2013年 12月 01日

野生の生を見つめて

e0195587_2232428.jpg


e0195587_223349.jpg


e0195587_224470.jpg


2013. 11. 16 ~17 笠取山にて


あの日、雪の登山道で、鹿に出会った。

畏れることもせず、見つめてくるその瞳、何を訴えているのだろう。


ゆっくり遠ざかっていく姿を 私はずっと見ていた。





ご無沙汰しています。

PCはたぶんもう少しで直ってくると思うのですが 
今日はどうしても書き残しておきたくて 古いPCを立ち上げました。

今日はわりとスムーズに動いてくれそうなので・・・^^;



今日、二つの写真展に行ってきました。

一つは 美しい山の風景。

そして、もう一つは 野生動物の生き様を撮った写真展。



対照的だったな。

山の風景は美しい。  心が洗われるような美しい写真の数々。


でも、私の心を掴んで離さなかったのは 二番目に行った写真展でした。


※写真は これから語る話とは無関係です・・・^^;







その写真展のことは、最初の写真展に置いてあったパンフを見て知りました。

そのパンフを見たとたん、なんていうかな、私はこれを見に行かなくちゃ・・・って思った。

すごく心を惹かれた。


そして、きっと泣くだろう・・・って思った。  パンフ見ただけで直感した。


思ったとおりでした。

私はその写真を見ながら、ポロポロ泣きました。
泣きながら、3周くらい回りました。

そこには、綺麗事では済まされない、野生動物たちのすざまじいまでの生き様がありました。


死んでいくライオンの悲しそうだけど優しい目。

自分よりずっと大きな動物に向かっていく小さな小さな姿。



闘い続けていかなければ生きていけない世界。

残酷だといって目を背ける人もいるかもしれない。
苦手だと思う人もいるかもしれない。

でも、本当の自然は こういう姿なんだ・・・って思う。


厳しくて、激しくて 人間には想像できないほどの過酷な世界で 
人間よりずっと小さな弱い生き物たちが必死で生きている。

でも、そのことを動物たちは当たり前に受けとめ 当たり前に生きて
そして精一杯生を全うして 死んでいく。



私が歩いている山なんて、整備されて 人の手が入って 美しい風景を見ることができて・・・

でも、それはこの大きな大きな世界の自然の中の ちっぽけなちっぽけな一部でしかなくて。


そこで感じることを、写真で言葉で綴っていくことしか 私にはできないけれど。


もし、叶うなら一度でいいから 本当の大自然に触れたい。


そんなことを思ったりしました。



そして、時々登山道で出会う鹿・・・。


屋久島で出会った、人の手に触れられてしまったために群れから離れるしかなかった鹿のあの目。

丹沢で見た、たぶん崖から落ちてしまった鹿の息絶えた姿。


そんな姿が 写真を見ながらフラッシュバックして・・。



どんな生き物でも、必死に生きている姿は 心に響き、私を捉えて離してくれない。


そして、この数々の写真を撮られた4人の写真家の方々の生を追う姿勢
これほどの写真を撮るのに、どれほども思いをなさったか・・・などを想像すると 涙がとまらなかった。

 
ポロポロ泣いてる私、きっとバカみたいだったよね。^^;



最後の方に、可愛いシマリスが木の実を食べている写真がありました。

そのつぶらな瞳に映っている青空を見た時 私はまた泣けて泣けてたまらなかった。



過酷な闘いの中で生きていても、この小さなシマリスは この瞬間幸せなんだ、きっと。 って。


そのシマリスの写真を見つけた時、私も幸せでした。



『生 ライフ』~写真がとらえる野生~
   FUJIFILM SQUARE にて   12月4日まで。


by m-kotsubu | 2013-12-01 22:58 | 生き物たち | Comments(2)
Commented by nabe_kuma at 2013-12-01 23:40
kotsubuさん,ブログ復帰 おめでとうございま~す。
PCは まだ入院中のようですけど..
後半のお話,とても 同感です。
FUJIFILM SQUARE の展示 残り僅かですが,私も行けたら見てこようかな。
(前に勤めていたところの 親会社なんですけどね..笑)
2枚目の写真 いいですね。
山に入った人でなければ出会うことができない 素敵なシーンです。
Commented by asitano_kaze at 2013-12-03 20:50
1,2、いいですねぇ。
野性の鹿のこんな仕草が撮れるなんて最高です。

オオタカがカモを捕えて食べている光景を目の当たりにしたことがあります。
カモはまだ死んでいなくて、脚が動いていました。
残酷といえば残酷ですが、私はじっと見ていました。
可愛そうなんて言葉では片づけられない不思議な感動がありました。

PCはやく退院してくればいいですね。


<< 笠取山の朝      PC故障中~(>_<) >>