空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 31日

氷の世界へ~日光 雲竜渓谷 後編

雲竜渓谷 後編です。

今回は 写真を最初にアップします。 
枚数多くなって申し訳ありませんが氷の世界を感じていただけたら幸いです。

私の言葉は最後に・・・^^


e0195587_2252152.jpg


e0195587_2253313.jpg


e0195587_2255350.jpg


e0195587_226961.jpg


e0195587_2262110.jpg


e0195587_2263326.jpg


e0195587_2264560.jpg


e0195587_2271014.jpg


e0195587_228140.jpg


e0195587_2281960.jpg


e0195587_2283152.jpg


e0195587_2285789.jpg


e0195587_2295367.jpg


e0195587_221061.jpg


e0195587_22101976.jpg


e0195587_22103195.jpg


e0195587_22104236.jpg


e0195587_2211158.jpg


e0195587_22112612.jpg


e0195587_22113545.jpg


e0195587_22114413.jpg



どのくらいの時間をかけて どのくらいの寒さの中で
ここまでの美しい氷の柱はできるのだろう・・・。

それは 本当に美しい芸術作品でした。

人の手が加えられることなく、自然だけが創り出した美しい世界。


滝の裏側を通り、滝を巻きながら 急登を登り大滝へと進んで行きます。


最後に見たその大滝は 大きすぎて私のカメラには収まりきりませんでした。


動きをとめた水は かすかに碧く輝いていました。


大滝の前で 写真を撮っている時、雪が舞い始めました。

太陽はかすかにでているのに・・。


それはなんだか幻想的で不思議な世界でした。

なんだろう・・・ 音が止まってしまったような・・・全ての動きが止まってしまったような・・・。


風に舞う雪、動きを止めた滝、そしてその中を流れる美しい水。

滝は凍っているのに、水が流れているのはなぜなんだろう・・・・

そんなことを考えたりしました。


天気が崩れるかもしれない・・・そう言われ、大滝をあとにして 歩いてきた道を戻ります。


また滝の裏側を通り、小さな沢をいくつか越えて。

途中出会う鹿の足跡。


アイゼンをはずすその場所で振り返ったその谷は 舞い落ちる雪の中で静かで静かに佇んでいました。

by m-kotsubu | 2014-01-31 22:39 | 山歩き
2014年 01月 29日

氷の世界へ~日光 雲竜渓谷 前編

この前の日曜日 行ってきました~♪  噂の(かわかりませんが・・・^^;) 日光 雲竜渓谷。

もうすごかった~!  こんな氷爆初めて見ました。

ちょっと思っていたよりハードで、写真もそんなに枚数撮れなかったのですが
アップしていきますね~♪

氷の世界を堪能・・? してください。


空は真っ青!  このところの寒さはちょと緩み、太陽が暖かい♪

e0195587_21285154.jpg


目指すはあの場所・・・(かわからないけど) 雲竜渓谷。

e0195587_2131034.jpg


東武日光駅からタクシーでゲートまで来たのですが そこからながーい林道歩きです・・・^^;

e0195587_21315647.jpg


そしてやっと登山道に入ります。
渓谷というからには やはり沢で・・・ 小さな沢を渡りながら歩いていきます。

e0195587_21324318.jpg


この辺はまだ アイゼンつけてません。

e0195587_2136940.jpg


今年の雪は例年より少ないようです。

e0195587_21361781.jpg


あれが雲竜渓谷。
あの奥まで これから歩いていきます。
ここから見るとあんまり雪はないように見えますが・・・

ここで、アイゼン装着。

e0195587_21381517.jpg


ここから沢に下りていくのですが・・・ 
ここからの階段(ほとんど雪に埋もれてますが・・) がいきなりめちゃ急。><

e0195587_21461019.jpg


人はそれなりに入っています。

e0195587_2147036.jpg


そして 歩くにつれてだんだん氷爆らしき姿が現れ始めます。

e0195587_21493853.jpg


e0195587_2151122.jpg


e0195587_21512671.jpg


e0195587_2152897.jpg


雪が多ければ沢も雪で埋もれ、もっと歩きやすいそうなのですが
私たちが行ったときは雪が少なめで 沢を渡らなければならない箇所がいくつか・・・

不安定なアイゼンで石の上を渡るのは かなりスリリングでした。

でも 私は 雪山用の靴だったし、がんがん水に入っちゃったけど・・・^^;

