2012年 07月 23日

雲の上から

e0195587_0433577.jpg


e0195587_043521.jpg


e0195587_04453.jpg



辛かった。 苦しかった。

雨の中の山行。


3067mは やっぱり手強かった…^^;


でも 次の朝 この景色を見た時、全部吹き飛んだ。


そこは雲の上でした。


次の瞬間… ほんのわずかな時間だけ 日がさしてきました。

私たちは、言葉もなくしてその場所に佇んでいました。





e0195587_044243.jpg



綺麗だったな…。



木曽御嶽山から 帰って来ました。

さすが3000m級。

そしてそこは修行の山でした。  



歩き始めから雨…。

晴れたのは2日目の朝だけ。

でも、奇跡的に山頂に着いた時、日がさして青空が見えました。

またすぐに雨が降り出してしまったけれど…^^;


激しい雨の中の登りは かなり厳しかった。

なんで私、こんなことしてるんだろ…とさすがにちょっと思ってしまったりして…。


でも、登っている人たちは みんな苦しいんだよね。

私だけじゃない。

苦しいけど、みんな何かを求めてこうして山に登るんだよね。


初めての3000m級。

思っていたとおり、疲労と軽い高山病で、頭痛と吐き気、食欲不振に襲われました。

山小屋に着いた時は 疲労困憊。


でも、無理やりご飯食べて、7時に爆睡したら(途中2時頃起きちゃったけど…^^;)
次の朝には 結構すっきりしていました。

朝ご飯までの時間、外に出ると、雨はやみ 目の前に雲海が広がっていました。


綺麗でした…。



今こうして家に戻ってきて 写真を見直していると

なんだか昨日のことなのに、あの世界にいたことがずっと前のような気がしてしまいます。


そして、辛さも苦しさも どこかに行ってしまい、次に登る山のことを考えてる…。


辛かったけど、苦しかったけど やっぱり楽しくて 素敵な旅でした。


一緒に登った皆さんとガイドさん、添乗員さんに 感謝! ^^

きっとまた どこかで!

by m-kotsubu | 2012-07-23 01:19 | 山歩き


<< 棒の嶺(棒の折山) (6) 渓...      瑞牆山 最終章  瑞牆山山頂にて >>