空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 12月 26日

雪の北八ヶ岳紀行 (4) 縞枯山へ

ご訪問ありがとうございます。^^

当ブログは、私が旅した山の記録&写真で綴る夜中のヒトリゴトです。

山行記録は、諸事情によりランダムに載せていますのでわかりずらいかもしれませんが
右下のタグから山の名前をクリックしていただけると 
同じ山のレポを続けて見ることができますので よろしくお願いいたします…^^
 

☆ただいまUP中の山
     ★八ヶ岳(周辺)      麦草峠→白駒池→高見石→麦草峠 + 吐竜の滝&乙女の滝
                    稲子湯→みどり池(しらびそ小屋)→中山峠→にゅう→白駒池→麦草峠
                    縞枯山
                    渋の湯→高見石(高見石小屋)→渋の湯 
     ★奥多摩         川苔山  雲取山
     ★奥武蔵         伊豆ヶ岳




☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


縞枯山
(前回は コチラ


縞枯山荘の朝。

美しい朝焼けを見たあと、仕度をして山小屋をあとにします。

前の晩、今日歩くルートをA子ちゃんと相談して 
縞枯山から坪庭へと戻り、ロープウェーで下りるコースを歩くことにしました。

北横岳は、二人とも行ったことがあったし
雨池へ行くことも考えたのですが 
途中歩きずらい道があると小屋のご主人に聞いたので。

女の子2人組は北横岳へ。
男性2人と女性1人の3人のパーティーは 私たちと同じ縞枯山へ。
そして、一人で来ていた長靴の男性は そのまま下山するとのこと。
彼の目的は、この小屋ですもんね! ^^


山小屋の窓から見た風景。

1
e0195587_1804838.jpg


みんなほとんど同じ頃 小屋を出ました。

ご主人と長靴の男性が、見送ってくれました。

当日の連絡にもかかわらず、温かく迎えてくれたこの山小屋のご主人
そして、本当に美味しかった心のこもった食事のこと、私は絶対に忘れません。

本当にありがとうございました。

2
e0195587_1841748.jpg


あんなに綺麗だった朝焼けもすっかり身を潜め、辺りはモノクロの世界です。

3
e0195587_18151170.jpg


4
e0195587_18173160.jpg


つららがすごい。

5
e0195587_18174548.jpg


降り始めの雪なので、アイゼン無しで歩きます。

真っ白な雪の上に 記念の一歩! ^^

6
e0195587_18183874.jpg


坪庭は すっかり雪化粧。
しばらくは木道を歩いて行きます。

まだ誰も歩いていない雪道は 気持ちいいのですが歩きずらい~><

しかも中途半端な量なので、木道の隙間に落ちると大変!><

…と思っていたら やっぱり落ちました~><

足がすっぽりハマってしまって しばらく抜けずにもがき、
A子ちゃんに助けだしてもらいました…^^;   ホッ…^^;

7
e0195587_18211872.jpg


木の枝に雪が積もっています。

8
e0195587_18223611.jpg


ちょっとわかりずらいですが、こんな感じの状態を「海老の尻尾」と呼ぶのだそうです。
(下 ↓ の写真のほうがわかりやすいかな)

高山などで、セ氏零度以下に過冷却した霧や雲の粒が 
岩石・樹木などに吹きつけられて着氷したもの…です。

面白いのは 風下ではなく風上側に伸び、エビの尾状になる…ということ。

一緒に泊まった女の子の一人が 風上側に伸びるのが不思議だと言って
ご主人と長靴の男性と議論?してたけど
なるほど~と思いますね。

女の子が言ってたことは なんとなく感覚的にわかるし、
理論的には 風上側に伸びる・・っいうことが こうして見るとよくわかります。

風上から吹き付けられてきて、上に積もりそのまま凍って行くのですよね。
だから風上側に伸びて行く。

説明が上手くできなくてすみません。
興味がある方は 調べてみてください。

山は学習の場でもありますね~^^

こうした自然現象や天候のこと、植物や動物のこと。

ただ通り過ぎてしまうのは簡単ですが、
こうして考えながら歩き、自然のことを知っていくのも とっても楽しい。

昔は生物も科学も好きになれなかったけど
山を歩きながら勉強したら 好きになったのになぁ~。

机の上で学ぶことはちっとも面白くないのに
こうして自分の足で歩き、いろんなことを知ることはとっても楽しい。

もう一度 勉強し直したいなぁ~なんて思ったりします。

今だったら興味深々で、理科も大好きになるだろうな~(笑)

9
e0195587_18281580.jpg


木道歩きは終わり、縞枯山へと向かいます。

10
e0195587_18515885.jpg


ここから本格的な登山道。

11
e0195587_1855232.jpg


モンスターになりかけの木♪

12
e0195587_18572021.jpg


縞枯山荘で一緒だった三人に 先に行ってもらいます。

雪山初心者の私たちは あとをついて行くほうがはるかに楽です。^^;

13
e0195587_1903486.jpg


色のない世界に、真っ赤なリボンが映えます。

登山者を導いてくれるありがたい存在。(時には違うこともあるので注意は必要です…^^;)

14
e0195587_193542.jpg


15
e0195587_1962650.jpg


雪がないときは、たぶんゴロゴロした岩の多い道なのだろうと思います。

もっと降れば岩もすっかり隠れて歩きやすいのでしょうが
中途半端なので、時々岩と岩の隙間にハマりそうになります…^^;

16
e0195587_1981787.jpg


モンスター♪

17
e0195587_1983489.jpg


18
e0195587_1912046.jpg


まだ踏み跡にない雪道。

前に行った三人の足跡について 慎重に歩きます。

19
e0195587_19121613.jpg


途中写真はありませんが、ずっと登りなのでかなりキツかったです。

雪の中を歩くので 体力が倍くらいいります…><

そして縞枯山山頂に到着~!

20
e0195587_191724100.jpg


エビの尻尾がいっぱいです♪

21
e0195587_19192495.jpg


とりあえず記念写真! ^^

22
e0195587_19193814.jpg



曇っていたので、残念ながら展望はなし。

雪はほとんどやんでいましたが、樹木のないところに来ると 風が吹き付けて寒かったです。

私は末端冷え性?なので、足の先がいつもとても冷たくなってしまうのですが
靴用ホカロンを入れていたので あっかたくて快適でした。
冬山の必需品です。^^


雪山は寒くて、体もキツいけど この美しさに惹かれている自分がよくわかりました。

曇っていてもこれだけ美しいのだから、青空だったらどんなに綺麗だろう…。 


私はこの日、雪山の魅力にハマったと思います。
(…とはいっても、ハードな雪山に行く気にはなれないけど…^^;)


                          続く♪



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 11 . 18 ( 日) 曇り/雪 PHOTO by kotsubu (OM-D)

by m-kotsubu | 2012-12-26 19:00 | 山歩き


<< Dear…      太陽の力 >>