<   2013年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 28日

山は生きている

e0195587_20194468.jpg


e0195587_20195711.jpg


e0195587_2020198.jpg


e0195587_2021685.jpg


e0195587_20232662.jpg


e0195587_20234358.jpg



コアジサイの花が 優しく揺れる。

水が煌めき はねる。


沢は水がいい。 山が生きている。


そんな言葉を聞いた。


足を水に浸して見上げる、梅雨の合間の青い空。


見つけた♪ 可愛いモミジイチゴ♪

ちょっと酸っぱい山の味がした。  

More

by m-kotsubu | 2013-06-28 21:11 | 山歩き | Comments(11)
2013年 06月 26日

沢への誘い Ⅱ

e0195587_2004074.jpg


e0195587_201030.jpg


e0195587_2013132.jpg


e0195587_20151093.jpg


e0195587_20152174.jpg


e0195587_20153626.jpg


e0195587_2015548.jpg


e0195587_2016458.jpg



最初はちょっと躊躇していたけれど、だんだん濡れることを気にしなくなった。

途中には どうしても水にならなければならない場所もあったりして、
足首くらいまでは チャポチャポ水に入りながら歩く。


濡れた靴は 日の光にあたりしだいに渇いていく。

でも、靴の中には水が入っていて 歩くたびにキュッキュッと小さな音がする。


で、そのまま今度は山へと突入~^^

足の中には 小石や細かい砂が入る。


たぶん…普通の登山では とっても気になるそういうことも 
なんかどうでもよくなっていくから不思議(笑)


そしてまた、美しい流れに足を浸す。


心が洗われていく気がする。 透き通った水のように…。

More

by m-kotsubu | 2013-06-26 21:14 | 山歩き | Comments(5)
2013年 06月 24日

沢への誘い

e0195587_2154017.jpg


e0195587_2155161.jpg


e0195587_216082.jpg


e0195587_216610.jpg


e0195587_2161319.jpg



綺麗だった。

日が当たると 水がキラキラ輝く。


翡翠色の水は 冷たくて、気持ちいい~^^


沢沿いの大きな石を伝い、時々水に浸かりながら(足だけ~) 流れを遡って行く。



その世界は 私にとって未知の世界で、とても不思議な気持ちがした。



でも、考えてみたら 私が山を始めたきっかけは 小さな渓谷だったんだ…。

あの水辺の美しさに惹かれて、私は山を始めた。


そう思うと、ここにいるのは そんなに偶然でもないのかもしれない…と思ったりもしていた。 




しばらくの間、お休みしていました…^^;
お返事、ご訪問等遅れて申し訳ありません。

書きかけのレポがあるのですが、レポはお休みします。m(_ _)m

レポを毎日書いていくだけの時間がなくなりつつあること
PCに長時間向かっていると かなり目が疲れること…

そんなこともあり、これからはレポではなく 単発で?記事を書いて行きたいと思います。

もしかしたら そのうちまたレポ書くかもしれないけど…^^;


