2012年 09月 26日

アルプスデビュー in 白馬岳 (7)  2日め  お花畑の中を♪ その②~野生のサルとの出会い

☆ただいまUP中の山
     ★北アルプス        白馬岳
     ★富士山          富士山
     ★浅間           東籠ノ登山~池ノ平湿原
     ★八ヶ岳(周辺)      北横岳&入笠山



☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


白馬岳
(前回は コチラ


咲き誇る高山植物の中、岩の多い登山道を登って行きます。

1
e0195587_18395523.jpg


ミヤマアキノキリンソウ

2
e0195587_18402039.jpg


クルマユリ

3
e0195587_1844222.jpg


オニシモツケ

4
e0195587_18475774.jpg


5
e0195587_18482276.jpg


6
e0195587_18511781.jpg


7
e0195587_18514590.jpg


ミヤマタンポポ(シロウマタンポポ)?

8
e0195587_18531758.jpg


雪渓が見えます。

9
e0195587_18554894.jpg


ハクサントリカブト

10
e0195587_18561341.jpg


11
e0195587_1859317.jpg


12
e0195587_190051.jpg


葱平と呼ばれるところまでやってきました。

大雪渓がずっと通れるの時は この葱平まで雪渓が続いているのだそうです。

13
e0195587_191470.jpg


みんな、大雪渓を見下ろしています。

14
e0195587_1961212.jpg


イワギキョウ

15
e0195587_19131922.jpg


この時、キャキャっという動物のかすかな鳴き声が聞こえてきました。

雪渓に目をやると… そこのはサルの姿が!

16
e0195587_19142692.jpg


野生のサルです。

雪渓で遊んでいるのか 渡ろうとしているのか…

親子のサルも見られました。

17
e0195587_19144396.jpg



雄大な山々、咲き誇るたくさんの高山植物、雪渓を渡る野生のサルたち。

ここでは 彼らが主役であって、私たち登山者はほんの一瞬ここを通り過ぎる旅人。


ここでは、全ての生き物たちが 厳しい自然の中で必死に生きている。

この大きな自然を汚したり、壊したりしてはいけない…。


そのことを私は 心から感じました。



                              続く♪



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 8 . 12 ( 日)  晴れ  PHOTO by kotsubu (FT3)

by m-kotsubu | 2012-09-26 19:00 | 山歩き | Comments(5)
Commented by hibikorekouji2 at 2012-09-26 20:16
高い山となると、登山道と言えども岩の多い所が多いのに驚きました。
登山道なるものは、土の上を歩けるものだと素人の私は思っていました。
知らないことが多すぎて^^ゞ
14の写真に惹かれました。
Commented by ten-zaru at 2012-09-26 20:16
kotusbuさん、今晩は。
霧の山を背景に咲くクルマユリ、素晴らしいですね。
9・10・12枚目の雪渓も雄大で見事ですよ。
16・17枚目、これはとっても珍しいんじゃないですか。
Commented by toshi.X2 at 2012-09-26 22:26 x
kotusbuさん こんばんは~
白馬岳の大自然、雪渓も見事な風景になりますね。
野生の猿とも遭遇したりと・・自然って素晴らしいですね~
Commented by yu-yu-sansaku at 2012-09-26 23:01
(* ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
ご訪問いただきまして♪♪ ・゚★,。・:*:・゚☆♪( ^-^)/アリガトウ♪~~ございます。

足元の健気な高山植物を眺めての登山は気分が良いでしょうね。
雪渓に野生のサルが出てくるんだね。
熊だったら大変だぁ・・・(笑^^
応援♪~ポチッ☆彡×3! 今回「イイネ」が出来ません。
Commented by m-kotsubu at 2012-09-27 21:52
コメントいただいた皆様へ♪
こんばんは~
高山植物と雪渓、とても美しい風景でした。
雪渓をサルが渡って行くのは
この辺りではとくに珍しくはないのだろうと思います。
ここでは彼らが主役ですから…^^
温かいコメント ありがとうございました~^^


<< エゾリンドウの咲く頃      水鏡 >>