空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 05日

青く染まる山~ブルーマウンテン

e0195587_11282052.jpg


e0195587_11285229.jpg


e0195587_11291221.jpg


e0195587_11293072.jpg


シラビソの葉



新緑の頃、晴れた風のない日 山が、森が 青く染まる時があるという。

それはとても綺麗で 幻想的な光景だそうです。


ブルーマウンテン現象。



昨日訪れた山で聞いた、素敵な話…^^





e0195587_11302438.jpg



今週末の夏山登山の足慣らし?に訪れた 四阿山。

そこで現地ガイドさんが 1本の木の前で立ち止まり、
木の幹を小枝でこすって樹液を出し、その匂いを嗅がせてくれました。

あぁ、これは…。

山や森で感じる匂い。  深呼吸したくなるあの香り。


シラビソやダケカンバ、ユーカリやコーヒーノキなどは 
この香りの元のフィトンチッドという物質を発散しているのだそうです。


この物質は、その木自身の害虫・菌の予防や開花の合図とも言われていて
人間にとっても 有益な物質と言われているそうです。

よく、森の香り~とかで販売されていたりするアロマの香りなどかな。

森林浴で得られれる効果は このフィトンチッドの効果なのだそうです。


若葉が芽吹く新緑の頃、シラビソやタケカンバなどは
1年の自分の健康のため、このフィトンチッドを大量に発散するのだそうです。

害虫や病気なんかに負けないぞ~って。(笑)

風のない晴れた日、その大量に発散されたフィトンチッドに光が屈折して 辺り一面が青く染まるのだといいます。

遠くから見ると 山全体が青味がかって見えるのだとか。


それはそれは幻想的で、素敵な光景だそうです。

遠くの山々が青く見えるのは その現象が起きてるのかもしれないそうです。



ちなみに 『青い山脈』の歌は(古いですが…^^;) その光景からできた歌だとか。

コーヒーのブルーマウンテンも ここからつけられた名前とも言われているそうです。


条件が揃わないと なかなか見られない現象だそうですが…。


余談ですが、私は山に行くようになってから 本当に健康になりました。

みんなに半信半疑の顔をされるけど(笑)

前の年まで、毎年のように悩まされていた季節の変わり目の長く続いて治らない咳が
山に行くようになった去年の夏から、ぜんぜんでなくなりました。

だいだい、風邪ってものをひかなくなった。^^

絶対お山の効果だと思っていたのだけれど 
きっとこのフィトンチッドも 私を健康にしてくれたのだと思っています。



青く染まる森、青く染まる山。

想像しただけでうっとりしてしまう。

いつか見てみたいな。  辺り一面青く染まる光景を…。


ちなみに、ラストの載せた某山で6月に見たこの青い景色は もしかしたらブルマン現象?
って密かに思っています。


また一つ… 増えた、私の心の宝物♪

いつか見て見たい光景。  


やっぱり、山も森も素敵だ…^^

こんなに素晴らしいものを私たちに教えてくれるんだもの…。

by m-kotsubu | 2012-08-05 12:21 | 山歩き


<< 棒の嶺(棒の折山) (8) ゴ...      思い出の御岳山~ロックガーデン... >>