食べたと言う木は『キハダ』じゃないかな?^^
胃の薬にも使われていますから・・・・・^^

3.8.14の写真いいですね^^
Commented by ten-zaru at 2012-05-29 21:55
kotsubuさん、今晩は。
多摩川の源流をその目で確かめたんですね。
いつまでも記憶に残る場所なんでしょうね^^
Commented by pulala-2 at 2012-05-29 22:47
多摩川の源流を見られた楽しい山歩き・・
これから多摩川を見る目が変わるかもしれませんね。
小さな流れがやがて大きな流れに・・自然て素晴らしいです。
アクセスが不便なのは自然が守られるのには良いことかもしれません。
ブナの美しい山、黒松内岳を歩いたことを懐かしく思い出しました♪
Commented by deep_breath38 at 2012-05-29 23:05 x
こんばんは。
多摩川の源流に、山梨から行くんですね~。
ブナはすごくたくさん水を貯えられるって以前聞いたことを思い出しました。
日本はホントに、神(=自然)の国ですね。
4,6,8,14がステキです~(^^)。
Commented by yu-yu-sansaku at 2012-05-29 23:41
(* ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
先ほどはご訪問いただきまして♪
・゚★,。・:*:・゚☆♪( ^-^)/アリガトウヽ(^-^ )♪・゚★,。・:*:・゚☆ございました。

登山もガイドさんがいらっしゃると、いろいろ教えて貰えるので
勉強になりますよね。
ステキな自然が残っているところですね。
応援♪~ポチッ☆彡×3 &【イイネ】に P☆ ♪
Commented by lucille5794 at 2012-05-30 14:48
先日、関西の民放で日本の名山歩き旅、
番組が放送されて、kotsubuさんのブログの山も映し出してました。
険しい山美しい山しばし見とれてkotsubuさんのブログに
思いをはせてました。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-05-30 17:35
こんばんは♪
川の源流が見られるなんて凄いように思います。
小さな一滴が大河になる~! 浪漫を感じますねぇ。
お山も緑が次第に濃くなってきましたね?
苔むした岩、清らかな流れ、木々の緑、爽やかな風が届いて来ました~^^

Commented by m-kotsubu at 2012-05-30 20:00
コメントいただいた皆様へ♪
こんばんは~
家の前を流れている多摩川。
その源流と最初の1滴を、今回見ることができました。
なんだか感動です。
小さな1滴の水が やがて大きな流れになるというのは
浪漫ですよね。
分水嶺も、不思議な場所でした。
笠取山、とっても綺麗な山でした。
続きも見てくださいね~^^
11はキハダですか。
そう言われればそう言っていたかも??^^;
温かいコメント ありがとうございました~^^


<< 風の中で~ユリノキ      光と遊ぶ >>