空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 12日

秋色の尾瀬~燧ケ岳  尾瀬の朝・・・見晴から尾瀬沼まで

e0195587_11104352.jpg


e0195587_11105180.jpg


e0195587_1111071.jpg


e0195587_1111925.jpg


e0195587_1111178.jpg


e0195587_11122281.jpg


e0195587_11125816.jpg


e0195587_11131158.jpg


e0195587_11132342.jpg


2014. 9. 27~ 9.28


尾瀬2日めの朝、 快晴!

今日は燧ケ岳に登ります。


尾瀬沼のナデッ窪から登るので、見晴から尾瀬沼まで歩きます。

途中の木道は 色づく木々が美しく、差し込む朝の光がとっても綺麗でした。


そして 開けた湿原へと出た瞬間・・・ 本当に美しい風景が目の前に広がりました。

朝靄の湿原・・・。

朝の光が乱反射して 朝靄に煙る湿原に注ぎ しだいに色を変え、湿原が光が満ちていく様子は
本当に美しかった。

ため息が出るくらい。

太陽は偉大で素晴らしい。^^


また何度も木道を抜け、湿原を歩き やがて尾瀬沼へ。


尾瀬沼も美しかったな。  

もう完璧。



そしてしばらく尾瀬沼で休んでから、燧ケ岳に向かって まっすぐに続く木道を歩いていきます。


                                           続く♪






燕、尾瀬とに一緒に行った山友AZと、昨日御坂の山をプチ縦走してきました。


久しぶりの低山歩きは 私の山の原点を思い出させてくれました。

また、その記事を書くときがきたら 書きたいとは思いますが 
忘れかけていた純粋な山への気持ち、取り戻せたような気がします。



山は 高さでも難しさでも険しさでもない。

ましてや、人と競ったりして登るものでもない。


自分の好きな山を 好きなスタイルで登る・・・それが一番ステキな山の楽しみ方。


私はいろんなことを教えてもらっているね。

というか・・・気づかせてもらっている。


ありがとう ^^

by m-kotsubu | 2014-10-12 12:01 | 山歩き | Comments(4)
Commented by asitano_kaze at 2014-10-12 20:16
全くそうだと思います。
自分の好きな山を好きなスタイルで登る。
それがもっともすてきな楽しみ方。
人生のスタイルも同じだとおもいます。
思っていてもなかなかできないのがひとの弱さであり哀しさでもありますけど。
Commented by ten-zaru at 2014-10-12 20:35
kotsubuさん、今晩は。
尾瀬の秋、草紅葉が素晴らしいですね。
毎回行こうと思いながら実現せずにいます。
Commented by Sippo5655 at 2014-10-13 21:42
そうですね、
競うものでもないし 同じ自然の一部として
山と、全ての自然界と
真摯に そして ゆったりと、語り合いながら。
そういうスタンスが、多くを気づかせてくれるのでしょう。
P☆
Commented by deep_breath38 at 2014-10-14 23:36 x
こんばんは。
う~ん、やっぱりいいですね、草紅葉。
ホントに光ってますね~。
自分は今、色んな意味で高い山には自力では登れないけど、ロープウェイでてっぺんまで行けるところもあるし、日本の山は多様でありがたいです。
2,4,6,8枚目、素晴らしいですね~(^^)


<< 秋色の尾瀬~燧ケ岳  燧ケ岳      秋色の尾瀬~燧ケ岳  夕暮れの... >>