2012年 11月 27日

夜明けの色

e0195587_23314268.jpg


e0195587_23325327.jpg


e0195587_233316100.jpg


e0195587_23334030.jpg


北八ヶ岳にて



こんなに優しくて美しい朝焼け… 初めてだ。



夕ご飯と同様に、とっても心に沁みる朝ごはんを あったかい掘りごたつでいただいているとき、

「今、とっても空が綺麗ですよ。 写真を撮るのだったら…」

とご主人が教えてくれて 私たちは外に出ました。


美味しい朝ごはんに、ちょっと後ろ髪をひかれながら…(笑)


キーンと澄んだ山の空気。 凍てつくような寒さ。


そこで見た色は 今までに見たことのない色でした。


朝焼けって…こんなに優しい色なんだ…そう思った。


その色はまるで、朝陽の紅と 雪の白が溶け合ったような 優しい優しい色でした。


朝陽は 山肌をその優しい色に染めていきます。

雪化粧をした木々が、紅に染まり 喜んでいるような気がしました。



雪の北八ツで見たこの朝焼けの色。 

絶対に忘れないだろうと思う。


それは 冷たく冷えた全てのものを包み、そして心をあっためていく

優しくて美しい色でした。






e0195587_23341217.jpg



朝焼けを見たあと、小屋に戻り 朝ごはんの続きを食べました。

心の中に残るあの色と、あったかくて美味しいご飯。


この時、私はちょっとだけ泣いていたと思う。

誰にも気づかれないように。


本当に本当に 言葉では現せないくらい感動した。

人って 感動すると、こんなふうに泣けてくるんだ…って思った。




もう一度、あの色に出会いたい。

同じ色には 二度と出会えない・・ってわかってはいるけれど。

by m-kotsubu | 2012-11-27 00:04 | 山歩き


<< 秋の北八ヶ岳紀行 Ⅱ(5) 赤...      晩秋の雲取山へ (2)  雲取... >>