2012年 06月 21日

大菩薩嶺(富士登山トレーニングツアー) (1)  大菩薩峠まで

     ☆ただいまUP中の山
     ★奥多摩・高尾     奥多摩むかしみち
     ★奥秩父        笠取山  瑞牆山
     ★富士山周辺     三ツ峠山  富士山1合目から5合目
     ★奧武蔵        棒の嶺(棒の折山)
     ★大菩薩・道志    大菩薩嶺

     

☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


なんだか いろんな山行記録がありすぎて 収集つかなくなっている状態です…><


この前の日曜日、富士登山トレーニングツアーで 大菩薩嶺に行って来ました。

大菩薩嶺も、山歩きを始めた頃 ガイドブックで見て行きたかった山の一つでした。

名前がカッコイイですよね~(笑)


大菩薩嶺には 大菩薩峠があるのですが
この峠は仲里介山の小説にも出てくるとのこと(知りませんが…・^^;)

前日は雨・・
当日も朝は小雨が降り、お天気も怪しかったのですが だんだん回復し、蒸し暑くなってきました~><

晴れていれば 富士山の展望ばっちりのお山なのですが
残念ながらそこまでは晴れず…。

でも、気持ちのいい稜線歩き 苔むした岩の中を歩く下山道。
趣きのあるハルゼミの鳴き声…

とってもステキな山旅だったのですが…

私にとっては これまでで一番といっていいほど、キツい山歩きとなりました。

途中までは、特に問題なかったのですが
長い下りの途中から 襲ってきた頭痛…・><

もともと私は頭痛持ちで、寝不足、疲れ、暑さなどがあると 必ずといってもいいほど頭痛に襲われます。
日常茶飯事なので、慣れっこで頭痛薬は手放せないのですが
この時も 頭痛に襲われ・・我慢していたのですが、そのうちズキズキとだんだんひどくなり…><

立ち休憩のときに、頭痛薬を飲み なんとか凌ぎました。

たぶん、寝不足(万年寝不足なのですが…)と蒸し暑さのせいではないかと。

とにかくキツかった…。

下山して温泉入って バスで寝たら だいぶよくなりましたが…^^;
(高山病がとっても心配…><)


前置きが長くなりましたが 出だしは快調だったんですよねぇ…。

ここは登山道入口で、本当はここを登って行くのですが
前日の雨でかなり道が悪いとのことで この日は並行し走っている車道をしばらく歩くことになりました。

1
e0195587_20264373.jpg


大きな木々に見守られながら 歩きます。

2
e0195587_20295617.jpg


3
e0195587_20301995.jpg


ほどなく、福ちゃん荘に到着~^^

4
e0195587_2032015.jpg

 
5
e0195587_2034333.jpg


そして 富士見山荘~

6
e0195587_20353914.jpg


この白い花。(見ずらくてすみません) なんの花かな?

7
e0195587_20401085.jpg


ちょっと西武劇の小屋みたい~

8
e0195587_20415043.jpg


小さな沢があります。

9
e0195587_204461.jpg


10
e0195587_20455675.jpg


e0195587_2047520.jpg

11
e0195587_20473431.jpg


ミツバツツジが緑の中で綺麗です。

12
e0195587_2219526.jpg


13
e0195587_22204516.jpg


14
e0195587_22212079.jpg


苔むした岩が美しいです。

15
e0195587_22224623.jpg


大菩薩峠にある 介山荘が見えてきました~^^

16
e0195587_22262873.jpg



この日は 下りのトレーニング。

このあと、気持ちいい稜線歩きが終わると ながーい下りが始まるのです…^^;


                             続く♪



大菩薩嶺(だいぼさつれい)は、山梨県甲州市(旧塩山市)と北都留郡丹波山村に跨る標高2,057 mの山である。

奥秩父山塊に位置し、大菩薩連嶺の主脈を構成している。
日本百名山の一つに選ばれている。
深田久弥や木暮理太郎などは、その著書に大菩薩岳(だいぼさつだけ)と表記している。
名称の由来は、源義光(新羅三郎義光)が後三年合戦の際に軍神の加護を願い「八幡大菩薩」と唱えたこと、また、観音菩薩が祀られていること、などのいわれがある。
大菩薩嶺山頂は樹林帯のため眺望はない。
そのため、大菩薩嶺のみを目指して登ろうという者は少なく、多くの登山者は大菩薩峠とセットで登っているようである。


