空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 26日

沢への誘い Ⅱ

e0195587_2004074.jpg


e0195587_201030.jpg


e0195587_2013132.jpg


e0195587_20151093.jpg


e0195587_20152174.jpg


e0195587_20153626.jpg


e0195587_2015548.jpg


e0195587_2016458.jpg



最初はちょっと躊躇していたけれど、だんだん濡れることを気にしなくなった。

途中には どうしても水にならなければならない場所もあったりして、
足首くらいまでは チャポチャポ水に入りながら歩く。


濡れた靴は 日の光にあたりしだいに渇いていく。

でも、靴の中には水が入っていて 歩くたびにキュッキュッと小さな音がする。


で、そのまま今度は山へと突入~^^

足の中には 小石や細かい砂が入る。


たぶん…普通の登山では とっても気になるそういうことも 
なんかどうでもよくなっていくから不思議(笑)


そしてまた、美しい流れに足を浸す。


心が洗われていく気がする。 透き通った水のように…。





前回の記事の最後に書いた 私の憧れの人 池田知沙子さんは

『みんなちさこの思うがままさ』 という幻の本を書かれた方です。


私はこの本が復刊されたのを たしかヤマケイか何かで知り 購入しました。

実はまだ読みかけなのですが…。


彼女は登山という範疇を越えて 自由自在に山や森、そして沢を歩く人でした。


そして、キラキラした言葉を いくつも繋ぎ合わせ素敵な文を書く人でした。


私の憧れの人。

こんなふうに、山を愛し 森を歩くことができたらどんなにいいだろう…。


知沙子さんを知ってから そういつも思っていました。



                          続く♪

by m-kotsubu | 2013-06-26 21:14 | 山歩き


<< 山は生きている      沢への誘い >>