<   2012年 12月 ( 67 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 31日

感謝をこめて 心をこめて…

e0195587_13291325.jpg


e0195587_13432981.jpg


石割山 山頂にて


次から次へと湧きあがる雲が 美しい富士山を隠して行く。

その光景は 片時も休むことなくめまぐるしく変化していく。


まるで水墨画のようなその美しさに、私たちは言葉をなくした。

4人だけの山頂は 静かで美しかった。



今年の最後…どの写真を載せようか・・と迷ったのだけれど

やっぱり最後に登った、石割山の山頂からの写真を載せることにしました。


2012年のラストに、この美しい風景を一緒に見ることができた友たちに 心からお礼を言います。

ありがとう。


一人、山歩きを始めた私にとって

一緒に登る仲間ができたこと…それが一番嬉しかったことです。



書きたいことはいろいろありますが、上手く言葉がまとまらない気がします。


2012年、登った山の総集編を書き始め 8月まできたけれど
時間切れなので 続きは来年に持ち越します。

もっと簡単に書こうと思っていたのだけれど 
どの山にも、どの旅にも思い入れがあって 簡単にまとめることができませんでした。

1枚、写真をチョイスするのも とっても大変で…^^;



いろいろあった一年でした。

辛いことも、悲しいこともあったりしたけど 
週末を考えると 私は元気になれた。


山や森は 私にとって、辛い時そばにいてくれる友であり

たくさんの大切なことを教えてくれる先生であり

そして、週末になると会いに行きたくなる恋人です。(笑)



山の季節の移ろいは 下界よりもずっと早いから

週末が終わって帰って来ると、私はなんだか置いてきぼりの季節感がない人間でした(笑)



山を歩き、森を歩きながら 感じること

空の色、季節の移ろい、小さな生命、雄大な景色…

全てのことを心に残しておきたいから 私はまた来年も たくさんたくさん歩くと思います。

そして たくさん撮ると思います。

拙い写真ですが 山の空気が、森の香りが 少しでも届くといいな・・^^


そしてここを訪れてくださる方たちが

自然を好きになってくれて 山や森を好きになってくれて

小さな生命を大切に思ってくれたらいいな…そう思います。



最後に…  今年一年、山を通して出会えた方たち

写真を通して出会えた方たち

ここを訪れてくれて、暖かいコメントを残してくださった方たち

拙い写真を見てくださった方たち…


すべての皆様に、心からお礼を言います。

ありがとう。


私にとって、山との出会い、そして皆様との出会いは 宝物です。



皆様にとって、来年が素敵な一年になりますように…。
                        



                        kotsubu

by m-kotsubu | 2012-12-31 14:32 | 山歩き | Comments(8)
2012年 12月 31日

Memories of the Trip Mountain ~2012 AUGUST

8月。

待ちに待った夏山シーズン!

去年の夏の終わりに山に出会った私にとって 初めての夏山。

ずっと計画してきた北アルプスと富士登山!


その前に…

8月4日(土)晴れ  四阿山  ツアー  

e0195587_1043297.jpg

四阿山 山頂にて

次の週から行く北アルプスの足慣らしに入れたツアー。

ゴンドラで登っちゃうので らくらく登山でした。

山頂、綺麗だったなぁ~
雲がとっても早く流れて行くのが印象的でした。

夏山登山の足慣らしに来た…という方が結構いました。


コンデジ FT-3にて撮影



8月11日(土)~13日(月) 晴れ 最終日雨  白馬岳(北アルプス) 山友Tちゃん、師匠Mさん、A君 4人旅
  
e0195587_10494173.jpg

12日 白馬岳 大雪渓にて


e0195587_10495894.jpg

12日 山頂手前 村営宿舎近くにて 夕景


今年のビッグイベント。^^

私のアルプスデビューは 北アルプス、白馬岳でした。

この旅は…ひとことでは語りきれないので 
よかったらブログ本文の『白馬岳』を見てください。

素晴らしかった…。

やっぱりアルプスはスケールが違う。

壮大で美しくて優雅で… そして厳しかった。

登山道に向かう途中、初めてあの大きな美しい山の姿を見た時の感動 忘れることができません。


あぁ…これがアルプスなんだ…。  しばし言葉をなくした。


雄大な大雪渓。 美しいお花畑。
暮れて行く空。
そして夜中に一人見た、信じられないほどの満天の星空。

全てが感動でした。


登山は…キツかったです。

最終日は雨だったし。

でも、あの美しい景色は 辛さを忘れさせてくれたし
あの思いをしたからこそ ここで今この美しい風景を見ているんだ…という充実感は
素晴らしいものでした。

最終日の雨の中、雷鳥に出会えたこと それも素敵な思い出です。


アルプスは、私にとって今でも憧れです。

遠いし、時間もお金もかかるし…^^;  体力もいるし。
そうそう気軽に行ける山ではありません。

だからこそ、憧れて憧れて… 想いをあっためて また来年登れたらいいな…そう思っています。


コンデジ FT-3にて撮影
(この時…少しでも荷物を軽くするために OM-Dを持っていかなかったのを
 実は今でも後悔しています…^^;)



8月24日(金)~25日(土) 晴れ  富士山   山友Tちゃんと (ツアー)

e0195587_11121117.jpg

25日 富士山山頂にて ご来光


e0195587_1112237.jpg

25日 山頂より下山途中  幻影


今年の私の目標。

それは富士山に登ることでした。

そのために、トレーニングツアーに参加してきましたが
本番の富士登山は 裏切って、他の会社のレディースツアーにTちゃんと参加してしまった…^^;(ごめんなさい・・^^;)


正直行って アルプスより楽ではないか? と思っていたのが事実です。

…が… 私はやっぱり高山病になりました~><


辛かったです。

あと少しで山小屋というところで襲ってきた強烈な吐き気。
「ここまで来てウソでしょ~><」 って感じでした。

それからはずっと、吐き気と食欲不振と ものすごい倦怠感に襲われながら
それでも登った山頂でした。

なぜそれまでして…?

