2012年 07月 20日

帰り道

e0195587_052011.jpg


e0195587_053815.jpg


e0195587_055485.jpg



今でも思い出す。

あの幼い日の帰り道…。



部活が終わってクタクタになって 友達と帰る帰り道。

私はその時間がとっても好きだった。


厳しい練習をやり遂げた充実感と 心地よい疲労感。

夏の夕焼けを眺めながら 寄り道して、おしゃべりして…^^

先輩の悪口を言った。(笑)


今でも 思い出す。

キツい登りを終えて山頂に立った時、

長い下りを終えて 歩いてきた道を振り返る時。

あの幼い日の 心地よい風を思い出す。

おんなじだって思う。


サッカーをやっていた頃も思った。

苦しい試合を終えて、土手で仲間とビールを飲んでいる時(笑)

あの風が吹いていた。


そして夕焼けを見て思う。

あの頃の風が、今ここに吹いているって。


大好きな時間だった。 





e0195587_072949.jpg


私が育ったのは 関東地方で最高気温を連日記録している街にほど近い田舎町。


私は中学時代からずっと、テニスをしていました。


一番厳しかったのは 中学の頃の部活。

厳しくてイジワルな先輩。(笑)


朝5時起きの朝練。

放課後はグランド10周、腕立て100回、素振り500回…なんてメニューを毎日やらされました。。

そして永遠に続く玉拾い。

終わったあと 重いローラーを引いてするコート整備。


今でこそ、運動するときは水分をしっかりとるように…って言われているけど
あの頃は そんなの関係なくて、何時間も水も飲めずに走らされました。

よく倒れなかったと思う。


入った当初は、20人近くいた一年生もあっという間に8人に減ってしまいました。


今の私の、人よりたぶんあるだろう体力と根性は この頃培われたものだと思う(笑)


辛かったけど、厳しかったけど あの帰り道は大好きだった。


あの風を感じたくて あの夕焼けを見たくて 私は山に登るのかもしれない。

大好きなあの時間を味わいたくて…^^

by m-kotsubu | 2012-07-20 00:43 | 夕景


<< 瑞牆山 最終章  瑞牆山山頂にて      思い出の御岳山~ロックガーデン... >>