空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 08月 28日

会津駒ヶ岳~心に残る一人旅 Ⅰ



行きたくて行きたくて… でもなぜかなかなか願いが叶わない。


そんなに遠いわけでもないのに

アクセスがそう難しいわけでもないのに



それなのになぜか行けない…



会津駒は 私にとってそんな山でした。


e0195587_13242091.jpg


思い立ったのは1週間前。

この山に行くなら、駒の小屋に泊まろう…それはずっと思っていたことでした。


ダメもとで電話をするとまだ空きがあるとのこと。


予約を入れ、交通機関の手配をして…


金曜の夜、私は一人夜行電車に乗りました。

e0195587_13294213.jpg

e0195587_13250267.jpg

早朝着いた登山口から、ゆっくりと登る。

時間はたっぷりあるし、私はこの山に急いで登ることはしたくなかった。


ゆっくりと時間をかけて、この山旅を楽しみたかった。


e0195587_13302067.jpg

オオカメノキの赤い実、あちこちに咲くリンドウ。

ほんのり色づくナナカマド。


山は秋の色に染まりつつありました。

e0195587_13310721.jpg

標高が上がるにつれて、現れてくるおおらかな山の姿。

e0195587_13424037.jpg
静かに続く木道。

e0195587_13430760.jpg
e0195587_13443426.jpg
 空は蒼く、その色が池塘に映る。

e0195587_13450302.jpg


真夏のこの時期、きっとアルプスへと向かう人が多いのだろうな。


東北の山は、ひっそりと静かに私を迎えてくれました。

e0195587_13473144.jpg

e0195587_13481096.jpg

遠くに見える駒の小屋。

なんだか天国に向かうみたいな気持ちになる。

e0195587_13495679.jpg


e0195587_13513927.jpg

駒の小屋に大きな荷物を預け、アタックザックにレインとお昼を詰め

身軽になって歩いていく。

e0195587_13521352.jpg

e0195587_13524785.jpg

e0195587_13533251.jpg

大らかな山容を眺めながら 時々立ち止まり写真を撮りながら

ゆっくり歩きました。

e0195587_13542545.jpg

e0195587_13545357.jpg
 
会津駒ヶ岳山頂。
 

この先は憧れの中門岳です。












車の運転をやめ、山友も今はケガやもろもろの理由で 山をお休みしている状態の私にとって
頼れるものは何もなく。

この頃の私は 自分ひとりで 山へ向かうしかない状態でした。


一人旅には慣れているんだけど…。

それでも時々、ご夫婦で登られる方や 車で移動できる方が羨ましく思えるときがあります。



それでも…私にとって 一人だから…ということを理由に山に行かない・・という選択肢はあり得ないことでした。

もともと始めたときも一人だったし。



一人なら、一人で行ける山に行けばいい。


一人で行った山は どんなものより心に残り、その山行は忘れられないものになる。



そのことをこのときの山行で 私は心から実感しました。


そして会津の静かな山は、私の心を柔らかく優しく包んでくれました。



by m-kotsubu | 2016-08-28 14:22 | 山歩き


<< 会津駒ヶ岳~心に残る一人旅 Ⅱ      花溢れる最北の地 利尻礼文へ ... >>