e0195587_21522288.jpg


凍った滝が あちこちに現れます。

e0195587_2157417.jpg



e0195587_21575332.jpg


がんがんに凍ったところも。

足元もところどころ雪を通り越して ツルツルに凍っているので、注意!

e0195587_21591449.jpg


次から次へと現れる 巨大な氷爆に、感動しっぱなしでした。

e0195587_21592263.jpg



そして・・・これからさらにハードな(私にとっては・・・ですが・・^^;) ルートを通り
渓谷の奥へと進んでいきます。

そこで見たものは 本当に美しい光景でした。


                                   
                                後編に続く

More

by m-kotsubu | 2014-01-29 22:23 | 山歩き
2014年 01月 27日

小笠原旅行記~ ⑩ ハートロックトレッキング Ⅲ

土日は 雪山を堪能してきました~^^

が、写真の整理がまだなので それはちょっと後回しにして・・・ 
小笠原旅行記の続きをアップしたいと思います。


ハートロックに向かい、歩いていきます。

途中、なんだかちょっと不似合いな松が・・・^^;
もちろん、本土から昔持ち込まれたものだそうです。

e0195587_20225720.jpg


これは ホルトという木の葉です。
古くなるとこんなふうに色づいて落葉するようで 一般の紅葉とはちょっと違うのだそうです。

季節は関係ないってことかな。

e0195587_20252376.jpg


こんな葉が落ちていたら ホルトの木があるってことだよ~って教えてもらいました。

e0195587_20313150.jpg


登っていくにつれて 緑は濃くなり、森は深くなります。

e0195587_20332096.jpg


この木の幹・・・これはツルが巻きついたあとです。
すごいですよね~  こんなふうに模様みたいになってしまう・・

e0195587_20344849.jpg


苔も現れ始めます。

e0195587_2043681.jpg


この色が変わっている部分の苔は ムニンシラガゴケという固有種(だったと思う)

触るとふかふかで、手触りがとってもいいです~^^

ちなみに、小笠原の固有種には ムニン・・・という言葉がつくものが多いです。

e0195587_20432085.jpg


光の感じがとってもステキ~♪

e0195587_20493932.jpg


時々、こんな箱が置いてあるのですが・・
この中には 救急用品や水など、もしものときのためのものが入っているのだそうです。

e0195587_20505846.jpg


e0195587_20514576.jpg


これ・・・タコノキです。

ニョキニョキのびてるのは 気根。

e0195587_20533995.jpg


e0195587_2054792.jpg


真ん中の短いのが本当の幹で 気根がどんどん伸びてくると 
このもとの幹は成長をやめて途中で止まってしまうのだということです。

e0195587_20541877.jpg


ゾウの鼻みたい~♪

オガサワラビロウの幹です~(たぶん)

e0195587_214352.jpg


これがオガサワラビロウというヤシ♪

たくさんあって とっても雰囲気あってステキでした~^^

e0195587_2151836.jpg



たくさん写真を撮ってしまったので まだまだ続きます・・・^^;

他の山行記事を挟みながら のんびりアップしていくので、お付き合いいただけたら幸いです。

by m-kotsubu | 2014-01-27 21:11
2014年 01月 25日

白銀の世界へ

e0195587_0211653.jpg


e0195587_0212388.jpg


e0195587_0213198.jpg


2013年1月 北八ヶ岳にて (再掲載)


がっつりの雪山はやらないつもりでした。

末端冷え性で寒いの苦手だし・・・ 去年北横岳に登ったとき強風で飛ばされそうだったし・・・^^;


