空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 12月 15日

森へ・・・

e0195587_1944346.jpg


e0195587_19442778.jpg


e0195587_1944407.jpg


e0195587_19445586.jpg


e0195587_19451369.jpg


e0195587_19461773.jpg


2013. 6. 8  屋久島にて


森のこわさはすっかり消えていました。

じっと見つめ、耳をすませば、森はさまざまなものがたりを聞かせてくれるようでした。

森はゆっくりと動いているのでした。



                              星野道夫 「森へ」 より



写真を撮るくせに、私は写真家の方の名前を全然知りません・・・^^;

星野道夫氏。
アラスカの自然と野生動物をテーマに、撮影活動を続け 1996年にクマに襲われ命を落とした写真家。

たぶん聞いたことはあったとは思うのですが
星野氏の写真をきちんと見たのは ここに入れてくださったある方のコメントを読んでからでした。

私の写真が星野氏の写真に似てきたという・・・ 
(もちろん とんでもないです。 逆立ちしてもあんな写真は撮れない。^^;)

でも、恥ずかしながら星野氏の写真を見たことなかったので ネットで1冊の本を買ってみました。

それが 最初に載せた 「森へ」 という本。

小学生も読めるような優しい文章と 美しい写真で綴られた、
アラスカからカナダに広がる原生林の森の物語。

その本を見て その写真を見たとき、そのコメントの意味がわかった気がしました。

もちろん足元にも及ばないけど その写真は、私がとっても好きな感じの写真だったから。



森は全ての生命の源。

全ての命は森で生まれ、森に還っていく。


私が森に惹かれるのは、たぶんそこに生命を感じるから。


屋久島を思い出しました。

台風に阻まれ、その島をじゅうぶんに味わうことはできなかったけれど・・・。

またいつか必ず。  

あの時、私がたどり着けなかったのは またおいで・・って屋久島の神様が言ってくれたから。




これほどたくさんの水をたたえた星は まだ見つかっていない。

水が命を生み、はぐくんできた。

しかし、人間がつかうことのできる川や湖の水は わずか0.01パーセント。

その水を、たくわえ浄化し、ゆっくり海に届けているのは、豊かな森。


                                   


                           「森の本」より

by m-kotsubu | 2013-12-15 20:20 | 山歩き


<< 蒼い雪      忘年山行 その①  陣馬~高尾... >>