空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 03日

秋色の尾瀬~燧ケ岳  御池~燧裏林道~見晴

快晴の秋の日、尾瀬にて。


御池から見晴まで、燧裏林道を抜けいくつもの湿原を通り 
美しい紅葉と草紅葉の中を 歩いていきました。

尾瀬を訪れるのは これで3度め。
なぜか、いつも秋。

過去2回は 鳩待峠から入ったので、福島側の御池から入るのは初めてでした。

たぶん、これだけ天気のいい土曜日、鳩待峠の方はたくさん人がいるのだろうな。

でも、こちら側は 時間も中途半端だったからか 人もほとんどいなくて
本当に静かで穏やかなゆっくりした時間を味わうことができました。


e0195587_21142378.jpg


e0195587_21143461.jpg


e0195587_21145527.jpg


e0195587_21155223.jpg


e0195587_21161485.jpg


e0195587_2117468.jpg


e0195587_21171455.jpg


e0195587_21172495.jpg


e0195587_21181526.jpg


e0195587_2119719.jpg


e0195587_21183137.jpg


e0195587_212064.jpg


e0195587_21201537.jpg


e0195587_21202424.jpg


e0195587_21223320.jpg


e0195587_21203969.jpg


2014. 9. 27 ~ 9. 28




実は この時、歩きながら私は どうしても思い出せない樹木の名前をずっとずっと考えていて・・・
(それが理由じゃないだろうけど・・・笑)
濡れた木道で 3回ほど転びました。 ^^;

結局、その名前がナナカマドだと思いだしたのは 途中の休憩所でした。

なんで ナナカマド・・などという簡単な絶対忘れるはずのない名前をド忘れしたのかは わかりませんが

シラカバとダケカンバの違い・・・とかも考えながら、なんだっけなぁ・・・とずっと考えていました。


秋の日差しは 優しくて、時折渡る沢は美しく、紅く染まり始めた木々は美しく
湿原は黄金色で、なんていうか完璧でした。


見晴まで ずっとずっと 青空の下を歩いていきました。



ここは 本当に平和で 私の心も穏やかでキラキラしてた・・・気がします。 ^^


電波のまったく入らない尾瀬。 
この頃、あの噴火があったなんて・・・もちろん想像もできませんでした。




                                            続く♪

by m-kotsubu | 2014-10-03 22:05 | 山歩き


<< 秋色の尾瀬~燧ケ岳  夕暮れの...      秋色の尾瀬~燧ケ岳  プロローグ >>