2015年 08月 26日

憧れの山旅 雲ノ平~水晶岳~双六岳 ⑥水晶岳の朝

折立から入り、水晶小屋で迎える3日めの朝。


前の日の雨も夕方にはあがり、今日はいいお天気になりそう♪

山の朝が始まります。

e0195587_19471716.jpg


e0195587_1947424.jpg


e0195587_1948432.jpg


e0195587_19505659.jpg


e0195587_1951765.jpg



夜明けの色に染まる山並み。
まだ消えない三日月。
紅に染まっていく雲。
そして、登っていく太陽。

山で朝を迎える時、いつも思います。

この瞬間は一度きりで 二度と同じ朝は来ない。

だから・・・ いつまでも心に残しておかなくては・・・って。


登る朝日を見届けて、いざ、水晶岳へ。

e0195587_19543139.jpg


これから登る水晶岳が 紅に染まっています。

なんて綺麗なんだろう・・・。

e0195587_19551455.jpg


風がちょっと強かったな。

e0195587_1956367.jpg


e0195587_19561490.jpg


e0195587_19565123.jpg


e0195587_1957311.jpg


e0195587_19583056.jpg


e0195587_19584497.jpg


太陽がパワーアップしていく♪

e0195587_19585739.jpg


ヨツバシオガマかな♪

e0195587_2022848.jpg


もうすぐ山頂♪

e0195587_2032526.jpg


やった~!! 水晶岳登頂なり~^^

e0195587_2034121.jpg


朝早かったので、山頂には何人かしかいませんでした。

e0195587_2051156.jpg


e0195587_2054947.jpg


e0195587_2064714.jpg


あとから、昨日小屋で一緒だったお兄さんが登ってきたのですが
彼はこれから読売新道を行くので、水3L背負ってきたとか・・・ テン泊装備で・・・

すごい・・・^^;

に引き換え、私たちは小屋にザックはデポしてアタックザックできたので身軽~
荷物がないってほんと楽だわ・・・。

ずっとここにいたいなぁ・・・。  みんな思うでしょうけどでも、下りねばならぬ。

e0195587_2013658.jpg


e0195587_2013216.jpg


e0195587_20133845.jpg


気持ちいい稜線を下りていきます。

e0195587_20134842.jpg


小屋のすぐ近くのちょっと小高い丘に、お地蔵さんがありました。

e0195587_2013592.jpg



水晶岳まで1時間ちょっと。 
気持ちいい、朝のお散歩♪   


そして・・・ これからが長い長い試練のお散歩・・・(笑)・・・になるとは・・・


                                     続く。







実は、高山病体質で 高山での体力にいまひとつ自信のない私は、
今回、雲ノ平さえいければいいと思っていました。


水晶岳へは、同行の山友の希望で 私は最後までちょっと不安でした。


でも、こうやって無事登って帰ってきて地上にいると、登ってよかった・・・ってほんと思います。


そんなもんなんですよね。  たぶん山って。


行くまではいろいろ考えたり不安だったりすることもあるけど、
行ってしまうともう目の前の山を登ることが全てで。


不安とか迷いとか、感じなくなるのです。

もちろん日常の雑多なことなんて、山に入ったとたんまるっきり忘れてしまう。


前を見て、ひたすら歩き 美しい景色を堪能し、足元の花たちに話しかける。


大きな自然の中では、自分の存在なんてちっぽけで 
それぞれが抱えてる問題や悩みなんて、もっともっとちっぽけで。

そして山は誰にでも平等なのです。

by m-kotsubu | 2015-08-26 20:41 | 山歩き | Comments(4)
Commented by Sippo5655 at 2015-08-26 22:05
それが、自然なのかもしれないって、思いました。
病というもの自体が、
きっと大自然の中には存在しなくて
半分くらいは人間の意識が増長させているものなのかもしれない・・

自然に生きるって、すごいことなんだなあって

自然と寄り添い生きることが、何より幸せなことなんだなあって。

だから、また山へ行くんですよね!

P☆
Commented by asitano_kaze at 2015-08-27 21:55
山の彼方から朝がやって来ていますね。
トップ、すばらしいです。水墨画の世界のようです。
3枚目、欠けた月がきらり。
4,5のご来光。お日様はほんとに偉大です。
所々に雪が残る。すてきな光景ですね。
高山の花々はひときわ高貴です。会いたいものです。
案ずるより産むが易しとはよく言ったものです。
山はすべて浄化してくれますね。
Commented by m-kotsubu at 2015-08-30 11:39
Sippoさん♪
いつもありがとうございます。^^
山にいると、自分なんてちっぽけだなぁ…ってほんと思います。
自然と寄り添い生きていく、いい言葉ですね。
そんな思いを感じたくて、辛くても何度も山に向かうのかな…と思います。^^
Commented by m-kotsubu at 2015-08-30 11:42
asitano_kazeさん♪
こんにちは。^^
案ずるより産むが易し。 まさにそのとおりですね。
きちんとした準備や下調べはもちろん大切ですが、行ってみなければわからないことはたくさんあります。
山が全て受け入れてくれる。 そう思います。
ありがとうございます~^^


<< 憧れの山旅 雲ノ平~水晶岳~双...      憧れの山旅 雲ノ平~水晶岳~双... >>