2012年 10月 02日

森の仙人~サルオガセ

e0195587_23524464.jpg


e0195587_2353334.jpg


e0195587_23532142.jpg


入笠山にて



サルオガセ。

その存在は知っていたけれど 実際見るのは初めてだった。


北八ツの森などに 多く存在するというその姿。

ふと見上げた木の上で 彼らはユラユラと漂っていた。


「見つけたね…」 とちょっと妖しげな笑みを浮かべているようだった。


水蒸気で生きる・・というその植物は まるで森の仙人のようだった。



サルオガセ
  花の咲かない植物で、苔に近い仲間の地衣類に属する。
  空気中の水蒸気を吸って単独で育ち、寄生植物ではない。






e0195587_23534353.jpg



森には 不思議な生物がたくさん隠れている。

彼らは 想像もつかないほど昔から その場所で生きているのだろう。


不思議だった。

上手く説明できないけど 森は生きている…そう思った。


今も、あの森の中で たくさんの小さな生命が息づいているのだろう。

そう思うと なんだか胸が熱くなる。

by m-kotsubu | 2012-10-02 00:12 | 山歩き


<< アルプスデビュー in 白馬岳...      東籠ノ登山~池ノ平湿原 (4)... >>