2016年 08月 07日

花溢れる最北の地 利尻礼文へ ⑤~礼文島フラワートレッキング Ⅰ

利尻に登った次の日、フェリーで礼文島に渡りました。

前の日の予報は曇り/雨
朝もどんよりしていたので、降られてもしかたないかな・・・と半分諦めてはいたのですが・・

フェリーで移動している間にだんだん青空が・・・!
感激~

あの島が礼文島です。

e0195587_15383655.jpg


利尻登山と同じくらい楽しみだった礼文島のトレッキング♪

歩いたのは桃岩展望台~知床(礼文島の地名)へ下る代表的なトレッキングコース。

e0195587_15435881.jpg


e0195587_1544810.jpg


フェリーターミナルからほど近い登山口からしばらくは、樹林帯のような感じの場所を歩くのですが
それが終わるといきなり展望が開け、素晴らしい景色が広がります。

e0195587_15453875.jpg


エゾニュウという礼文島で群生するセリ科の植物とオニシモツケが辺り一面に咲いています。

e0195587_1547348.jpg


下に見える海・・・

空と海のブルーが本当に綺麗で見とれてしまう。

e0195587_15474231.jpg


e0195587_15543276.jpg


道の両脇にはたくさんの花たちが♪

チシマフウロ

e0195587_15543932.jpg


e0195587_15554618.jpg


e0195587_1556436.jpg


ヒロハクサフジかな?

e0195587_15564777.jpg


カワラナデシコ

e0195587_1557656.jpg


レブンウスユキソウ

e0195587_15594416.jpg


フェリーターミナルがもうあんな下のほうに見えます♪

e0195587_161619.jpg



風が少し強かったけど、憧れの礼文島は、憧れていたとおり本当に美しい島でした。

この先、どんな風景や花たちに出会えるのだろうか・・・

わくわくしながら歩きました。


そしてこれから出会う風景は、泣けてしまうくらい美しい風景でした。



                                    



この旅のことを思うと、今でも涙が出てしまう。


こうして写真を見返していても、懐かしさでいっぱいになって 胸が熱くなってしまう。



私はこの旅から帰って、しばらく何もやる気になりませんでした。


もうだいぶ落ち着きましたが・・・



この利尻礼文の風景は、私の心の大切な場所にずっと居座っているのです。

by m-kotsubu | 2016-08-07 15:57 | 山歩き | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2016-08-10 21:51
それほど・・深い感銘を
この島は与えてくださったのですね。
運命の出会いだったのでしょう!
P☆
Commented by m-kotsubu at 2016-08-27 09:10
Sippoさん♪
こんにちは、遅くなって申し訳ありません。
礼文島、本当に美しい島でした。
運命の出会い…そうかもしれませんね。
ありがとうございます。^^


<< 花溢れる最北の地 利尻礼文へ ...      花溢れる最北の地 利尻礼文へ ... >>