空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 08月 27日

花溢れる最北の地 利尻礼文へ 最終章~礼文島フラワートレッキング Ⅲ

花と風の島、礼文島の美しい風景… もう少しお付き合いください。

e0195587_08322821.jpg
遥か下に見える港や民家。

この美しい島で暮らす生活はどんななんだろう…と想像してしまいます。
その場所で暮らす人にとっては、この風景もきっとありふれた日常なのでしょうけれど…。

e0195587_08342664.jpg
e0195587_08373629.jpg
鮮やかなハマナス

e0195587_08384275.jpg
風に揺れるイブキトラノオ

e0195587_08402011.jpg


海まで続くエゾニューの群生

e0195587_08412986.jpg

利尻山がうっすらと見えます。

e0195587_08430898.jpg
e0195587_08442709.jpg
e0195587_08450937.jpg

ラストの知床バス停までは、だんだん近づいてくる利尻山を見ながら…
このトレイルが終わってしまうのが、とっても名残り惜しかった。
e0195587_08460363.jpg


礼文島をあとにして、利尻山へと向かうフェリーの中で見た利尻山は、本当に凛々しくて美しかった。

e0195587_08480424.jpg


立ち止まって何度もシャッターを押した、鮮やかで美しい風景。

私の写真では、それを見たまま伝えることができないのがなんだかもどかしく思います。



きっと人の心の中は、たくさんの想いがあるから
見る人によって同じ風景も その人の心のフィルターを通して見えてくるのだと思います。


だから…
同じ風景はひとつとしてなくて、同じ瞬間は存在しない・・そう思うのです。



心の目で見た自分だけの風景は、大切な宝物。


憧れだった利尻と礼文。


この旅は私の心の中でずっと生き続けていて、何かあったときに私を支えてくれる。


そしてこれからも、美しい風景に出会うために 自分らしく 山を歩き、旅をしていきたい…そう思います。



                                        終わり。





by m-kotsubu | 2016-08-27 09:07 | 山歩き


<< 会津駒ヶ岳~心に残る一人旅 Ⅰ      花溢れる最北の地 利尻礼文へ ... >>