2012年 07月 24日

山と向き合う時

e0195587_2354726.jpg


e0195587_23542593.jpg


e0195587_23544035.jpg



 街にいるときは、いろんなことで頭がいっぱいになっているのだけれど、

 山ではそこにあるものとしっかり向き合うことができる


                 『山・音・色』より



登り始めて最初のうちは、おしゃべりしたり 笑ったり…

そして私はもちろん写真を撮ったり…。


でも、そのうち話し声も途切れ それぞれが自分の世界に入って行く。


実際、険しくなると おしゃべりしてる余裕がなくなるんだけど…(笑)


聞こえて来るのは、周りの木のざわめきや風の音、そして自分の足音と息づかい。


頭の中が空っぽになっていって 無の状態になっていく。


自分と闘いながら、一歩一歩登る。


でも…ふと見上げると そこには美しい景色があったりして…^^

その景色に勇気づけられ また登っていく。





e0195587_2355842.jpg



山に入ると 私はそのことだけに夢中になり、下界のことは全て忘れてしまいます。(笑)


PCからも携帯からも、もちろんTVからも切り離された世界。


私は、そこにあるものを目に焼き付け、記憶に残すためにシャッターをきります。


全てを忘れて向き合った時、山は美しい風景を見せてくれます。


山と向き合う時。

その瞬間が嬉しくて また登るのです…。


美しい風景に出会うために。

by m-kotsubu | 2012-07-24 00:27 | 山歩き


<< 志賀高原…横手山~芳ヶ平~白根...      棒の嶺(棒の折山) (6) 渓... >>