More

by m-kotsubu | 2013-06-24 21:54 | 山歩き | Comments(11)
2013年 06月 19日

雨の屋久島物語 (4) 布引の滝

e0195587_2112233.jpg


e0195587_21122031.jpg


e0195587_21122940.jpg


e0195587_21145425.jpg


e0195587_21123746.jpg


e0195587_2112518.jpg


屋久島 布引の滝にて


山の中から 湧いてくるように流れるその滝を遠くから見た時 思わず声をあげた。

ダイナミックで、美しくて。


山からやってきたその水は すごい勢いで流れ去って行く。


もし…この中に落ちたら…

私の身体も心も、屋久島の森の奧深くに連れ去られてしまうのだろうか… そんなことをふと思った。



大雨だからこそ見れた風景。





そして、私はこのあと、この島でいくつかの滝に出会います。

どの滝も美しく、豊かな水をたたえ 迫力のある姿で私を魅了しました。


そして、悲しみでいっぱいだった私の心は

この島の自然に触れ 少しずつ少しずつ明るくなっていきました。


傷が少しずつ癒えていくように…。

by m-kotsubu | 2013-06-19 21:31 | 山歩き | Comments(8)
2013年 06月 17日

梓川~ 流れゆく川のように…

e0195587_23384571.jpg


e0195587_23385366.jpg


e0195587_2339174.jpg


e0195587_23391015.jpg


上高地にて



流れていく川のように 心も同じ場所にとどまってはくれない。


次々に生まれてくる感情は あの時、あの場所での気持ちを待っていてはくれない。


それでも… 心のどこかに、ちょっとだけ残っていたらそれでいいかな。


流れゆく川のせせらぎが 耳から離れないように…。


また次の場所へ向かって 歩いて行こう。


e0195587_2345793.jpg


More

by m-kotsubu | 2013-06-17 23:51 | 山歩き | Comments(8)
2013年 06月 17日

屋久島の魔法

e0195587_0175095.jpg


e0195587_018224.jpg


e0195587_0181335.jpg


e0195587_0182164.jpg


e0195587_0183395.jpg


屋久島にて



あの大雨の屋久島から 1週間。  早い。


私は東京に戻ってからも なんだかふわふわした気持ちで 毎日を過ごしていた。


大雨のあの島も 反対側は晴れている時間帯もあり 時々薄日がさしたりした。

そのつかの間の晴れ間にあの島が見せてくれた美しさ。

強烈な自然そのものの美しさは 私を捉えて放してくれない。


それは なんだか夢のような世界で 日本ではないみたいで…


なんて説明したらいいのかわからないけど 不思議な魅力だった。


雨に濡れた木々は 瑞々しく美しく輝き、私を呼ぶ。

垣間見たヤクシカの強く優しい瞳。

忘れることができない。


またあの島を訪れる時がくるまで きっとこの魔法は解けないだろう。


私は あの島に憧れ続ける。


遠距離恋愛の片想いが いつか叶う日が来るまで。

by m-kotsubu | 2013-06-17 00:35 | 山歩き | Comments(8)
2013年 06月 16日

丹沢縦走 塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳 (5) 塔ノ岳の夕暮れ

ご訪問ありがとうございます。^^

当ブログは、私が旅した山の記録&写真で綴る夜中のヒトリゴトです。

山行記録は、諸事情によりランダムに載せていますのでわかりずらいかもしれませんが
右下のタグから山の名前をクリックしていただけると 
同じ山のレポを続けて見ることができますので よろしくお願いいたします…^^

なお、かなり季節はずれの記事もあるかと思いますが
自分自身の記録でもあるので、ご容赦くださいませ。m(_ _)m
 


 ただいまUP中の山行
     ★奥多摩・高尾      生藤山~陣馬山  雲取山  
     ★丹沢          塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳  鍋割山



しばらく山行レポ お休みしていました…すみません…m(_ _)m

また復帰しようとは思うのですが…なんだろう スランプかな?(笑)

ちょっと続けてレポを書いて行くということが なんだか今はできないので
途中抜かして ランダムに書いていきます。


塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳
(前回は コチラ


前回、丹沢の鳥尾山までのレポを書き そこから塔ノ岳までのレポ…が次に来るはずなのですが
そこはパスします…^^;

長くなってしまうのと スランプのため(笑) 
一気に塔ノ岳まで辿り着いたことにして、今回は塔ノ岳の夕暮れを…^^


塔ノ岳山頂に着き、山小屋にチェックインして、荷物を置いて 夕暮れまでのんびり。

だんだん日が暮れていきます。

1
e0195587_19213987.jpg


2
e0195587_192273.jpg


夕日の中、富士山が浮かび上がります。

3
e0195587_1924531.jpg


4
e0195587_19242732.jpg


5
e0195587_19254484.jpg


山並みも綺麗…

6
e0195587_19255645.jpg


7
e0195587_1926874.jpg


8
e0195587_19272174.jpg


9
e0195587_19273372.jpg


夕日の色が 濃くなっていく…

10
e0195587_19294839.jpg


11
e0195587_1930177.jpg


12
e0195587_19304112.jpg


13
e0195587_1930535.jpg



山で見る夕日は いつも感動してしまう…。

その日歩いて来た道、様々な出会い、そんなことを思い出すから。


そして、ここで夕ご飯を食べに小屋へ戻るのですが そのあともまだ素敵な光景を見ることができます。


それはまた 次回に…^^


                                          続く♪



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2013. 4 . 27 ( 土) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS 60D)

