空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 14日

アルプスデビュー in 白馬岳 (5)  2日め  大雪渓から登山道へ…長靴を履いた郵便屋さん

☆ただいまUP中の山
     ★霧ヶ峰・車山      霧ヶ峰~車山湿原~八島ヶ原湿原
     ★中央アルプス周辺   木曽御嶽山
     ★北アルプス       白馬岳
     ★富士山          富士山
     ★浅間           東籠ノ登山~池ノ平湿原




☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


白馬岳
(前回は コチラ


雄大な風景の中、大雪渓を無事歩き終わりました。

この先も雪渓は続いてはいますが、今の時期すでに崩壊し始め危険なため
ロープが張られ、この先には行けないようになっています。

1
e0195587_19302658.jpg


2
e0195587_19351911.jpg


ここでアイゼンを外し、この先は秋道と呼ばれる登山道を歩いて行きます。

3
e0195587_19354033.jpg


4
e0195587_1937539.jpg


岩かげのあちこちに、たくさんの高山植物が見られます。
(名前は怪しいので、間違っていたら教えてください ^^;)

シナノキンバイ?

5
e0195587_1938629.jpg


ハクサンシャジン??? (違うような気もする…^^;)

6
e0195587_1938232.jpg


通行禁止になっている雪渓です。

7
e0195587_19464117.jpg


8
e0195587_19465951.jpg


登山道は 岩のゴロゴロした道です。

9
e0195587_19485844.jpg


青空が気持ちいい♪

10
e0195587_19501977.jpg


11
e0195587_19503862.jpg


12
e0195587_19515881.jpg


ハクサンフウロ

13
e0195587_19561638.jpg


大雪渓を歩いて来る人たちが小さく見えます。

14
e0195587_1958423.jpg


15
e0195587_2004465.jpg


16
e0195587_2014458.jpg


17
e0195587_202830.jpg


一本橋を渡ります。

こうして見ると、ちょっと怖いのですが 歩いているとそうでもなかったような…^^

18
e0195587_203142.jpg


大雪渓は もう遥か下です。

私もあそこを歩いてきたんだなぁ…^^

19
e0195587_2063628.jpg


ここで、一人の男性が
「気を付けて行ってくださいね~ 先はまだまだ長いから」と声をかけてくれました。

20
e0195587_206587.jpg


彼は、その場所から大雪渓を歩く人たちを見守り、落石を笛を吹いて教えてくれていました。

21
e0195587_201038100.jpg



この人は 白馬岳の郵便屋さんでした。

長靴を履いた郵便屋さん。

   このことは 以前記事にしています。 よかったら見てください。

   『アルプスからの手紙』


実際、私たちが登山道を歩いているとき 通行禁止になっている雪渓から落石があり
彼が笛を吹いて注意を促してくれていました。

大きな落石でした。

幸いにも、登山者がいる雪渓の手前で止まりましたが…。


山には 山を守る人々や登山者を見守ってくれる人々、たくさんの人々の力があります。

その多くの人たちのおかげで、
私たち登山者は安全に登山を楽しむことができるのだと思います。

そのことを、この白馬岳、そして富士登山で私は心からありがたく思いました。


それと同時に、ただ美しいだけではない自然の厳しさも感じることができたこの白馬岳登山でした。



                       続く♪



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


☆15日、16日と留守にしますので ブログはお休みします。
 また戻りましたらよろしくお願いします。 ^^


    
2012. 8 . 12 ( 日) 晴れ PHOTO by kotsubu (FT3)

by m-kotsubu | 2012-09-14 19:00 | 山歩き | Comments(13)
Commented by hibikorekouji2 at 2012-09-14 19:41
>山には 山を守る人々や登山者を見守ってくれる人々、たくさんの人々の力があります。
今まで考えたこともなかったし、全然知りませんした。
登山を通して、いろいろな経験をされているようですね。

凄い急傾斜と岩肌を目にし、山を目指す人って凄いなと思いました。
18の岩肌を流れる清水の光景に目が釘付けになりました。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-09-14 20:51
こんばんは♪
まるで日を追うごとにグレードアップしていきますね。
山登りも撮影された絵も~☆
高山植物、惹かれますが私は登れないし・・・!
kotsubuさんの絵で楽しむことに^^
明日からは何処にお出かけなのかしら? どうぞお気をつけて・・・!

