2013年 10月 22日

涸沢の朝~燃えるナナカマド

e0195587_063386.jpg


e0195587_064213.jpg


e0195587_07115.jpg


e0195587_072074.jpg


e0195587_073048.jpg


e0195587_074993.jpg


e0195587_08571.jpg


e0195587_091356.jpg


e0195587_092248.jpg


e0195587_095739.jpg


e0195587_093843.jpg


2013. 10. 14 撮影
(10月13日~15日  奥穂高登山)


何をどう書いたらわからない。

歩きながら、いろいろ思っていたような気もするし あまりの疲労に何も考えていなかったような気がする。


涸沢の紅葉は、もう終焉に近く そこにたどり着くまでの道が綺麗だったこと。

青空に ナナカマドが燃えるように紅かったこと。


そんなことを断片的に思い出す・・・。



1日め、昼頃上高地入りをし 横尾にテント泊。

早朝4時頃横尾を出て、重いザックを背負って涸沢までひたすら歩いた。

涸沢に着いた頃は もうすっかり日も登り、朝の光が眩しかったな。


雲ひとつない真っ青な空の下、ここから長い長い奥穂への道のりが始まる。


真っ赤なナナカマドに見送られて・・・。






今になって思えば この奥穂高登山は ひとつの区切りでした。


あれから1週間がたった今、もう一度自分の道を考えよう・・・と思っています。


私はどんな山が好きで、どんな登山が好きなのか。

なぜ 山に登るのか・・・なんて・・・^^;


ひとつわかっているのは 私はやっぱり写真が撮りたいっていうこと。

最高の1枚が撮れたら それでいい。

自己満足にすぎないけれど・・・(笑)

by m-kotsubu | 2013-10-22 00:43 | 山歩き | Comments(6)
Commented by at 2013-10-22 09:54 x
素晴らしい!
今シーズンの紅葉は秋の猛暑や台風の影響であまりパッと
しない、という状況を聞きます。尾瀬でも葉っぱの痛みは
例外ではありませんでした。でも、ここは別格ですね。
荘厳な山肌をバックに燃えるようなナナカマド、素晴らし
いのひとことです。
Commented by yu-yu-sansaku at 2013-10-22 09:59
(*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚
青空にナナカマドが映えて綺麗ですね。☆ъ(*゚ー^)v♪
観ているだけでも登山気分になれますね。
疲れないから最高です(*'‐'*) 笑^^
ステキなショットを拝見させて頂き感謝しています。☆ъ(*゚ー^)v♪
応援♪ポチッ☆彡
Commented by でん at 2013-10-22 10:47 x
奥穂、涸沢が区切りですか。
目標だったのかな?
何事でも原点に戻って見つめ直すことは大切なことですね。
答えはわかっているようですが・・・。
Commented by ten-zaru at 2013-10-22 21:05
kotsubuさん、今晩は。
真っ赤に燃えるナナカマド、言葉になりません。
こんな素晴らしいシーンを見ることが出来た裏には
大変な苦労があったんでしょうね。
Commented by deep_breath38 at 2013-10-23 23:09 x
こんばんは。
ナナカマド、見も葉っぱもホント真っ赤ですね~。
うう~んそうですね。
もともと腰のモンダイで登山が難しい自分は、なるべく無理しないで高山植物や蝶に出会える場所ってコトで霧ケ峰を訪れてる気がします。
辛い登山も何かしらのプラスにはなると思うけど、色々余裕がなくなってしまうのはもたいないですよね…。
Commented by m-kotsubu at 2013-10-24 21:00
コメントいただいた皆様へ♪
こんばんは~
涸沢の紅葉は 1週間前にピークを迎えていたようで
前日に雪も降ったせいで
綺麗だったのはナナカマドくらいでした。^^;
でも、このナナカマドの赤は見事でした。
奥穂はひとつも目標でした。 
叶ってしまうとあっけなかったりしますね。^^;
また新たな気持ちで頑張ります ^^
ありがとうございます。


<< 上高地の朝      上高地の夕暮れ >>