…というより、思考能力がなくて、登らないという選択をすることもままならなかった。

でも、心のどこかで 私はきっと行ける・・って強く思っていました。

実際は夜爆睡したら、だいぶよくなったのですが・・。


朦朧として登り、半分眠りながらみた御来光は、それでもやっぱり素晴らしかった。


富士登山は… ある意味イベントだと思います。

勢いで初心者も登れちゃったりする。

でも…日本一の山、富士山は やっぱりそれなりに手強いです。


そして、ものすごい絶景に出会える。(お天気がよければ…ですが)

この世のものとは思えないほどの強烈な風景。

真っ青な空、流れていく雲。

そして、光と影の世界。


それが富士山です。


ブログ本文中にも書きました。

富士登山は登山でない…という方もいます。
富士山は登る山ではなく、見る山だ…という方もいます。

でも、富士山に登らないと見ることのできない世界が そこにはあります。

日本人であるなら…富士山は是非一度は登ってほしい山です。

そして、自分の目であの絶景を見てきてください。


私も高山病さえクリアできれば、もう一度登りたい。

あの美しい風景を、もう一度見たい。

何年か後、また登れたらいいな…と思います。

もっと、もっと 心も体も強くなって。


OM-Dにて撮影


※白馬岳、富士山・・を一緒に旅してくれたTちゃんに 心から感謝します。
 きっと一緒だったから私は登れたと思う。
 本当にありがとう。


こうして、私の2012年の夏は終わりました。

暑かった夏… 私の登山の記憶も その眩しい光と同じくら強烈でした。
素敵な思い出をくれた山々に、深く感謝します。


去年の8月に山に出会い、秋から山歩きを始めた私にとって この富士登山は一つの区切りでした。

この先、秋からは 私はまた次なる目標と温めてきた想いと共に 山を旅することになります。


次なる目標…は、達成するまで心に秘めておきます(笑)

そして、温めてきた想い・・ 
それは 私が秋から何度も足を運んだ八ヶ岳…北八ツでした。

9月からの総集編も続けたかったのですが 時間もないし
とりあえず区切りなので、ここで一度このシリーズはお休みします。


続きの4ヵ月は 年が明けてから、ぼちぼち書いて行きます。


見てくださってありがとうございます。


一年の最後…私の山への想い、出会った方々への感謝の想いを込めて 
最後の記事をこれから書きたいと思います。


では また後ほど…^^
 

by m-kotsubu | 2012-12-31 11:58 | 山歩き
2012年 12月 31日

Memories of the Trip Mountain ~2012 JULY

7月。

まだ梅雨明けきらぬ空。
でも、夏は着実に近づいてきています。

夏山へ憧れながら、この時期は準備期間…^^

7月15日(日) 曇り 霧ヶ峰・車山  ツアー 

e0195587_107417.jpg

八島ヶ原湿原 鎌ガ池にて

写真が1週抜けてるから、たぶん7月始めの週は 出かけなかったのだろうと思います。
(天気悪かったのかなぁ~?  記憶がない)

この霧ヶ峰・車山は、確かギリギリになって入れたハイキングツアー。
登山ツアーが空きがなかったんだ、たぶん。

天気あんまりよくなかったな。

前日の雨で、木道もドロドロで結構大変でした。

でも、自由散策なので 写真はたくさん撮れたし
たくさんの高山植物に出逢えました。

晴れた日にまた行きたいですが、湿原は雨の雰囲気も似合ったりする…^^

OM-Dにて撮影


7月21日(土)~22日(日) 雨/曇り 木曽御嶽山  富士山トレーニングツアー

e0195587_10153120.jpg

22日早朝 9合目にて 奇跡的に見れた雲海


e0195587_1016276.jpg

22日 山頂付近にて


この登山はキツかったなぁ…。

ずっと大雨でした。

初めての山小屋泊だったのだけれど、
私は軽く高山病にかかり 食欲もあまりなく 少し吐いたし、ずっと頭痛がしてた。

登りながら弱気になることは あんまりないんだけど
この時は 「なんでこんなに辛いのに、私は登っているんだろう…」って思ってました。

小屋に着き、夕ご飯を無理やり食べて寝たら、翌日にはだいぶ良くなっていたけれど。


翌朝は雨が上がり、外に出たら 奇跡的な雲海が見れて…感動でした。
(そのあとまた見えなくなってしまったので…)

山小屋に泊まる・・っていうのは こうして朝や夕の山の情景を見れるんだ…^^

その後登った山頂、つかの間の晴れ間!