Commented by meruchichy at 2012-09-14 21:58
kotsubuさんは長靴履かれないのですか? ここは長靴の方が歩き易いのかも?
あっ、週末はどこかにお出かけですか? 私もフラフラする予定ですので、
何処かで遭難してたら助けて下さいね!
Commented by papacamera at 2012-09-14 22:07
大変な山を登ることで、その大変さの分、いろいろ得るものが多かったんだろうな。
文章を読んでいてそう感じました。
kotubuさんの心が少し大粒になった気がします。

↓ナマで見る感動は。味わってみたいなぁ。
Commented by yu-yu-sansaku at 2012-09-14 23:27
(* ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
いいですね白馬岳♪~
写真を拝見しているだけで楽しくなった来ます。
15・16またお山ですか(笑^^
楽しんで来て下さいね。v(*’-^*)bv♪
応援♪~ポチッ☆彡×3&【イイネ】に P☆ ♪
Commented by club_yume_ututu at 2012-09-15 14:42
白馬岳の大雪渓、圧巻ですね。

>15日、16日と留守
今度は どちらへ? どうぞ、お気をつけて♪
Commented by sakusaku_fukafuka at 2012-09-15 18:46
郵便やさんご苦労様、ですね。
我々が数年前、ここを登った年には一本橋の辺りの落石で二名の登山者が落命しているのです。
大雪渓を登り終えた付近が最も危険な場所なんですね。
向かい側には天狗菱もありますから、あちら側からの落石も非常に多いです。
今年ここをスノーボードで滑った時には石でボードの板をズタズタにしてしまいました。
ここまで登ればもうひと息で白馬岳頂上宿舎ですね。
kotsubu様ご一行は更に上の白馬山荘に宿泊されたのでしょうか・・・
我々は今年の夏もテント泊なので頂上宿舎裏のキャンプ地でした。
Commented by ten-zaru at 2012-09-15 20:35
kotsubuさん、今晩は。
雪渓の下は融けて今にも崩壊しそうなんですね。
十分気をつけて下さいよ。
高山ならではの素晴らしいシーンが続きますね。
2・9・12・14・16・17枚目、素晴らしいです。
Commented by toshi.X2 at 2012-09-16 19:02 x
kotsubuさん こんばんは~
白馬岳の雪渓は凄いですね、かなり危険なようですが・・
白馬岳の郵便屋さん覚えてますよ、この人でしたか~
15日、16日とお休み・・さてどちらの山行きでしょう?(^・^)
Commented by asitano_kaze at 2012-09-16 21:26
山を登りながら写真も撮る。いつも感心しています。
大変なことだと思います。
雪渓の上のガスのもやもやがとてもいい感じです。
長靴を履いた山の郵便屋さん、配達だけでなく登山者の安全も守っているんですね。
高山植物、本物からずいぶん遠ざかっています。
もう、会えないだろうなぁ。
Commented by Sippo5655 at 2012-09-16 22:32
本当に自然の、厳しさも、
そして 優しさも・・・いっぱい詰まっていますね。
咲く花が、どれだけ心を癒してくれたことでしょう。
山の、郵便屋さん 素晴らしいですね。
人と、自然が関わりあうということ
そこには、深い深い掟があり
山に登る方々は、無意識のうちにそれを感じ、また覚え
より大きくなって下山を・・・
p☆
Commented by ふくやぎ at 2012-09-16 22:39 x
これで、ここは何度℃なのでしょうか。。
北関東平野部からは、考えられない涼しさなのでしょうね。。
Commented by m-kotsubu at 2012-09-17 11:38
コメントいただいた皆様へ♪
こんにちは~^^
お返事が遅くなり、すみません。
昨日、八ヶ岳から戻りました。
私も、登山を始めるまでは 山を守る人や、登山者を見守ってくれる方々の存在 考えたこともありませんでした。
いろいろな経験ができて、よかったと思っています。
この辺りで落命された方がいるのですね…。
無事下山できてよかったです。
私たちは 頂上宿舎に泊まりました。
登りながら写真を撮る…最初からだったので、あまり大変さは感じませんが
さすがに、私には一眼レフは無理ですね…><
ここは…何度くらいだったかなぁ。
でも、寒いというほどではありませんでしたよ~^^
一人一人にお返事をかけずにすみません…。
温かいコメント、ありがとうございました~^^


<< 八ヶ岳トレッキング~北横岳&入...      光と影の世界 >>