2012年 07月 13日

多摩川源流の山 笠取山  最終章  多摩川の生まれる場所へ

☆ただいまUP中の山
     ★奥多摩・高尾     御岳山~ロックガーデン~上高岩山~奧の院~御嶽神社
     ★奥秩父        笠取山  瑞牆山
     ★奧武蔵        棒の嶺(棒の折山)
     ★大菩薩・道志     大菩薩嶺
     ★志賀高原       横手山~芳ヶ平~白根山



☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


笠取山
(前回は コチラ


多摩川源流の山、笠取山のレポも 今回最終章です。

まっすぐな道を登ってたどり着いた山頂の景色に別れを告げて 
もうひとつのピークへ向かいます。

1
e0195587_2032677.jpg


アズマシャクナゲがほんの少し…。 

もっと咲いていれば綺麗だったのですが…^^;

2
e0195587_2053262.jpg


3
e0195587_20114592.jpg


笠取山には、二つピークがあります。

ここがもう一つのピーク、標高点のあるピークです。
(最初のピークは さっきまでいた最初の山頂で、山梨百名山の標識があります)

ここはほとんど展望がないので、写真だけ撮ってすぐ歩きだします。

4
e0195587_20132422.jpg


ここから下りなのですが かなり急。^^;

5
e0195587_20172981.jpg


そして、多摩川の始まりの場所、水干へと向かいます。

6
e0195587_20183347.jpg


7
e0195587_20212673.jpg


やがて、その場所が現れました。

ここが水干。 多摩川の始まる場所です。

e0195587_20221649.jpg

8
e0195587_20225137.jpg


9
e0195587_20262518.jpg


アップにしてみますね!^^

10
e0195587_20265767.jpg


ここから、水がポタ…ポタ…と落ちていきます。

そのひとしずくが 多摩川の始まりなのです。

少し粘ったのですが 水が落ちる瞬間を撮ることはできませんでした…^^;

でも、触れることはできました。
澄んだ冷たい水でした。
このひとしずくの水が、やがてあの豊かな多摩川になるのかと思うと なんだか感動でした。

11
e0195587_20284912.jpg


水干を見た私たちは もと来た道に戻り、下山します。

12
e0195587_20355877.jpg


13
e0195587_20392431.jpg


14
e0195587_2039521.jpg


下山道は 歩きやすい緩やかな道です。

15
e0195587_20414372.jpg


16
e0195587_20421974.jpg


笠取山、素敵な山だったな…。

17
e0195587_2045482.jpg


e0195587_20453355.jpg

19
e0195587_20455831.jpg



こうして 笠取山の旅は終わりました。


木漏れ日の中、美しい多摩川の源流に沿って歩き、思いがけず虹を見ました。
浪漫のある分水嶺。
山頂へと向かうまっすぐな道。
山頂からの気持ちいい眺めと充実感。
そして 多摩川の始まり、水干。

なんだか貴重な経験をいっぱいした、いろんなことがギュっと詰まった素敵な山でした。

また行ってみたいな♪


私の家の前は 多摩川が流れています。
毎朝毎晩眺め、夕焼けを撮る 東京湾へ流れ込む手前の大きな多摩川。

笠取山のあの場所で生まれたあの水が ここまで旅をしてきたんだなぁ…。

そんなことを想像するのは なんだかとっても素敵です…^^


                           終わり。



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 5 . 26 ( 土) 晴れ/曇り PHOTO by kotsubu ( FT3)

by m-kotsubu | 2012-07-13 19:00 | 山歩き | Comments(7)
Commented by hibikorekouji2 at 2012-07-13 19:21
ひとつの雫がやがて大河になる。
生命の始まりにも似ているようで、ロマンを感じます。
川の始まりなんて、今まで考えたこともなかったような・・・。
山という大自然に触れることで、いろいろなことを学べるのですね。
自然って素晴らしいですね♪
Commented by toshi at 2012-07-13 20:27 x
kotsubuさん こんばんは~
多摩川の始まり・・感動ものですね~
最初のひとしずくは?触ってきましたか~
Commented by soyokaze-1020 at 2012-07-13 20:34
こんばんは♪
昔、新聞で「大河の一滴」という題の小説がありました。
中身も誰の作かも覚えていませんが、それを彷彿させるレポで
興味深く拝見しました。
多摩川の最初のひとしずくに触れることができ、
お家の前の多摩川を眺める~、感動ですね。

Commented by deep_breath38 at 2012-07-13 22:07 x
こんばんは。
大河ってホントに一滴から始まってるんですね~。
山の保水力ってすごいなぁと思いました。
そうそう「大河の一滴」は五木寛之さんだったかな?
けっこう好きな作家です。
7,14,17,19枚目がいいですね~(^^)。
Commented by shizenkaze at 2012-07-13 22:19
多摩川の最源流部に触れて人生変わられたのでは・・・・・^^
いつも眺めている川が生まれる瞬間は出来れば子供や孫達には見せたい所です・・・・・
『水干』と言う言葉は多分多摩川だけで言われているのかも知れませんね・・・・・
こちらでは聞いた事がありません
川の源流の初めの一滴を見に色々出掛けました・・・・・
長良川、庄川、根尾川、板取川、津保川、矢作川・・・
九頭竜川や天竜川等20数箇所見て来ましたが何処でも感動しました
コツブさんもこれから先に出会う多くのもの達から沢山の感動が貰えますね・・・・・^^

↓のカヌー風景を見ていると懐かしいです~
私も長良川や琵琶湖で漕いでいました・・・・♪^^
Commented by yu-yu-sansaku at 2012-07-14 09:38
ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはようございます♪
いつもご訪問頂きまして♪
・゚★,。・:*:・゚☆♪( ^-^)/アリガトウヽ(^-^ )♪・゚★,。・:*:・゚☆ございます。

多摩川の一滴からの始まり感動ですね。
ここから海へと旅が始まる、ステキですね。v(*’-^*)bv♪
水は私達にとっては無くてはならない飲料です。
大切に守っていきたいです。v(*’-^*)bv♪
応援♪~ポチッ☆彡×3
Commented by m-kotsubu at 2012-07-14 21:47
コメントいただいた皆様へ♪
こんばんは~
多摩川の最初に一滴… なんだかロマンがありますよね。
あの雫が、やがて大きな多摩川になるなんて。
笠取山、素敵な山でした。
温かいコメント、ありがとうございました~^^


<< 青の風景      夕焼け風景 >>