2015年 06月 17日

幸せな稜線♪ 平標山~仙ノ倉山 ①

梅雨空が続いていますね。^^;

雨は夜の間に降って、昼間は晴れてくれないかなぁ・・・なんて勝手なことを思ってしまいます。


土曜日、梅雨の晴れ間 去年からずっと気になっていた平標山~仙ノ倉山へ行ってきました。

久しぶりの一人旅。

Max谷川で越後湯沢まで。
そしてバスに揺られること1時間弱。

平標山の登山口に着きました♪

平標山は花の百名山。
ちょうど花の季節の今は、思ったとおり混んでいてバスはいっぱい。
運よく座れましたが。^^

e0195587_1932650.jpg


登りは松手山コースから。

e0195587_1953259.jpg


綺麗な緑の森が広がっています。

e0195587_1965070.jpg


まず出会った花はレンゲツツジ。

e0195587_1972567.jpg


とりあえずあの鉄塔を目指す・・・とガイドブックにあったな。 遠いなぁ・・・

e0195587_198250.jpg


タカネニガナ♪

e0195587_1985050.jpg


タニウツギ♪
あちこちに咲いていてとても綺麗でした~^^

e0195587_1910195.jpg


e0195587_19113132.jpg


ふと遠くを見ると苗場山・・・かな?  行きたい山のひとつです。

e0195587_1910457.jpg


オオカメノキかな?♪  ガマズミかな?

e0195587_19125988.jpg


ヤブミョウガかな?

e0195587_19134999.jpg


鉄塔に着きました~
結構登ってきたなぁ。 松手山までもうちょっとかなぁ・・・

ここでちょっと一休み♪

e0195587_19161171.jpg


さて・・行こうかな~

これはアカモノかな?  可愛い♪

e0195587_19172731.jpg


ナナカマド♪

e0195587_19184980.jpg


e0195587_19191074.jpg


松手山に着きました~^^
何人か休んでいましたが、ここはもうちょっと頑張って前に進みます♪

e0195587_1920335.jpg


この辺りから、気持ちいい稜線歩きが始まります。

ずっと続いている道を見るだけで、なんだかわくわく♪

e0195587_19212159.jpg



こうして書いてるとなんだかあっという間に登ってるような気がするかもしれませんが・・・

実は私は去年の捻挫から、右足首に捻挫癖がついてしまい ちょっとしたことですぐ痛めてしまうようになってしまいました。

5分くらいじっとしていると問題なく歩けるし腫れもしないのでまぁいいのですが
やった瞬間はすごーく痛くて・・・。

それが怖くてかなり慎重に歩いていました。
(実はこの時の一度捻ってしまったのですが・・・^^;)


そのほかにもちょっと不安要素がいくつかあり この一人旅は直前まで悩んでいました。







でも・・・山はいつもそこで黙って存在してくれているだけであって
私が一人で行こうと誰かと行こうと、いつもどんなときも 誰に対しても平等なのです。


私がどんな悲しみを抱えていようと
山はそんなことは知ったことではなくて 
ただただそこにいてくれて、全部を受け止めてくれる。


そしてなんにも言わなくても、その存在だけで心を癒してくれる。


登っているうちに、心がだんだん軽くなって無心になっていくのを感じていました。



                                    続く♪

by m-kotsubu | 2015-06-17 19:45 | 山歩き | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2015-06-17 20:54
梅雨に入って本当に日照が少なくなりました。
まさに、「梅雨」らしい毎日ですよね。
でも、そんな中お日様拝めて、大好きな山を歩き
可愛らしいお花たちに癒され・・
素敵な登山となりましたね。
傷めたところは、どうぞお大事になさってくださいね。
自然って、想えば想うほどに 応えてくれる
そんな気がします。

P☆
Commented by asitano_kaze at 2015-06-17 21:06
ひとりの山行、自分をより深く見つめるにはいいかもしれませんね。
捻挫癖を抱えていると、慎重にならざるを得ませんね。
それでも、山に会いに行くのは山のふところの大きさ深さ温かさに抱かれたいからなんでしょうね。
そうそう、山はいつだってそこに平然と座している。
晴天の恵みも悪天候の苦難もだれかれなしにまったく平等。
山は何も語らない。愚痴も聞かない。
ただ黙してがっしりとした手をさしのべ、じっと見つめてくれる。
kotsubu さんはだからどうしても山へ会いに行かなくてはならないですね。


<< 幸せな稜線♪ 平標山~仙ノ倉山 ②      雨のち晴れの遥かな尾瀬~最終章 >>