空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 10月 22日

涸沢の朝~燃えるナナカマド

e0195587_063386.jpg


e0195587_064213.jpg


e0195587_07115.jpg


e0195587_072074.jpg


e0195587_073048.jpg


e0195587_074993.jpg


e0195587_08571.jpg


e0195587_091356.jpg


e0195587_092248.jpg


e0195587_095739.jpg


e0195587_093843.jpg


2013. 10. 14 撮影
(10月13日~15日  奥穂高登山)


何をどう書いたらわからない。

歩きながら、いろいろ思っていたような気もするし あまりの疲労に何も考えていなかったような気がする。


涸沢の紅葉は、もう終焉に近く そこにたどり着くまでの道が綺麗だったこと。

青空に ナナカマドが燃えるように紅かったこと。


そんなことを断片的に思い出す・・・。



1日め、昼頃上高地入りをし 横尾にテント泊。

早朝4時頃横尾を出て、重いザックを背負って涸沢までひたすら歩いた。

涸沢に着いた頃は もうすっかり日も登り、朝の光が眩しかったな。


雲ひとつない真っ青な空の下、ここから長い長い奥穂への道のりが始まる。


真っ赤なナナカマドに見送られて・・・。






今になって思えば この奥穂高登山は ひとつの区切りでした。


あれから1週間がたった今、もう一度自分の道を考えよう・・・と思っています。


私はどんな山が好きで、どんな登山が好きなのか。

なぜ 山に登るのか・・・なんて・・・^^;


ひとつわかっているのは 私はやっぱり写真が撮りたいっていうこと。

最高の1枚が撮れたら それでいい。

自己満足にすぎないけれど・・・(笑)

by m-kotsubu | 2013-10-22 00:43 | 山歩き


<< 上高地の朝      上高地の夕暮れ >>