でもやっぱり あの美しい世界は 一度出会ったら忘れられない。


不思議ですよね。

若い頃、さんざんスキーには行ったはずなのに その頃は雪山の美しさなんて気づかなかった。

ただスピードを出して滑りおりることが楽しかった。


歩くから気づく美しさなのか・・・ それとも歳をとったせい?(笑)


明日・・・・もう今日ですが・・・ からしばらく週末は 雪山三昧。
(2月半ばは 北海道に行きます ^^)

あの美しい白銀の世界に身をおいて 思いっきり楽しみたいと思います♪


※小笠原旅行記も のんびりですが続けてアップしていきますので よろしくお願いします。

  ご訪問、お返事、なかなかできずに申し訳ありません。
  もうしばらくお待ちください。

More

by m-kotsubu | 2014-01-25 00:57 | 山歩き
2014年 01月 19日

小笠原旅行記~ ⑨ ハートロックトレッキング Ⅱ

小笠原の旅♪ ハートロックトレッキングの続きでーす♪

小笠原のウグイスくんに会ったあと 小さな沢沿い登山道をさらに奥まで歩いていきます。

e0195587_19374611.jpg


両脇にシダがたくさんで 南国チック♪

e0195587_19415455.jpg


グリーンアノール発見!
小笠原では ちょっと困り者の外来種です・・・^^;

e0195587_19425948.jpg


小笠原にもサルオガセがあるんだ~

e0195587_19451181.jpg


これはマルハチといって、小笠原ではあちこちで見られるシダです。
とってもいい雰囲気を出していました♪

なぜ マルハチ という名前なのかは・・・そのうち出てくる写真で説明しまーす♪

e0195587_19465965.jpg


ふと向こう側の山の斜面に目をやると・・・ ノヤギの姿が!
角があるから ♂ですね。

e0195587_19494641.jpg


いきなり森の中に 車のハンドルが・・・
軍隊が乗り捨てたジープのようです。

e0195587_19515623.jpg


こうやって時折戦争のあとがありありと見られるのが 小笠原の森。

e0195587_1952577.jpg


えーと・・ 名前がちょっとわからないのですが シダの仲間。

e0195587_19541214.jpg


大きな葉の裏に 胞子がいっぱい。

e0195587_19554859.jpg


タマナの実かな。

e0195587_19563249.jpg


なんだっけ・・・^^;

e0195587_1958920.jpg


ムニンアオガンピ(固有種)

e0195587_201391.jpg


ホナガソウ(外来種)

e0195587_2015458.jpg


さっきのノヤギがゆっくりと移動しています・・・^^

e0195587_203872.jpg


e0195587_2045080.jpg


e0195587_2091494.jpg


e0195587_205392.jpg



先に進むにつれて 森がどんどん深くなり、緑は生き生きとして ジャングルのようになっていきました。

大好きな森の匂い。 

今でも写真を見ると、あの小笠原の森が心の中に蘇ってきます。


密度の濃い、不思議な雰囲気の森・・・。

そこには あらゆる生き物たちの生がありました。
なんだろう・・・ 生きているっていうことを、どの植物も生物も主張している感じ。

そして、固有種と外来種・・ その区別が、本土よりずっとはっきりしている島。

あとから載せますが たとえば沖縄や屋久島などでは、精霊の宿る木といわれているガジュマロは
ここ小笠原では 困り者の外来種なのです。

その土地によっての植生の違い。

ノヤギだって、可愛らしい悪気のないヤギなのに、ここでは困り者。

グリーンアノールにしても・・・

他の土地だったら きっともっとのびのびと生きていけたのかな・・・なんて 
外来種の肩をもつわけではないけれど・・・(笑)

