2013年 01月 03日

冬晴れの日だまり歩き♪ 伊豆ヶ岳 (3) 山頂まで

ご訪問ありがとうございます。^^

当ブログは、私が旅した山の記録&写真で綴る夜中のヒトリゴトです。

山行記録は、諸事情によりランダムに載せていますのでわかりずらいかもしれませんが
右下のタグから山の名前をクリックしていただけると 
同じ山のレポを続けて見ることができますので よろしくお願いいたします…^^

なお、かなり季節はずれの記事もあるかと思いますが
自分自身の記録でもあるので、ご容赦くださいませ。m(_ _)m
 

☆ただいまUP中の山
     ★八ヶ岳(周辺)      麦草峠→白駒池→高見石→麦草峠 + 吐竜の滝&乙女の滝
                    稲子湯→みどり池(しらびそ小屋)→中山峠→にゅう→白駒池→麦草峠
                    縞枯山
                    渋の湯→高見石(高見石小屋)→渋の湯 
     ★奥多摩         川苔山  雲取山
     ★奥武蔵         伊豆ヶ岳
     ★富士山周辺       石割山




伊豆ヶ岳
(前回は コチラ


気持ちいい日だまり歩き 伊豆ヶ岳♪

大きな岩の向こうに、奧武蔵の山々。

1
e0195587_1921842.jpg


そしてまた、岩だらけの道を登ります。

2
e0195587_193847.jpg


木々に、冬の優しい日差しが降り注ぎます♪

3
e0195587_1935651.jpg


そしてまた、気持ちの良い眺め! ^^

4
e0195587_1943892.jpg


5
e0195587_1951771.jpg


日だまりの道をアップダウンを繰り返し…

6
e0195587_1953471.jpg


7
e0195587_1973485.jpg


小ピーク 五輪山。

ここで少し休憩~^^

8
e0195587_1975334.jpg


冬晴れの空は 真っ青です。

9
e0195587_19104094.jpg


ちょっと急な階段を下りて また少し歩きます。

10
e0195587_19112223.jpg


へぇ~ チャートっていう言葉、初めて知りました。

11
e0195587_19121425.jpg


ここで男坂と女坂の分岐が現れます。

12
e0195587_1916197.jpg


こちらは男坂。 結構急で、クサリ場ありです。

男坂の前にはロープが張られていました。
あとから聞いたら、自己責任にて登ってくださいという意味合いだとか。

どうしようか迷ったのですが ここはひとまず女坂へ。^^;

13
e0195587_19141787.jpg


が、女坂も通行禁止で迂回路ができていました。

14
e0195587_19191072.jpg


迂回路を行きます。

日差しが眩しい~^^

15
e0195587_19212150.jpg


16
e0195587_1922868.jpg


そしてさらに歩くと…あれが山頂かな! ^^

17
e0195587_19222410.jpg


結構人がいます。

18
e0195587_19233027.jpg


伊豆ヶ岳山頂 到着~^^

19
e0195587_1924928.jpg


なるほどそういう意味なのですね~^^

20
e0195587_19242432.jpg


三角点♪

21
e0195587_19265443.jpg



山頂は 風があって寒かったです。
展望はあまりなかったような?(木が邪魔してたのかもしれない)

私たちは、山頂から少し下りた岩の影でお昼を食べました♪


そしてまた歩きだすのですが… 

ここからが長かった…><  さすが、ロングコース!


                       続く♪



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 12 . 8 ( 土 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (OM-D)

by m-kotsubu | 2013-01-03 19:00 | 山歩き | Comments(5)
Commented by ten-zaru at 2013-01-03 21:34
kotsubuさん、今晩は。
空気が澄んでいるのか、遠方の山々まで見渡せますね。
山頂でこんな景色を見れたら、心がスッキリするんでしょうね。
Commented by Sippo5655 at 2013-01-03 22:34
長い行程も、やはり折々の眺めが元気を与えてくれますね!
男坂、女坂、
どちらを選んでも、厳しき道なのでしょうか。
ん~、私も「女坂」の方を選んでいただろうな^^
p☆
Commented at 2013-01-03 22:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asitano_kaze at 2013-01-04 18:13
ごろごろした大石のある道、歩きづらいでしょうね。
浮き石などを踏んだら大変ですし。
歩いていて、4,5,13,16のような景色を見ると疲れもとびますね。
Commented by m-kotsubu at 2013-01-04 20:14
コメントいただいた皆様へ♪
こんばんは~
このコースはほんと長かったのです。
楽しかったですけどね! 
時々見れる美しい眺めは 疲れを忘れさせてくれますね~^^
暖かいコメントありがとうございました。^^


<< 高見石小屋のXmas会へ♪ (...      雨のち晴れの石割山 (1)  ... >>