空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 25日

朝焼け

e0195587_23471933.jpg



この色を なんて表現したらいいのだろう…。


明け方の東の空の色を現す 曙色。

東雲色(しののめいろ)ともいうのだそうです。



写真を始め、山や森を歩くようになり 私は様々な色に出会いました。


美しい空の青、木々の緑、小さな花の黄色や紫、夕焼けの紅…。


自然の色はどれも美しく その色たちを、言葉でどう表現したらいいのか…といつも思っていました。


そして、日本古来の色の名前に とても惹かれていました。


浅葱色、亜麻色、桜色、瑠璃色…。

どれも、自然界の色に憧れた古代の人たちが 創り出した名前。





e0195587_2348405.jpg



またまた本の紹介になってしまいますが 

この本には そんな様々な色の名前の由来などが 美しい写真とともに載っています。


西洋の色の名前も載っています。

例えばスカイブルーとか エメラルドグリーンとか…。



人々が昔から 自然に親しみ、その美しい色に惹かれ、色の名前を名付けたこと。

そして 自然界の色を染物などで 表現しようとしていたこと。


そんなことがよくわかります。


空の色、水の色、朝焼けの色。

葉の緑、虹の色、夕焼けの色…。


それぞれの色は けして一つの名前で括られるはずはなく

微妙にそれぞれの色が混じり合い、そしてその色は刻々と変わって行く。


本当は 自然の色を表現できる言葉などないのかもしれない。


でも、人は 美しい色に憧れ、その色を表現したいと思うのですよね…。


言葉で、絵画で、そして写真で…。



美しい風景を追い続けるとともに 美しい色を追い続けたい。



そんなことを ふと思ったりします。

by m-kotsubu | 2012-09-25 00:23 | 山歩き


<< 東籠ノ登山~池ノ平湿原 (3)...      2012 夏! 富士登山 (4... >>