難しいですね・・・こういう問題は。


本土の山の鹿の被害などもそうですが どんなものも生きやすい地球・・そんな星になればいいのになぁ・・・
って思わずにはいられません。

人間と植物、動物、 そして自然の共生。

いろんなことを 考えさせられたトレッキングでした。

by m-kotsubu | 2014-01-19 20:30 |
2014年 01月 15日

小笠原旅行記~ ⑧ ハートロックトレッキングⅠ 

こんばんは♪  寒いですね・・・><

また間があいてしまいましたが、小笠原一人旅の続きを♪


東京を出てから4日め。 島に入ってから3日め。

今日は楽しみにしてた ハートロックトレッキング♪
前日、海から見たこのハート型の岩の上まで トレッキングです。

e0195587_2230882.jpg


時期的に 島に来ている人は少ないようで、この日のツアーは私一人♪
マンツーマンで ガイドしてもらっちゃいました~  ラッキー♪

ガイドのシマさんの車で 登山口まで。
そこで、小笠原についてのレクチャーを受け 軽くストレッチをしてからスタート!

世界遺産である小笠原の ハートロックに行くコースは ガイドさんと一緒でないと入ることができません。
自然保護のため、小笠原は そういった場所がいくつもあります。

まず靴底を綺麗にします。
小笠原の固有種を保護するため、外来種の侵入を防ぐのです。 

e0195587_22334585.jpg


コロコロも置いてあります♪

e0195587_22421294.jpg


これも面白い~^^

山に入った人数を把握するため、こうして石が置いてあって 
自分の該当する石を 歩くコースの筒の中に入れるのです。

石ってところがなんかお洒落♪

e0195587_22474212.jpg


私は 観光の人が入れる白い石を ちひろ岩の筒に入れました。
ちいろ岩=ハートロックです。^^

e0195587_22501846.jpg


では♪ ハートロック目指してGO~!

これ・・・ ギンネムといって、本土のネムノキ版? なのですが
小笠原では 要注意の外来種だそうです。

どんどん増えてしまって 固有種に被害が及ぶのだそうです。
立派なサヤですね・・^^;

e0195587_20161039.jpg


可愛らしい花なんですけどね・・・。

e0195587_20294590.jpg


小笠原の固有種、タコノキの実です。

e0195587_20304359.jpg


e0195587_20353074.jpg


これがタコノキの幹・・・というか 真ん中に幹があって、周りは気根なのだそうです。

e0195587_2036464.jpg


ヤハズカズラ。  固有種ではありません。 外来種です。

e0195587_20381428.jpg


これ、面白いでしょ?  島ではハカラメって呼ばれているそうです。
葉っぱから芽が出るから ハカラメ。^^

e0195587_2042190.jpg


e0195587_20462037.jpg


テリハマボウ。
一日花で、夕方になると花が赤くなってその日のうちに落ちてしまいます。
まだ朝だったので 蕾でした。

e0195587_20463980.jpg


e0195587_20491728.jpg


車を止めた、駐車場辺りを見下ろして・・。
南国っぽい雰囲気♪

e0195587_20493416.jpg


時々、登山道の脇にこんな穴があったりします。
戦争中、軍隊が使っていたのだそうです。 (防空壕ではない)

e0195587_20523369.jpg


ずっとウグイスの鳴き声が聞こえていたのですが・・ 姿を現してくれました♪
本土のウグイスとちょっと違うでしょ?

オガサワラハシナガウグイス というそうです。

e0195587_20554352.jpg


本土のウグイスは、鳴き声はしてもなかなか姿を現してくれないのですが
ここではわりと出てきてくれるようです。
保護されていて 被害にあわないというのを 鳥たちもわかっているようです。
だからよけい、ノネコなどには狙われやすいとか・・・。


こんな感じで 私が写真を撮ったり、いちいち植物についてたずねたりしているので
全然前に進みません・・・^^;

でも、ガイドのシマさんは ひとつひとつとっても丁寧に教えてくれました。

この日のマンツーマンのガイドさんは 私にとってとってもラッキーでした。

一人じゃなかったら こんなに丁寧に教えてもらえなかったし 
写真もこんなに撮れなかった。^^;

