空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 11月 07日 ( 1 )


2010年 11月 07日

ミゾソバ(溝蕎麦)とアキノウナギツカミ(秋の鰻攫)~可愛いふたつの金平糖♪

午前中は雲っていましたが 午後から晴れてきましたね~♪

日ごろの疲れを癒すべく、午前中はおとなしく家にいたのですが
午後から たまにはチャオ(愛犬です)でも撮ってあげよう! と思ってPENを持ってチャオを連れて土手へ♪
油断したのがいけなかった・・・
私が 写真を撮ってるすきに、チャオがセンダングサの中に飛び込んで・・・体中センダングサの種がくっつきました~^^;
その後、1時間ほど座り込んで 引っ付き虫を撮る作業・・・。
大変でした~><

さて 今日のUPは、自然教育園の水生植物園から そっくりな 『ミゾソバ』 と 『アキノウナギツカミ』 です♪

この二つ、他の方のブログで見せていただき そっくりだというのは知っていたのですが 本当にそっくりでした!

まずは ミゾソバ(溝蕎麦)  タデ科  別名:ウシノヒタイ(牛の額)

1
e0195587_1772395.jpg



小さな小さな花ですが とっても可愛らしいですね~^^

2
e0195587_1775172.jpg


星の形をした花が 小さなコンペイトウのようです~^^

3
e0195587_16594737.jpg


『ミゾソバ』は 溝に成育し、葉がソバに似ているからとの意味だそうです。

4
e0195587_1712849.jpg


別名の「ウシノヒタイ」は、葉の形が牛の顔に似ているからだそうです~^^
この角度じゃ ちょっとわかんないですね~ 牛の顔の葉を写すのを忘れました~^^:

5
e0195587_17124073.jpg


花弁に見える部分は萼で、花弁はないのだそうです。 これはタデ科植物の特徴だそうです~

6
e0195587_17163858.jpg


そしてこちらは  アキノウナギツカミ (秋の鰻攫)  タデ科

7
e0195587_17212693.jpg


ミゾソバとそっくりですよね~^^;  こちらの方が、ちょっと小さいような気がします。

8
e0195587_17233939.jpg


『アキノウナギツカミ』 とは なんだかとっても変わった名前ですが
茎に下向きの短い刺がたくさんあり、これを利用すればウナギもたやすくつかめるということと、花が秋に咲くことから名がついたそうです。
なおウナギツカミという別の植物もありますが、その花は春から初夏に咲くそうです。

この先がちょっと赤くなっているのが その棘かな??

9
e0195587_17253257.jpg


この花も 可愛らしいコンペイトウのようです♪

10
e0195587_17325084.jpg


近くに 枝豆みたいのが生っていましたが、これはアキノウナギツカミと関係あるのかな?

11
e0195587_17352126.jpg


葉が綺麗な色に色づいているものもありました~^^

12
e0195587_1737326.jpg


ほんのり秋の風情~^^

13
e0195587_17383520.jpg



もうひとつ 似た花で、ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い・・・それにしてもすごい名前ですねぇ・・) という花もあるようですが、見たことがないような気がします・・
見ていたとしても 見分けがつかないかも・・・^^;

今日も 見ていただきありがとうございました~♪

   
    画像をクリックすると 大きくなります♪ 


もうひとつのmessage♪ 
fotologue
こちらにも遊びに来てくださいね~^^

2010. 10 . 24 ( 日) 曇り PHOTO by kotsubu (EOS Kiss X2)

by m-kotsubu | 2010-11-07 17:48 | 自然教育園