初めて見た太陽でした。
山頂で晴れるなんて ラッキー! ^^

その後、下山途中でまた大雨。

天気に翻弄される旅でした。

2枚目の写真。 
この白装束の方たちは御嶽山の信者の方たち。
この光景は 普通の山では見ることのできないものですね。

信仰の山であることを 深く感じました。

この時一緒に登った方たち… 無事富士山登頂を果たせたでしょうか?

みんな登れていたらいいな。


コンデジFT-3にて撮影

by m-kotsubu | 2012-12-31 10:37 | 山歩き
2012年 12月 30日

Memories of the Trip Mountain ~2012 JUNE

6月 水無月。

今年の梅雨はどうだったっけ…? ^^;
おそらく梅雨の合間を縫って、私は相変わらず山に出かけていました。

雨あがりの山は キラキラ光ってとっても綺麗です。


6月2日(土) 晴れ 瑞牆山(奧秩父)  山友Tちゃん、師匠Mさんとの3人旅

e0195587_21263726.jpg

岩だらけの瑞牆山登山道にて

東京から瑞牆山の日帰り…
しかも、マイカーではなく 電車とバスで。

これ…かなりハードだから お薦めしませーん(笑)

遠いです。
しかも、バスの最終が早いので めちゃギリギリの強行弾丸山行でした~><

ちなみに 瑞牆山…「みずがきやま」と読みます(読めないよねぇ…^^;)

最初は新緑の中を気持ちよく歩いて行くのですが
やがて現れる、岩、岩、岩…。

小さい私は まさに岩によじ登りながら登って行く なかなかハードなお山でした。

でも、苦労して登った山頂は 絶景!!

とても素晴らしい360度のパノラマでした。

気持ちいい~♪ (山頂も岩ですが…^^;)
高所恐怖症の人は ちょっと怖いかも~

ハードな登りだっただけに、充実感はものすごくあります。

そうそう、この日 念願のオリンパスOM-Dを手に入れ 
OM-Dデビューの山旅だったのですが…・

ハードで、あまり写真を撮れず~^^;

この頃から 山に持って行くカメラはほとんどOM-Dになり(ツアーはコンデジが多いけど)
一眼レフの出番は ほとんどなくなってしまいました。

OM-Dは軽くて小さい上に、防水、防塵のアウトドアで頼れるカメラです♪


瑞牆山…ハードだったけど楽しかった~

でも、今度行くときは せめて前泊で行きたいです。^^;

OLYMPUS OM-Dにて撮影


6月10日(日) 棒の嶺(棒の折ともいう)(奧武蔵)  山友Tちゃん、Sさんと3人旅

e0195587_21434152.jpg

棒の嶺 ゴルジュ地帯?にて

棒の嶺。

もう一度行きたい低山 ナンバー3に入る山です。

綺麗でした。 本当に綺麗。

苔むした渓谷沿いをずっと歩いていきます。

そのうちにゴルジュ…と呼ばれる、両側が切り立った崖が現れ、
その間を登って行きます。

まさにアドベンチャー気分♪

次々に現れる滝。
水際に咲くコアジサイ。

マイナスイオンいっぱいの、とっても癒されるお山です。

山頂からの眺めも最高。

帰りはさわらびの湯に寄ってさっぱり♪

うーん、やっぱりこの山は良いなぁ~♪  また行きたい!


ちなみに、奥多摩側からも登れますが(奥多摩からだと棒の折山と言うらしい)
その場合、この渓流沿いは歩かないので 奧武蔵側から登ることをお薦めします。
(個人的意見ですが…^^;)


OM-D にて撮影


6月17日(日) 曇り/晴れ  大菩薩嶺(大菩薩・道志) 富士山トレーニングツアー

e0195587_21575854.jpg

大菩薩峠からの稜線

中山介山の小説に出てくる大菩薩峠(読んだことはありませんが…^^;)

ここも、とても素敵な山でした。

大菩薩峠から先は 稜線歩きがずっと続きます。

素晴らしい景色を眺めながら歩く尾根道は とっても気持ちいいですね~^^

小さな石を積み重ねてあちこちに立てられたケルンのある 賽の河原は
またちょっと違った雰囲気で、
なんだか黄泉の国に迷い込んだような??? 

変化のある山旅(下りが暑くてちょっとバテたけど~)