シマさんも、写真を撮られる方なので(とってもステキな写真です) 一眼レフをザックから出して
一緒に写真を撮りながら 本当にのんびり歩いてくれました。^^


小笠原の自然 満喫~^^

ハートロックトレッキングは まだまだ続きます♪
(ここまでで 登山道入り口からほんのわずかしか来てない・・・^^;)


※植物の名前等は 私の記憶+ガイドブック等で調べて載せていますが、
 もし間違い等ありましたら ご指摘ください・・・ ^^;

by m-kotsubu | 2014-01-15 23:48 |
2014年 01月 13日

プチ雪山~三ツ峠♪

e0195587_2210256.jpg


e0195587_22103263.jpg


e0195587_2210426.jpg


e0195587_22105041.jpg


e0195587_2212252.jpg


e0195587_22121094.jpg


e0195587_2212181.jpg


e0195587_22123326.jpg


2014. 1. 12  三ツ峠山


真っ白な雪と 青い空。

美しい富士山、南アルプス。


雪山は 美しいな・・・。  


昨日、三ツ峠に行ってきました。

思ったより雪があって プチ雪山を堪能できました~♪



ところで・・・  

More

by m-kotsubu | 2014-01-13 22:40 | 山歩き
2014年 01月 10日

小笠原旅行記~ ⑦ ホエールウォッチング part3 夕暮れ・・そして忘れられない星空

小笠原一人旅~^^

クジラに会った私たち♪
今度はイルカを探しながら船は 進んでいきます。

e0195587_22503810.jpg


シュノーケリングができるポイントにやってきました。

巨大ナマコ・・・  苦手な方、ごめんなさい・・・^^;

e0195587_22552596.jpg


ナマコの顔? ^^;

e0195587_22563363.jpg


私は潜らなかったのですが 一緒の船だった女の子を撮らせてもらいました。

キラキラ光る海が綺麗。

e0195587_22572695.jpg


↑ ↓ この2枚は お気に入りのショット ^^

e0195587_22574177.jpg


船で配ってくれたパンくずを投げると、ちょっとのぞいただけでも こんなに魚が寄ってきます。

船の上で 水面が覗ける拡大鏡?? みたいなのを覗いてみたのですが すごい!

水もとっても綺麗で 魚がいっぱいで・・・。

いいなぁ~♪
私は泳ぎだけは ちょっと苦手なのですが シュノーケリングしてみたいな~♪

e0195587_22583639.jpg


少しずつ、陽が傾いていきます。

e0195587_2331359.jpg


e0195587_2332489.jpg


イルカを探しながら、船は港へと戻っていきます。

e0195587_2353432.jpg


e0195587_2363339.jpg



e0195587_2364717.jpg



e0195587_23102842.jpg


e0195587_237162.jpg


揺れる船の上で 暮れていく空を眺める・・・ なんて贅沢でステキな時間。

e0195587_2381162.jpg


戦争中 船が座礁したポイントへ連れて行ってくれました。

e0195587_23104016.jpg


形を残したまま こんなふうに残っているなんて・・・

e0195587_2314568.jpg


なんだか胸がきゅんとする 静かで美しい夕暮れ・・・。

冷たくなってきた風に吹かれながら この瞬間を心に刻んでおきたくて シャッターを切っていました。

e0195587_23151645.jpg


おがさわら丸。

もうすぐ港に着きます。

e0195587_23152915.jpg


到着~

今日、私たちを運んでくれたドリームⅡ号と船長さん。 どうもありがとう。^^

e0195587_23172278.jpg


おまけ♪

宿に帰る途中で出会った イソヒヨドリ♪

e0195587_23203224.jpg



この日、とうとうイルカには出会えなかったけれど 
どこまでも続く青い空と青い海、静かな夕暮れの色 そして迫力あるザトウクジラ・・・
みんなみんなステキな思い出。


そして、この日の夜 ナイトツアーへと出かけました。

ナイトツアーでは、シュノーケリングの写真を撮らせてもらった女の子たち3人と偶然一緒でした。


この時の写真はないのですが この時見た星空は 本当に素晴らしかった・・・。

こんなに星ってあたんだ・・・・ って。

星を見ながら、ガイドのシマさんが 星座を教えてくれたり。
天体望遠鏡も見せてもらいました。

木星を天体望遠鏡で見たときは 感激~!
木星のストライプが見えるんですよ!   すごい~!!


