空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 01月 19日

小笠原旅行記~ ⑨ ハートロックトレッキング Ⅱ

小笠原の旅♪ ハートロックトレッキングの続きでーす♪

小笠原のウグイスくんに会ったあと 小さな沢沿い登山道をさらに奥まで歩いていきます。

e0195587_19374611.jpg


両脇にシダがたくさんで 南国チック♪

e0195587_19415455.jpg


グリーンアノール発見!
小笠原では ちょっと困り者の外来種です・・・^^;

e0195587_19425948.jpg


小笠原にもサルオガセがあるんだ~

e0195587_19451181.jpg


これはマルハチといって、小笠原ではあちこちで見られるシダです。
とってもいい雰囲気を出していました♪

なぜ マルハチ という名前なのかは・・・そのうち出てくる写真で説明しまーす♪

e0195587_19465965.jpg


ふと向こう側の山の斜面に目をやると・・・ ノヤギの姿が!
角があるから ♂ですね。

e0195587_19494641.jpg


いきなり森の中に 車のハンドルが・・・
軍隊が乗り捨てたジープのようです。

e0195587_19515623.jpg


こうやって時折戦争のあとがありありと見られるのが 小笠原の森。

e0195587_1952577.jpg


えーと・・ 名前がちょっとわからないのですが シダの仲間。

e0195587_19541214.jpg


大きな葉の裏に 胞子がいっぱい。

e0195587_19554859.jpg


タマナの実かな。

e0195587_19563249.jpg


なんだっけ・・・^^;

e0195587_1958920.jpg


ムニンアオガンピ(固有種)

e0195587_201391.jpg


ホナガソウ(外来種)

e0195587_2015458.jpg


さっきのノヤギがゆっくりと移動しています・・・^^

e0195587_203872.jpg


e0195587_2045080.jpg


e0195587_2091494.jpg


e0195587_205392.jpg



先に進むにつれて 森がどんどん深くなり、緑は生き生きとして ジャングルのようになっていきました。

大好きな森の匂い。 

今でも写真を見ると、あの小笠原の森が心の中に蘇ってきます。


密度の濃い、不思議な雰囲気の森・・・。

そこには あらゆる生き物たちの生がありました。
なんだろう・・・ 生きているっていうことを、どの植物も生物も主張している感じ。

そして、固有種と外来種・・ その区別が、本土よりずっとはっきりしている島。

あとから載せますが たとえば沖縄や屋久島などでは、精霊の宿る木といわれているガジュマロは
ここ小笠原では 困り者の外来種なのです。

その土地によっての植生の違い。

ノヤギだって、可愛らしい悪気のないヤギなのに、ここでは困り者。

グリーンアノールにしても・・・

他の土地だったら きっともっとのびのびと生きていけたのかな・・・なんて 
外来種の肩をもつわけではないけれど・・・(笑)

難しいですね・・・こういう問題は。


本土の山の鹿の被害などもそうですが どんなものも生きやすい地球・・そんな星になればいいのになぁ・・・
って思わずにはいられません。

人間と植物、動物、 そして自然の共生。

いろんなことを 考えさせられたトレッキングでした。

by m-kotsubu | 2014-01-19 20:30 |


<< 白銀の世界へ      小笠原旅行記~ ⑧ ハートロッ... >>