個人でまた行きたい山です。


コンデジ FT-3にて撮影


6月23日(土) 晴れ/曇り 御岳山~ロックガーデン~上高岩山~奧の院  山友Tちゃんと

e0195587_229518.jpg

奧の院へ…

この日も、雲取山予定が前日の悪天候で流れた日。

このコースも、師匠Mさんに教えてもらった 人の少ない難所ありのコースです。

ロックガーデンまでは一般的な登山道ですが
そこから先、ハシゴあり、クサリ場ありの難所がところどころ出てきます。

登山道もちょっと荒れていて 歩きやすいとは言えませんが
こういうアドベンチャーも大好きな 私たちです。^^

奧の院へと向かう道は 精霊が宿っていそうな雰囲気のある、巨大な木々の立ち並ぶ道。

ガスった道が神秘的で素敵でした。


OM-Dにて撮影



6月30日(土) 曇り 志賀高原…横手山~芳ヶ平~白根山  ツアー

e0195587_22201511.jpg

芳ヶ平湿原にて

このコースも変化に富んでよかったなぁ~

横手山は、『私をスキーに連れてって』のロケ地となった山。
日本で一番標高の高いパン屋さんがあります。

リフトで一気にあがり標高をかせぎ 高山植物いっぱいの横手山を散策。

そして芳ヶ平湿原へと下ります。

湿原には ワタスゲがいっぱい♪
とっても可愛かったな~

そして、荒涼とした白根山へ…。


コンデジ FT-3にて撮影。


こうして、半年が過ぎました。

低山歩きが中心だった私の山歩きも 夏が近づくにつれ、
高い山へと向かって行きます。


そして、7月 初めての山小屋泊まりを体験するのですが… それはまた次回。

(このペースであと6ヵ月…終わるかな? ^^;)

by m-kotsubu | 2012-12-30 22:36 | 山歩き
2012年 12月 30日

Memories of the Trip Mountain ~2012 MAY

2012年 山旅の総集編の続きをUPしていきたいと思います。

こちらはコメント欄は閉じますが 前記事のコメ欄は開けてありますので
よろしければそちらにお願いします。^^


5月。 山の新緑が最も美しい時。

山歩きもとっても楽しい季節です♪


5月4日(祝・金) 雨/曇り 奥多摩むかしみち(奥多摩)  山友Sさんと

e0195587_19381435.jpg

むかしみち 廃線になった線路跡にて


この時 お天気がよければ 私たちは雲取山にいるはずでした。

が…前日は大荒れの天気。
雲取山は 残念ながら中止。

GW後半、予定があいてしまった私は Sさんを誘って、
のんびり奥多摩ハイキングへと出かけました。

奥多摩むかしみちは ちょっとレトロな雰囲気が漂い
吊橋があったり 滝があったりと とても楽しいハイキングコースです。

雨あがりの道端には シャガの花が群生しとても綺麗でした。

この日は変わりやすいお天気で
途中何度も雨が降ってきて 民家のガレージ?で雨宿りをしたり
かと思えば日が差してきて 暑くなったり…と忙しかったです(笑)

のんびり歩きだったので、写真もたくさん撮って
Sさんをずいぶん待たせてしまいました~^^;

紅葉の頃は また素敵なコースだと思います。

是非、来年出かけてみてください。


コンデジFT-3にて撮影(60Dを主に使っていましたが この写真はコンデジで)



5月12日(土) 晴れ 三ツ峠山(富士山周辺) 山友Tちゃん、師匠Mさんと3人旅

e0195587_19543879.jpg

三ツ峠山 富士見台付近にて 白樺と富士山

富士見ハイク、三ツ峠山。

この山は 富士山撮影にカメラマンもたくさん訪れる山です。

登りは林道歩きが多く、あまり印象がないのですが
山頂近くに行って現れた富士山は とっても素晴らしかったです。

写真は、下山途中 いきなり現れた白樺の群生の中で見た富士山。

白樺と富士山のコラボが新鮮で 素敵でした。


三ツ峠山頂では、富士山の頭に雲があったのですが
この辺りに来て 全部姿を見せてくれました。

帰りの河口湖駅に着くまで、富士山はずっと見守ってくれました。

コンデジFT-3にて撮影


5月20日(日) 晴れ/曇り  富士山1合目~5合目  富士山トレーニングツアー

e0195587_2082636.jpg

5合目付近にて 剣ヶ峰

登山口にある浅間神社にて、夏に富士山に無事登れますように・・とお参りをして
わらじのお守りを買いました。

1合目から5合目を歩く物好きな人?はあまりいなくて 
ほとんど人に会わなかったのですが
カメラとペットボトルだけ持って登っている外人さんに遭遇。

しばらく一緒に登りました。

昔の登山道や 廃屋になった山小屋など 味わい深い光景が次々に出てきます。

昔はこの道を、下からずっと登っていったんだなぁ~と思うと 感慨深いものがあります。

当たり前のことですが…・
富士山に登っていると 富士山は見えないのですね。(笑)

5合目付近で、やっと山頂が見えました。

こうして見ると そう遠くないように思えるのですが 実際は遠い~^^;

コンデジFT-3にて撮影


5月26日(土) 晴れ 笠取山(奧秩父)  ツアー

e0195587_20183413.jpg

笠取山 登山道にて虹発見!

私の家の前には 多摩川が流れています。

その多摩川の源流を求めて歩く旅、笠取山。

登山道はとっても綺麗に管理されていて 美しい森歩きが楽しめます。

水が3つの川へと別れる分水嶺や、多摩川の最初の1滴が流れる水干など
とても興味深いものでした。

そして、この旅で一番感動したのは 歩いている途中で虹が見れたこと。

とっても綺麗でした。

コンデジFT-3にて撮影

by m-kotsubu | 2012-12-30 20:31 | 山歩き
2012年 12月 30日

秋の北八ヶ岳紀行 Ⅱ(10) にゅうのてっぺんへ♪

ご訪問ありがとうございます。^^

当ブログは、私が旅した山の記録&写真で綴る夜中のヒトリゴトです。

山行記録は、諸事情によりランダムに載せていますのでわかりずらいかもしれませんが
右下のタグから山の名前をクリックしていただけると 
同じ山のレポを続けて見ることができますので よろしくお願いいたします…^^
 