そのあと、結局オガサワラオオコウモリには出会えなかったけど この夜の星空は ほんと忘れられない・・・。 

More

by m-kotsubu | 2014-01-10 23:43 |
2014年 01月 07日

小笠原旅行記~ ⑥ ホエールウォッチング part2 クジラとの出会い

仕事も始まり、ちょっと忙しくて更新ものんびりになりますが またお付き合いいただけたら嬉しいです。


小笠原一人旅の続き・・・^^

クジラを探して 私たちは海の真ん中にいました。

青い海と空、時々現れる小さな島。  ほかにはなにもない。

日が当たると水平線まで 海がキラキラ光って見えます。

e0195587_2013432.jpg


なんだかゾウみたい・・・^^

e0195587_2017672.jpg


e0195587_20182694.jpg


カツオドリが飛んでいきます。

e0195587_2018431.jpg


波は荒く 船は結構揺れていましたが、もうその揺れにもすっかり慣れて
私は 船の前方で、立ってクジラを探していました。

e0195587_20194689.jpg



何回か 遠くのほうで、クジラのブロウと小さな姿を見つけたりしながら 船は進んでいきます。

そして・・・ 何回めかのブロウを見つけたあと 
船長さんの指示に従って 私たちは9時の方向を見つめ クジラが現れるのを待っていました。

そして・・・どのくらい待ったかな・・  数分だったような気もするし、数十分だったような気もします。

いきなりその大きな姿が 船から わずか5メートルくらいのところに現れたのです。

以下はその時の証拠写真。

e0195587_20212438.jpg


e0195587_20274529.jpg


e0195587_2028096.jpg


e0195587_202957.jpg


e0195587_20292184.jpg


e0195587_20293385.jpg


夢中でシャッターをきりましたが 相手はもちろんじっとしてくれるはずもなく・・・
揺れる船の上では 私の腕とたいした望遠もないカメラでは ここまでが精一杯。^^;

なにせ、姿を見せてくれるのは ほんの2,3分。

小笠原の旅にも、迷ったあげく OM-Dを持っていったのですが
この時はさすがに 一眼レフと300mmの望遠レンズ持ってくればよかったなぁ・・・ と思いました。^^;

が、まぁ なんとか撮れたので。^^;


でも・・・たとえ撮れなかったにしても、その大きな迫力のある姿は ちゃんと胸に刻まれました。

ほんと感動でした。
こんな近くで クジラが見れるなんて・・・。

ジャンプしてくれれば もっとよかったのだけど・・
そこまでクジラも サービス精神がなかったようです~(笑)

e0195587_20402558.jpg



ちなみにこの時期 小笠原で見られるクジラは ザトウクジラ。

夏場は北極海などで過ごし、冬場(12~5月)になると 繁殖、出産、子育てのために
この温かい小笠原の海に回遊してくるのだそうです。

12月は ザトウクジラが現れ始める時期。

これから先、もっとたくさんのクジラに出会えると思いますよ♪   ぜひ! ^^

More

by m-kotsubu | 2014-01-07 20:50 |
2014年 01月 05日

初詣&バースデー登山 by 筑波山

2014年 登り始め~^^

昨日 初詣と山友のバースデー登山を兼ねて 筑波山まで行ってきました。

私は筑波山は 3回目かな。
一度は 山始めた頃、ソロで来ています。

バースデー登山・・・っていうのは 
1ヶ月に一度くらい一緒に山に登っている山友4人(私含め)で決めたイベント?で
自分の誕生日の月に自分の登りたい山を決めて その山でみんなでバースデーをするっていうお楽しみ登山です。^^

