2013年 05月 06日

太陽が生まれる瞬間

e0195587_028410.jpg


e0195587_0281541.jpg


e0195587_0282492.jpg


e0195587_0283377.jpg


e0195587_0284242.jpg


e0195587_028494.jpg


塔ノ岳山頂にて


午前4時52分 東の空が明るくなっていく。

小さな小さなオレンジのタマゴが生まれる…^^

しだいに大きくなって、輝きを増していくタマゴ。


太陽が生まれる瞬間。


あまりにも綺麗で、言葉をなくし、ずっと見ていた。

とっても寒かったけど…。


やがてまあるいタマゴは、空気に溶けていき 一日が始まる。

午前5時。


わずか10分間あまりの美しいショー。




いつも書いてるけど… 
夕焼けも朝焼けも、どんどん姿を変えていき 二度と同じも風景を見ることはできない。

永遠じゃない。

いつか消えていくもの。


花も空も吹く風も 自然の中にあるものは全てかぎりある命。


だから美しいのだと思う。





そして 写真は…

その限りある命を永遠に写しとることができる。


その永遠の一瞬が撮りたくて 今日も私はさまようのかもしれない。

by m-kotsubu | 2013-05-06 00:47 | 山歩き


<< 里山の春~芦ケ久保 山の花道&...      大岳山 最終章  下山~鋸山か... >>