☆ただいまUP中の山
     ★八ヶ岳(周辺)      麦草峠→白駒池→高見石→麦草峠 + 吐竜の滝&乙女の滝
                    稲子湯→みどり池(しらびそ小屋)→中山峠→にゅう→白駒池→麦草峠
                    縞枯山
                    渋の湯→高見石(高見石小屋)→渋の湯 
     ★奥多摩         川苔山  雲取山
     ★奥武蔵         伊豆ヶ岳




☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


年末のお忙しい中、ご訪問ありがとうございます。

2012年の山旅の総集編の更新途中ではありますが
いつもの山行レポもUPします。^^



稲子湯→みどり池(しらびそ小屋)→中山峠→にゅう→白駒池→麦草峠
(前回は コチラ


北八ツの、『にゅう』というちょっと変わった名前の山へと歩きます。

1
e0195587_21191177.jpg


木の根や岩がゴロゴロした道を登って行きます。

2
e0195587_21212837.jpg


あれがこれから登るにゅう。

3
e0195587_0221179.jpg


4
e0195587_0223547.jpg


5
e0195587_0242342.jpg


にゅうのすぐ真下までやって来ました。

ここで、ザックを下ろし 最初のグループが先に登ります。
私はあとグループ。
この場所で少し休憩。

6
e0195587_18194316.jpg


そして、待っている間 遠くに富士山が!^^

ここから富士山が見えることは 稀だそうで、とってもラッキーでした。

7
e0195587_1823522.jpg


天狗岳かな?

8
e0195587_18245255.jpg


9
e0195587_18253671.jpg


先のグループが帰ってきて 私たちも登ります。

秋の空、秋の雲♪

10
e0195587_18265536.jpg


11
e0195587_18294059.jpg


にゅうのてっぺんに到着~^^

12
e0195587_18302979.jpg


にゅうから見た富士山~^^

13
e0195587_18314831.jpg


そして… 真っ青に染まる美しい湖は 白駒池です。

14
e0195587_18322152.jpg



にゅうのてっぺんから見た風景は とっても美しかった。
その風景は 次回に持ち越しますね~^^ (来年になりますが…)

この時はツアーで来ましたが、
このにゅうへと歩くコースは 個人で是非また行きたいコースです。


いつか友達と行けたらいいな♪
  


       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 10. 22 ( 月 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (OM-D)

by m-kotsubu | 2012-12-30 19:00 | 山歩き | Comments(6)
2012年 12月 30日

Memories of the Trip Mountain ~2012 APRIL

4月 希望の春♪

桜も咲き、山も春の花たちに溢れ、とても美しい季節です。

私も春の花を求め、山をさ迷います。(笑)


4月1日(日)晴れ 城山カタクリの里~草戸山~南高尾山稜~高尾山(高尾)  カメラ&山友S2さんと

e0195587_152169.jpg

高尾山山頂にて 沈む夕陽

まだ見ぬ野草、可憐なカタクリの花の撮影に カタクリの里にいき
そこから草戸山という小さな山を経て 南高尾山稜に。

そして高尾山へと歩きました。

アップダウンはあまりないものの、かなりの長丁場。


初めて会うカタクリは 可憐でとっても可愛らしかった。^^

足元に咲く小さな花を愛でながら 草戸山まで歩く道のりは、とても楽しかったです。

草戸山は、のんびりした小さなお山。
最近知ったのですが、365mなんですって! ^^
一年と一緒ですね~

そしてそこから南高尾山稜へと入るのですが
このルートは 私が是非お薦めしたいとっても気持ちのいいルートです。

人の多い高尾山からは考えられないほど人は少なく
尾根歩きが続くので、とても気持ちよく歩けます。

一度しか歩いていませんが お気に入り♪
また歩いてみたいルートです。

そして高尾山に到着~はもう夕方。

長かったので、帰りはケーブルカーで下山しようと思っていたのですが…。

ここで、何を間違ったか私はケーブルカー乗り場が 山頂からもっと近くにあると思いこんでいて…><

沈む夕陽なんぞを余裕で撮っていたら 最終のケーブルカーに乗り遅れました~><

しかたなくヘッドライトで1号路を永遠に下ってきました~

高尾山といえど、夜は真っ暗になるので 気を付けてくださいね。^^

Cannon EOS 60D にて撮影


4月7日(土) 晴れ/雪  鍋割山~塔ノ岳(丹沢) 山友Tちゃん、師匠Mさんと3人旅

e0195587_15201564.jpg

塔ノ岳山頂にて 雪の中の鹿

歩きたかったルート 鍋割山から塔ノ岳でしたが…
これは長かった!
かなりハードでしたね!

