空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 24日

沢への誘い

e0195587_2154017.jpg


e0195587_2155161.jpg


e0195587_216082.jpg


e0195587_216610.jpg


e0195587_2161319.jpg



綺麗だった。

日が当たると 水がキラキラ輝く。


翡翠色の水は 冷たくて、気持ちいい~^^


沢沿いの大きな石を伝い、時々水に浸かりながら(足だけ~) 流れを遡って行く。



その世界は 私にとって未知の世界で、とても不思議な気持ちがした。



でも、考えてみたら 私が山を始めたきっかけは 小さな渓谷だったんだ…。

あの水辺の美しさに惹かれて、私は山を始めた。


そう思うと、ここにいるのは そんなに偶然でもないのかもしれない…と思ったりもしていた。 




しばらくの間、お休みしていました…^^;
お返事、ご訪問等遅れて申し訳ありません。

書きかけのレポがあるのですが、レポはお休みします。m(_ _)m

レポを毎日書いていくだけの時間がなくなりつつあること
PCに長時間向かっていると かなり目が疲れること…

そんなこともあり、これからはレポではなく 単発で?記事を書いて行きたいと思います。

もしかしたら そのうちまたレポ書くかもしれないけど…^^;







ちょっとした知り合いの山の先輩?に連れていってもらい、
沢&バリエーションルートを歩いてきました。


沢を歩き、そこからバリルートに入り また沢に下る…

そんなことを何度も繰り返しながら沢をずっと遡って行く。



それは 今までの私の登山史上ナンバー1に値するくらいのハードなものだったけど(笑)

なんだか新鮮で 美しい世界でした。


登山ではご法度の、足を水に濡らすという行為を ここでは平気でする。(笑)

そのことがまず新鮮。


沢用の靴なんて持っていないので 私は登山靴のまま沢に入り、
そのまま山にも入ったので 登山靴はすごーく汚くなって泥汚れが落ちません…(笑)

 
案内してくれたのは 沢も山もベテランの方で
沢でも山でも 歩きやすいルートを探して歩いてくれたので
私は安心して歩くことができました。

何度か滑ったり転んだりしたけど~(笑)


キラキラ光る美しい世界。

自由な山の時間。


私が尊敬して、憧れる池田知沙子さんの世界のようでした・・^^




                          続く♪
  

by m-kotsubu | 2013-06-24 21:54 | 山歩き


<< 沢への誘い Ⅱ      雨の屋久島物語 (4) 布引の滝 >>