                              wikiより 


       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 6 .17 ( 日 ) 曇り/晴れ PHOTO by kotsubu (FT3)

by m-kotsubu | 2012-06-21 19:00 | 山歩き | Comments(10)
Commented by toshi at 2012-06-21 21:33 x
kotsubuさん こんばんは~
大菩薩嶺晴れた日には綺麗な富士山が見えるとか・・
私もガイドブックで知りいつか行きたいと思っていた山なんです。
頭痛持ちですか・・キツイですよね~たぶん寝不足からきているのでしょうが

下の夕映え画像も素敵ですね~とても綺麗です・・
Commented by h_e_r_om at 2012-06-21 21:54
昨日の夕映え、綺麗でしたね!
ちょうど会社帰りに見えた空が
めずらしい"桃色空"で、「いい色に焼けてるなぁ~」
と、写欲心を抑えるのがやっとでした。

コツブさん、見事に捉えましたね~
とっても きれいですよ♪
Commented by yu-yu-sansaku at 2012-06-21 22:09
(* ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
いつもご訪問いただきまして♪~~
・゚★,。・:*:・゚☆♪( ^-^)/アリガトウヽ(^-^ )♪・゚★,。・:*:・゚☆ございます。

大菩薩嶺もステキな山ですね。
沢あり、苔むした岩や花を楽しみながらの歩きは最高でしょうね。
しかし、頭痛は辛いですね。
お身体ご自愛下さいね。
応援♪~ポチッ☆彡×3 & 【イイネ】に P☆ ♪
Commented by shizenkaze at 2012-06-21 22:23
『大菩薩峠』と聞けば中里介山氏の長編時代小説の名前を思い浮かべますがあまりにも長いので読んだ事はありませんでした・・・・・

6.8の富士見山荘はいい雰囲気出していますね~^^
山荘泊りよりテントが好きだったので泊った回数は少ないですがたまにはいいものですね・・・・・
Commented by hibikorekouji2 at 2012-06-21 22:24
新緑と苔むした岩、癒されます~♪
私も頭痛持ちで、鎮痛剤は常に携帯しています。
私の頭痛は肩凝りから来るのですが、来るなと思ったら最近は早めに飲むようにしています。
そうしないと効かないから・・・。
無理をなさらないようにしてくださいね^^
Commented by trekker-k at 2012-06-21 22:27 x
大菩薩はのびやかな稜線と富士山や南アルプスの展望があって、大好きな山の一つです。6月はあまり山に行けていないので、kotsubuさんの写真を見ながら羨ましがってます(^^;
Commented by deep_breath38 at 2012-06-21 23:13 x
こんばんは。
大菩薩峠って、小説のタイトルにありましたっけ?
読んだコトありませんが…(^^ゞ。
この時期はホントに新緑がいいですね~。
ミツバツツジも自生してるし、日本の野山って開発が進む前はキレイだったんでしょうね。
2,3,9,12,14枚目がステキです~(^^)。
Commented by pulala-2 at 2012-06-22 16:19
大菩薩峠・・読んだことはありませんが名前は知ってます。
この名前の峠は何やら勇ましく神秘的な感じがしますね。
実際お写真からもそんな雰囲気が漂ってます。
3と15、いいですね・・(^-^)
頭痛は辛いですね。山歩きの前日は早めにお休みくださいね。
↓ 夕映え、素敵です!
Commented by soyokaze-1020 at 2012-06-22 19:20
こんばんは♪
大菩薩峠、その昔、映画がありました。
母の時代ですから遠い昔のことで、名前だけしか判りませんが・・・^^
苔むした岩や木々の緑が美しいですね。
毎週の山登りで、お疲れなのかと・・?
時には身体を休めませんと~! 
拝見するたびに、老婆心ながら心配しています。
ご無理をなさらないで下さいね。


Commented by m-kotsubu at 2012-06-22 22:03
コメントいただいた皆様へ♪
こんばんは~
大菩薩峠…という小説、私は知らないのですが
映画にもなったのですね。
ここは のびやかでステキな山です。
この日の展望は いまひとつでしたが
それでもとっても気持ちよかったです。
頭痛は、いつものことなのですが…^^;
気を付けないと…^^;
温かいコメント ありがとうございました~^^


<< 夕焼け紫陽花 Ⅱ      夕映え  by 6.20 >>