標高差がある山だったので 登りがキツかった~><


しかも、スタートは最高の山日和だったのに、塔ノ岳山頂ではまさかの吹雪…という
山の天気の変わりやすさを改めて知った旅でした。

それでも、富士山を見ながら 鍋割山の鍋焼きうどんを食べられたし♪

かなり満足度の高い旅でした。


帰りの通称バカ尾根をひたすら下るのは かなりキツかったですが…
(下りが苦手な私です)

この標高差のある長いルートを歩ききったことで
ちょっと自信がついたかな~って気がします。


今度はのんびり塔ノ岳山頂の山小屋に泊まって、丹沢の夜景をみたいな~^^

コンデジFT-3にて撮影


4月15日(日)晴れ  官ノ倉山(奧武蔵) 単独

e0195587_15322328.jpg

登山道手前の里山風景

前日に行く予定だった百蔵山~扇山が 雨で流れ…次の日に単独で出かけた小さなお山。

でも、眺めは最高でした。


なによりも、登山道に入る前の里山風景の美しさ…。

まるで桃源郷のようだった。

春の里山は、本当に綺麗です。
低山歩きの魅力ですね♪ ^^

コンデジ FT-3にて撮影


4月22日(日)雨/曇り 金時山(箱根) 富士山トレーニングツアー

e0195587_15412499.jpg


せっかくの富士山展望の山なのに…・

またしても雨!><

いつかリベンジしたいぞ!

コンデジ FT-3にて撮影


4月29日(土) 晴れ 御前山(奥多摩) 山友Tちゃん、Sさん、Sさん ♀ と4人旅

e0195587_1546297.jpg


GWウィーク前半♪

この御前山も、カタクリの花を求めて歩いた山でした。

歩き始めは、大好きな渓流沿いの道。
足元に咲く、ニリンソウや可憐な花たちに癒されながら歩きました。

途中から、かなり急登になります。

さすが奥多摩三山の一つ。

Tちゃんは、この御前山の登りが 今までで一番キツかった…と言っていましたが
私は 塔ノ岳のバカ尾根の下りのほうが嫌でした~(笑)

カタクリは、登りにちらほら。
下りでもちらほら…って感じかな?

下山道で群生しているところは、
保護のためにロープが張られているのが ちょっと侘しかったな。

持っていってしまう人がいるのでしょうね。

みんながルールを守れば、そんなことにはならないのに…。

野山に咲く花たちは、その厳しい環境に咲いているからこそ美しくて輝くのです。

持って帰って丁寧に育てたとしてもその輝きは 戻らないのです。

わかってほしいな…。


長い下山途中で見た、奥多摩湖の輝き 綺麗でした。


この時、GWの後半で雲取山に行く予定でした。

御前山から下ってきた奥多摩湖で、石尾根を見上げ
来週は あの道を歩けるんだ~と 期待でいっぱいだったのですが…

見事に春の嵐が訪れ 雲取山登山は玉砕しました~><

この時の中止が 三度目の正直で登れた、雲取山最初の中止です。^^;

コンデジ FT3にて撮影

by m-kotsubu | 2012-12-30 16:15 | 山歩き
2012年 12月 30日

Memories of the Trip Mountain ~2012 MARCH

弥生3月… 芽吹きの頃。

どうもあまりお天気に恵まれなかった記憶があります。


3月3日(土)晴れ  景信山~高尾山(高尾)  山友Tちゃん、Hちゃんと3人旅

e0195587_14103654.jpg

雪残る景信山山頂付近にて

Tちゃんの友達で 山初心者のHちゃんと3人で行ったこの日の高尾。

お天気はよかったのですが雪が残っていました。

小仏バス停から登山道に入り 登り始めた頃
気温がどんどんあがり、雪が蒸発してガスが空へと上がって行く様子は とても幻想的でした。

高尾山の登山道は雪が溶けてドロドロ状態でした~><

コンデジMT-3にて撮影


3月18日(日)雨/曇り  筑波山  富士山トレーニングツアー 

e0195587_14193082.jpg

女体山山頂にて


2012年 今年の目標のひとつは 富士山に登ることでした。

去年単独で行った箱根駒ヶ岳の山頂から見た美しい富士山の姿が忘れられず
あの山に登りたいと思った。

自信がなかった私は 富士山登頂のためのトレーニングツアーに1ヵ月に1度、参加し始めます。 

第1回目は 雨の筑波山。

筑波山は、去年単独で登ったことがありました。
その時は お天気もよく、展望もばっちりだったのに 今回は雨…^^;

でも、雨の中を歩く練習にもなったかなぁ~(と前向きに考えよう! ^^)

途中で雨はやみ、奇岩、怪石をそれなりに楽しめました♪

コンデジMT-3にて撮影


3月24日(土) 雨/曇り/晴れ 日の出山(北尾根から)~吉野梅郷(奥多摩)  山友Tちゃん・師匠Mさんと3人旅

e0195587_14302961.jpg

日の出山へ向かう北尾根にて

e0195587_1431197.jpg

吉野梅郷にて

今回は 2枚載せました。

日の出山から吉野梅郷に下り、梅を楽しもう♪

という山歩きだったのですが…

日の出山に登るルートは 北尾根登山道という、今は地図上に明記されていない登山道。
これは師匠Mさんの好みです(笑)

一応なんとなくの踏み跡はあるのですが 
人はほとんど登らず、荒れている道をひたすら登りました。

アドベンチャー気分で なかなか面白かった!

ベテランのMさんと一緒だったからこそ行けたルートです。^^

登り始めた時は雨はやんでいたのですが
山頂は寒くて展望なしでした~><

へんなところから登ってきた私たちを見て
「あなたたちどこから来たの?」 と山頂にいたおばさんが驚いていたのを覚えています(笑)

日の出山から下りる途中で雨が降り出します。

…が 吉野梅郷へと着いた頃は お天気が回復。

途中、晴れていき、ガスが流れて行く様子が とても綺麗でした。


梅は七分咲きって感じかな?