今回から始まったこのイベント♪

トップバッターは 1月生まれのA子ちゃん。

実は A子ちゃんの行きたい山は ほかにあったのですが・・・
1月にみんなで揃って行ける日が 昨日しかなくて 初詣もしたい・・・という希望もあっったため
初詣とバースデーを兼ねて 筑波山にしてもらっちゃいました~^^

今回は 特別ゲストでCちゃんの息子さんの 小学校5年のTくんも参加。

4人+Tくんの 5人での山行となりました~^^

まずは筑波山神社にお参り~♪

今年の安全登山と、それぞれのお願いをこめて。

e0195587_1241294.jpg


今回のコースは 御幸ガ原コースで、御幸ガ原から男体山、女体山へと登り
白雲橋コースで筑波山神社へ下山 というコース。

e0195587_12463351.jpg


登山道は そこそこ人がいました。

あと、たぶんトレーニングだろうと思うのですが どこかの高校の野球部が、ずっと走って登ったり下ったりしてました。
恐るべし 若者たち・・^^;

なので、かなり賑やかだったのですが 高校球児たちは、すれ違うたびにしっかりと挨拶してくれたので
気持ちよかったです。

やがて 男女川へ到着~^^  (途中かなり省略~^^;)

実は私は 百人一首マニア♪
今でもたぶん、上の句の最初を言われれば ほとんど全部言えるかな。

この句も百人一首ではお馴染みの句です。

e0195587_1249545.jpg


御幸が原に到着~^^

e0195587_12565575.jpg


お腹もすいたけど、まずは男体山にちゃちゃっと登っちゃいましょ~^^

で、男体山。

e0195587_12554689.jpg


e0195587_1258337.jpg


男体山からの眺め~

e0195587_12585150.jpg


そして、再び御幸が原へ~

野球部が 勢ぞろいしてました。 お疲れ様~^^

e0195587_12593128.jpg


ここの展望レストランってとこで お昼ごはん。
ほんとは 上の部分が回るらしいのですが 今故障中らしく回ってませんでした~^^;

けんちんうどんを食べました~  美味しかったです。^^


そして 女体山へ~♪

筑波山は、二つピークがある双耳峰なので 男体山、女体山の二つの山頂があります。

e0195587_1343096.jpg


e0195587_1385567.jpg


女体山から♪

女体山の方が、眺めはいいです。

e0195587_1391289.jpg


あれが最初に登った男体山。

e0195587_13121312.jpg


e0195587_13124544.jpg


記念写真~^^

私はどれでしょう? (笑)

e0195587_13134659.jpg


そして 下山途中で、お待ちかねのバースデー♪

ケーキが無事なのが素晴らしい~♪  
持ってきてくれたTちゃん、ありがとー!

で、このあと ろうそくつけてハッピーバースデー歌って クラッカーと三角帽でお祝い~^^

A子ちゃん おめでとう~^^

e0195587_13175876.jpg


コーヒーとケーキでまったりしたあと、下山~^^

e0195587_1323966.jpg


下りてきたところで、綺麗な夕焼けに出会えました。

e0195587_13231713.jpg


e0195587_13253925.jpg



いっぱいしゃべって、いっぱい笑った。

新年にふさわしい、楽しい山行でした。


たった一人で何もわからぬまま、山を始めた私。

それぞれの山で出会った彼女たち3人を誘って 4人で石割山に行った2012年の12月が
このメンバーで初の山行でした。
忘れられないあの時の石割山での富士山。

あれから何回も一緒に山に行き いつもいつもほんと楽しかった。

それぞれ、仕事に追われ、忙しい日々を過ごしているけど こうして山で会うといつも子どもに戻ったようにはしゃいで
同じ景色に感動したね。

みんなに出会えて、ほんとよかったと思っています。

これからも たくさんの思い出 作っていこうね~^^

e0195587_13273828.jpg


by m-kotsubu | 2014-01-05 13:45 | 山歩き