空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 20日

秋色の尾瀬~燧ケ岳  エピローグ 池塘を渡る風

e0195587_19324628.jpg


e0195587_1933369.jpg


e0195587_19331857.jpg


e0195587_19333177.jpg


e0195587_19335017.jpg


e0195587_193452.jpg



e0195587_1935033.jpg


e0195587_193594.jpg


e0195587_19351837.jpg


2014. 9. 27 ~ 9.28



ずっと山にいれたらいいな・・・っていつも思うけど・・・

でも、やっぱり下界に戻らなくてはならない。


名残惜しい気持ちで下りた場所は 美しい湿原でした。

池塘に真っ青な空が映り、その上を爽やかな風が渡っていきます。


私はもちろん天国に行ったことはないけれど、行くこともないかもしれないけれど

天国はこんなところかなぁ~と思ったりしました。



この時から もうすぐ1ヶ月たつのか・・・^^;

早いな。


秋の色だった尾瀬も、しだいに冬へと移り変わっていき これから静かな季節がやってくるのでしょう。

一番綺麗だ・・・と聞いた初冬の尾瀬に 今年も行けそうにはないけれど。


なんだか目を閉じると あの日の風を感じられるような気がします。



                                                   終わり。







最高の誕生日だったな。  


サンクス☆

by m-kotsubu | 2014-10-20 20:07 | 山歩き | Comments(2)
Commented by sakusaku_fukafuka at 2014-10-20 20:46
こんばんは。
日曜日、放射冷却が予想されたので、初冬というか、晩秋の尾瀬に行って来ました。
久しぶりの尾瀬でしたが、幻想的な姿を垣間見せてくれました。

こちらも快晴の尾瀬、こんな日に尾瀬を歩いたら気持ちいいですよね~。
Commented by asitano_kaze at 2014-10-22 19:42
いやぁ、どれもしっとりとした画ですねぇ。
とくにラスト4枚、こころ打たれました。
そう、やはり下界に戻らなくてはなりませんね。
天界にいられるのは天女だけですから。
kotsubu さんの偽りのない心情が淡々としるされていて、文章もこころにしみてきます。


<< 憧れの下ノ廊下へ~①白雲峡まで      秋色の尾瀬~燧ケ岳  燧ケ岳 >>