今年は天候不順で、花の時期が本当に難しかったですね。^^;

コンデジFT-3にて撮影

by m-kotsubu | 2012-12-30 14:50 | 山歩き
2012年 12月 30日

Memories of the Trip Mountain ~2012 FEBRUARY

Memories of the Trip Mountain…直訳 山旅の思い出。

英語が合っているかはわからないけど とりあえず調べて書いてはいます(笑)


続いて2月。


2月4日(土)晴れ 浅間嶺~払沢の滝(奥多摩)  山友Tちゃん・Oさん・Sさん・師匠Mさんと5人旅

e0195587_1157298.jpg

雪の浅間嶺にて

1月の山中湖スノーハイキングのツアーで出会ったTちゃんから
「氷瀑した払沢の滝を見にいきませんか?」とお誘いを受けて行った奥多摩の旅。

Tちゃんと同じ会社の山のベテランさんMさん、Tちゃんの元同僚Sさん、
そして同じくツアーで知り合ったOさんがご一緒してくれた雪の奥多摩でした。

Mさんはもう山は 50年近くになるという超ベテランの方。

私とTちゃんは、この後Mさんと一緒に山を何度も歩き
山のノウハウを さりげなく教えていただくことになります。

長いコースを歩いたり、人のあまり来ない場所を歩くのが好きなMさんに
私たちはずいぶん鍛えられました。(笑)

今は諸事情で、なかなか一緒に行けないけれど 
またいつか一緒に行けたらいいな~と思っています。

この日は 私の軽アイゼンデビューの日。

連絡をもらった時は まだアイゼンを持っていなくて
仕事帰りに慌てて買いに行ったのを覚えています。
(急いで買ったので、簡単なアイゼンがなくなんだかめんどくさいアイゼンで
 結局後日買い直すことになるのですが…><)

軽アイゼンで歩く 初めての雪山。

キラキラしててとっても綺麗でした。

氷瀑した払沢の滝も とっても美しかった…。

そして、仲間と歩く楽しさをしみじみ感じた旅。

思い出深い旅の一つです。^^

コンデジ MT-3にて撮影


2月11日(土)晴れ 平治の段(南貫ヶ岳)(静岡)  ツアー

e0195587_1221277.jpg

登山口近くのお茶畑

とにかく山に行きたかったこの頃。

空いていたところに ツアーを探して入れたこの旅。

ちょっとワイルドで静かな山が楽しめたツアーでした。


綺麗に刈り込まれたお茶畑が 美しかったのを覚えています。

コンデジ MT-3にて撮影


2月18日(土)晴れ 長瀞アルプス~宝登山(奧秩父) 山友Tちゃん・Sさん・Oさんと4人旅

e0195587_1226283.jpg

宝登山 蝋梅園にて(武甲山をバックに)

前回、雪の浅間嶺に行ったメンバー(師匠Mさんを除いて)で行った
通称長瀞アルプスを登って行った宝登山。

蝋梅の時期に合わせて行ったのですが
今年は 花の開花が遅く、合わせるのが難しかったですね~^^;

この時も満開とは言えないまでも、綺麗な蝋梅と初春の香りを楽しむことができました。

山に咲く花を楽しむのも 登山の楽しみの一つですね♪


この日は とっても寒くて、山頂で震えながらお昼ご飯を食べました。

宝登山神社でのお参り、焚き火にあたりながら寛いだのも良い思い出♪

来年の蝋梅は どうかな~^^

遠くに見える武甲山。
山が削られてしまう前に行きたいね~と話しつつ、まだ実現できていません。

行かなくっちゃ! ^^


Canon 60Dにて撮影


2月19日(日) 晴れ 江ノ島  カメラ友 S2さんと

e0195587_12425317.jpg


山ではないのですが…

久しぶりにただ写真を撮るだけの目的で 夕方江ノ島に行きました。

夕陽が沈む江ノ島は 綺麗でした。

けど寒かった~^^;

以前は写真を撮るだけで楽しかったけど 
やっぱり歩きながらじゃないと なんとなく物足りない(笑)

同行してくださったS2さん、ありがとうございました。


Canon 60Dにて撮影



                      3月に続く♪

by m-kotsubu | 2012-12-30 12:52 | 山歩き
2012年 12月 30日

Memories of the Trip Mountain ~2012 JANUARY

今年もあと2日。

外は雨…。

大掃除もとりあえず終わったし、特にやることもないので(探せばあるんだけど~^^;)
昨日ふと思い立った、2012年の私の山旅を振り返って行こうと思います。


去年(2011年)の夏、写真から入った私も山歩きも1年半がたちました。

私は 山に登ることは一つの旅だと思っています。

日帰り登山であっても、山小屋泊であっても
それは私にとって 山を歩き、森を歩く小さな旅であって 
風景や草花、共に歩いた友、一期一会の出会いかもしれない人たちと出会えた素敵な旅。

どの旅も どの出会いも、私にとってはかけがえのないものです。

でも、人は忘れていってしまう生き物です。…(もう若くないし~笑)
 
