2012年 10月 24日

燃える天狗岳

e0195587_23264791.jpg


e0195587_2327034.jpg



しらびそ小屋前 みどり池より


A.M6:10

天狗岳が真っ赤に燃えていた。


私たちは、寒さに震えながらその偉大で美しい風景を 息をとめて眺めていた。


やがて、少しずつ炎は静まり しんとしたみどり池に、その姿が映る。


今日も一日、素晴らしい日になる…そんなことを予感できる美しい朝のひととき。




2日間の素敵な旅を終え、自宅のお風呂に入りながら思いました。
(日帰り温泉に寄ってきても、家でまたお風呂に入りたくなる…^^)





下界の暮らしは なんて快適なんだろう…って。


こうしてお風呂にも入れる。

水も好きなだけ使えるし、真夜中でも明るい。

ちょっと歩けばコンビニもあるし、なんだって手に入る。

携帯だって通じる。


山から帰ると、特に山小屋泊まりから帰ると 

なんでも手に入る都会の生活が どれだけ贅沢なことなのかがわかり、

どんなにありがたく どんなに快適なことかがよくわかります。


そして同時に、泣きたいほどにあの不便な生活が恋しくなります。

それは…なに不自由ない都会に住む私の、一時的な感傷かもしれないけれど…。



真っ暗な何も見えない夜に見た あの信じられないほどの星空や

ランプの灯り。

煙突から出る煙や のどかな鳥の声。

鹿の声も初めて聞きました。


ゲームばっかりやってる都会の子どもたちに 山小屋泊まりを体験させてあげたいな…と思います。

きっと人生観、変わってくれるんじゃないかな…って。



今回の旅も素敵な旅でした。

私はまた 山で出会う人たちの暖かさに触れ 

雄大な自然の美しさに感動し 写真を撮りまくりました。(笑)


大好きな北八ツは やっぱり優しかった…。

また少しずつUPしていきます。



今回、一緒に旅してくれた皆さん 私が出会った皆さんに、心からのお礼をこめて。

by m-kotsubu | 2012-10-24 00:01 | 山歩き


<< 八ヶ岳トレッキング~北横岳&入...      東籠ノ登山~池ノ平湿原  最終... >>