by m-kotsubu | 2013-06-16 19:39 | 山歩き | Comments(3)
2013年 06月 14日

ニリンソウの咲く道

e0195587_23552923.jpg


e0195587_23554226.jpg


e0195587_23555169.jpg


上高地にて


ちょっと気分転換に。


ニリンソウは もう終わっちゃっただろうなぁ~^^


また夏に 行けますように。

by m-kotsubu | 2013-06-14 23:58 | 山歩き
2013年 06月 14日

雨の屋久島物語 (3) ひとりぼっちのヤクシカ

ちょっと順不同になります。

今日 UPすることは、絶対に書いておきたかったこと。


1日めの夜、雨はしだいに激しさを増し、
屋久杉へ向かう登山道以外は 全ての山への道は通行止となり、山にも入山規制がひかれました。

もののけの森…白谷雲水峡へ行くという 私の願いは この時ほぼ絶たれました。

それでも、私は心のどこかで この雨がやみ、森に会いに行けるのを信じていたのですが…。


2日め、やはり雨はやまず…。

どうすることもできず、雨の中 島を一周することにしました。


屋久島は不思議な島。

島の反対側は もともと雨が少ない地域で 時々日も差したりしました。


山は荒れていました。

道路には 大きな木が落ちていたり、石が転がっていたり
ところどころには 水が吹き出していて…。

いつもはたくさんのヤクシカやサルに出会えるという場所にも 動物たちは見当たりませんでした。

動物たちも、私に姿を見せてくれない… 悲しかったな。


そんな時、1頭のヤクシカに出会います。


e0195587_221981.jpg


e0195587_22191641.jpg


e0195587_22192497.jpg


e0195587_22193126.jpg


e0195587_22193888.jpg



最初は わからなかった。

夢中で写真を撮っていました。

でも… 何か違和感を感じたのです。


シカが去ってから、すぐ写真を見直し あることに気づきました。

この子は…・


たぶん観察用。 耳に印をつけられている…。


あとから聞きました。

普通、シカは何頭かで群れているもの。

でも、人間の手に触れられてしまったシカは もう群れには戻れないのだそうです。

仲間に受け入れてもらえない。


シカの生態など、詳しいことは不勉強でよくわかりません。

でも、そのことが本当ならば この子は一生こうして一人で生きていかなくてはならない。


ごめんなさい…。

私は今でも この子のことを思い出すと 涙がとまらない。


あの時私を見つめていた目は 何を訴えていたのか・・・。


悲しくて そして優しい瞳でした。



                                         続く。


※ちょっといろいろで ご訪問ができずにいます。 すみません…m(_ _)m
 落ち着いたら 伺います。

by m-kotsubu | 2013-06-14 22:45 | 山歩き | Comments(5)
2013年 06月 13日

雨の屋久島物語 (2) 苔むす森で…後編

e0195587_20543351.jpg


e0195587_20545259.jpg


e0195587_2055632.jpg


e0195587_20571612.jpg


e0195587_20573145.jpg


e0195587_20574418.jpg


e0195587_20591676.jpg


e0195587_2059281.jpg


e0195587_20593879.jpg


屋久島 ヤクスギランドにて


私は雨の中 その森を一人歩いた。

友とははぐれた…。


その森に棲む精霊たちを感じながら 私は一人歩いた。


雨はだんだん強くなっていく。

その森を歩く人は少なく ほとんど人には会わなかった。


不思議な感覚だった。

なにがどう? と聞かれても、上手く答えられないのだけれど・・・


何かにずっと見つめられて 何かに護られているような そんな感覚。


友のことを気にしながらも 私は何かに惹かれるように シャッターをきった。




このあと… 私はここの管理をされている方と 無線を持って 友を探すはめになるのです…(笑)

ほどなく見つかりましたが。


今思えば コースもちゃんとしていて はぐれてもそう心配することではなかったのですが…・

まぁ、そのことは 深くふれないで…(笑)


そして ここでヤクザルに会います。

屋久島で出会う 初めての動物…。  可愛い♪


雨は どんどん強くなっていきました。

この時もまだ私は あの森に出会えると信じていました。



                                             続く♪

by m-kotsubu | 2013-06-13 21:41 | 山歩き | Comments(4)