だから、この1年を振り返って 自分のために残しておこうと思います。

今年旅した山と 数々の素敵な出会いを。


それぞれの旅から 1枚だけ写真を選び、その時の思い出を添えていきます。
(もし、その山旅のレポを見てみたい・・という方がいましたら
 右のタグの山の名前から入ってください ^^)


今年1年 私を支えてくださった方々…。

山や森で出会った方々、一緒に歩いた友たち。
そしてここを訪れて 私の拙い写真を見てくださった方々。
プライベートで、私を支えてくれた人。

それから私が歩いた山や森、全ての出会いに感謝を込めて。


1月7日(土) 晴れ 御岳山~日の出山 (奥多摩) 単独

e0195587_10414091.jpg

日の出山山頂にて

2012年の歩き初めは 思い出の御岳山でした。
去年の夏 この山にレンゲショウマを撮りに行き、私は山と出会いました。

その思い出の御岳山から日の出山まで歩き、つるるる温泉に寄って帰ってきました。
(御嶽神社で初詣~^^)

まだ一緒に登ってくれる人もいなくて、単独で低山歩きを続けていたこの頃。

ただただ山を歩き、写真を撮るのが楽しかったな♪

初詣登山の人たちが結構いました。

私は一人で歩いていたのですが 4,5人のグループの方たちが話しかけてくれて
しばらく一緒に歩いたな♪

一人だと 結構みんな親切に話しかけてきてくれますね♪
危なっかしいのかな(笑)

LUMIXの防水コンデジ MT-3にて撮影。



1月14日(土)曇り/晴れ ちらっと小雪 渋沢丘陵と震生湖~頭高山 (丹沢) 単独
 
e0195587_10313694.jpg

震生湖にて

ちょっと曇りがちな日。

一人で丹沢の里山歩きをしました。

途中で小雪が舞ってきたり…。

みかん畑の間を歩いたり、地元の方と立ち話したり。^^

写真は震災でできたという震生湖。
雰囲気のある静かな湖でした。

そのあと、頭高山という小さな山に登ったのですが 
途中で地元のキノコ狩り名人?のおじさんと出会います。

山のシイタケのある場所を教えてくれたりしながら 山頂まで一緒に歩きました。

山頂で晴れてきて キラキラ光る川を見ながら 
一緒にみかんを食べて おじさんの山の思い出話を聞いたっけ…。

「シュンランの花が好きでここに植えてるんだけど、みんな持っていかれちゃうんだよなぁ…」
って 場所をこっそり教えてくれて 
ちょっと悲しそうに言ってたのを思い出します。
おじさんのシュンラン、春に咲いたかな。 咲いていたらいいな。

「これからもいっぱい山を歩くといいよ」
と言って 山頂で下山道を教えてもらって別れました。

おじさん…元気かな。

Canon 60Dにて撮影(この頃は がんばって一眼レフ持って歩いてました。)



1月21日(土) 雪 石割山 山中湖畔 スノーハイキング ツアー

e0195587_11418.jpg

山中湖にて

単独での山歩きで行ける場所に限りがあることを感じ、この頃から登山ツアーに参加し始めました。

この日は石割山登山のあと、田部井淳子さんのトークショーの予定だったのですが まさかの大雪。

急遽、山中湖の周りを歩くツアーに変更になりました。

石割山に登れなかったのは残念でしたが、
このスノーハイキングも それはそれで楽しかった♪

だって雪の中を歩くなんて 都内じゃめったにできないことだから~^^

田部井さんのトークショーは予定どおり行われ
楽しい山の話を聞くことができました。

そしてここで、同じツアーに参加していたTちゃんに出会います。
彼女はこの先、私の良き山友になり この先いつも一緒に旅をすることになります。

素敵な出会いのあったスノーハイキングでした。

コンデジ MT-3にて撮影


1月28日(土) 晴れ 三浦半島シーサイドウォーク  仕事先の同僚Oさん、Kさんと女子?三人旅

e0195587_1119224.jpg

盗人狩付近にて

仕事先の人たちに 「一緒に山に行こう」と誘っては
「疲れるから嫌だ」と却下され続けていたこの頃。(笑)

山のようにアップダウンはあるのは嫌だけど ハイキングだったら…
という二人とともに、三浦半島へ。
(彼女たちとは 去年尾瀬にも行きました)

劔先バス停から、三浦岩礁の道を歩き、城ヶ島まで。
かなり長い距離で 風が冷たかったけど、楽しかったな♪

岩場を歩く岩礁の道は 迫力ありました。

城ヶ崎では 水仙の花が綺麗でした。

干してある大根が面白かったのを覚えています。

帰りには 美味しいお刺身を食べて帰って来ました。


そうそう…私はこの時 行きの三浦海岸の駅で 保険証とパスモを落としました~><
親切な方が拾ってくださり 
駅で預かってくれていて帰りに無事に取りに行くことができました…^^;

どうもありがとうございました~^^

コンデジ MT-3にて撮影


というわけで…やっと1月終了。

このペースで行って、12ヵ月 今年中に終わるのかかなり怪しくなってきましたが
とりあえずできるところまで やってみたいと思います。 ^^;

では 続きはまた数時間後に…^^
 

by m-kotsubu | 2012-12-30 11:53 | 山歩き