2013年 08月 06日

尾瀬紀行 2013年 初夏 ~ 至仏山の章 (1) 山頂まで

ご訪問ありがとうございます。^^

当ブログは、私が旅した山の記録&写真で綴る夜中のヒトリゴトです。

山行記録は、諸事情によりランダムに載せていますのでわかりずらいかもしれませんが
右下のタグから山の名前をクリックしていただけると 
同じ山のレポを続けて見ることができますので よろしくお願いいたします…^^

なお、かなり季節はずれの記事もあるかと思いますが
自分自身の記録でもあるので、ご容赦くださいませ。m(_ _)m
 


 ただいまUP中の山行
     ★尾瀬   尾瀬ヶ原&至仏山
     ★八ヶ岳  赤岳  天狗岳



尾瀬
(前回は コチラ


前回の尾瀬レポから、また時間があいてしまいまいました~><

尾瀬ヶ原の写真もまだあるのですが もう間延びしてしまうので
今回から、2日めに登った至仏山のレポに行きたいと思います。

一気に山頂までいきますので 長くなると思いますがよろしかったら・・・^^;

2日めの朝5時。

天気予報は雨・・・。  
そして前の日の夜はかなり雨が降ったようで地面も水溜りができるくらい濡れています。

外は 今のところ雨はやんでいるようですが 怪しい天気。

その時一瞬ですが、青空がのぞき虹が見えました。

1
e0195587_20194125.jpg


空もうっすらと明るくなってきたような・・・?

2
e0195587_2024992.jpg


お天気の回復を期待しながら 登山口へと向かいます。

3
e0195587_20254561.jpg


至仏山の登山口は 研究見本園の中を抜けて行きます。

足元に咲くチングルマの果穂。

4
e0195587_20285369.jpg


5
e0195587_20322625.jpg


至仏山へは 鳩待峠の登山口と、ここ山の鼻の登山口があるのですが
山の鼻の登山口は、上りだけの一方通行になっています。

6
e0195587_20323452.jpg


7
e0195587_20351828.jpg


いきなりの階段の急登。^^;

8
e0195587_20353118.jpg


タニウツギが可愛い♪

9
e0195587_20361388.jpg


イワカガミ

10
e0195587_20414416.jpg


至仏山は 蛇紋岩という大きな岩がたくさんあって、
この蛇紋岩は雨に濡れるととても滑りやすいと言われています。

注意して登りますが まぁ雨に濡れれば どんな岩でも滑りやすいのではないか?と思いますが・・・^^;

11
e0195587_2043587.jpg


そしてしばらく登って振り返った時、目に飛び込んできたのは
とっても素敵な風景でした。

正面には 燧ヶ岳。 そして眼下に広がる尾瀬ヶ原。

12
e0195587_20451049.jpg


ガスが次から次へと流れていきます。
それは幻想的でとても美しい風景でした。

13
e0195587_2048133.jpg


14
e0195587_20481548.jpg


15
e0195587_20555811.jpg


わかりずらいですが コバイケイソウの群生が見えます。

16
e0195587_20582555.jpg


17
e0195587_20583537.jpg


ん? これはヤナギラン??

18
e0195587_2183971.jpg


ハクサンコザクラ・・・だと思う。^^;

19
e0195587_21131026.jpg


20
e0195587_21165663.jpg


ジョウシュウアズマギク

21
e0195587_2117814.jpg


ホソバヒナウスユキソウ

22
e0195587_21193720.jpg


タカネバラ

23
e0195587_21194788.jpg


山頂が見えてきました。

24
e0195587_21223528.jpg


25
e0195587_2123212.jpg


まだ雪が残っています。

26
e0195587_21231384.jpg


山頂到着!

27
e0195587_21234856.jpg



ここまでは なんとか雨も降らずに来たのですが 山頂でかなり強い雨が降ってきます。
そして下りは 雨の中、どろどろになりながら下ることになるのですが・・・^^;


       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2013. 7. 7 ( 日) 曇り/雨 PHOTO by kotsubu (OM-D)

by m-kotsubu | 2013-08-06 19:00 | 山歩き | Comments(6)
Commented by seseragi.ts at 2013-08-06 22:46 x
kotsubuさん こんばんは~
2日めに登った至仏山、一瞬のようですが虹が見られて良かったですね~
至仏山は沢山の花たちにも会えて見下ろす風景も素晴らしいです。
山頂での気分は最高だったでしょう・・(^・^)
Commented by soyokaze-1020 at 2013-08-06 23:38
こんばんは♪
神秘的ですねぇ~! 早朝の虹、何か良いことがありそうな予感!?
沢山のお花に出会われたのですね。
私の出会えないものばかり・・・^^
山ガールにはなれませんので、ここで楽しませて戴きます。

Commented by at 2013-08-07 16:45 x
山ノ鼻からの至仏山、しばらく登ってません。ほとんどが鳩待
からの登りで、慣れもあるからでしょうね。いわゆる東面コー
ス、もう何年前でしょうか、何十年かに一度のニッコウキスゲ
の大豊作の年。振り返った尾瀬ヶ原が黄色い絨毯のようでした。
今でも忘れられない光景です。
Commented by yu-yu-sansaku at 2013-08-07 20:16
(*・д・)ノ*:゚★こんばんヮ☆・゚:*:゚
至仏山からの眺めが絶景ですね。☆ъ(*゚ー^)v♪
山野草にも出会て感動しちゃうでしょうね。
数々のショットを拝見して登山気分です。(*'‐'*) 笑^^
応援ポチッ☆彡
Commented by Sippo5655 at 2013-08-07 22:12
虹・・・!
たとえ一瞬でも、最高の瞬間でしたね!
足元、、濡れた岩場は本当に怖そう・・・
どうぞお気をつけてくださいね・・
たくさんの野草たち
ガスが濃くなったり薄くなったり
山、ならではの醍醐味でしょうか。
チングルマの、こんな風情、私もいつか出会ってみたいです♪
p☆
Commented by sakusaku_fukafuka at 2013-08-15 10:02
至仏山お疲れ様でした。
いい眺めですよね~~
俺も至仏山から尾瀬ヶ原を俯瞰するのが好きです。
今年はここを二度スノーボードにて滑りました。
昨日のことのように思い出されます。

差し出がましいですが、18はヨツバシオガマ、19 はユキワリソウかと思われます。というのも、ハクサンコザクラとユキワリソウはとても見分けがつきにくいのです。
花弁の切れ込みが浅いのがユキワリソウで、ハクサンコザクラは更に深く花弁が割れています。

植栽保護のために至仏山-山の鼻間は上りだけで、下山は禁止されておりますが、かつては至仏山でご来光を拝み、下って湿原へ向かいました。でも、ここは下るよりも登るほうがはるかに楽なんですよ。


<< 八ヶ岳 苔の森より      青空に向かって~天狗岳より >>