空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 26日

奇跡の北岳~2年越しの片想い ④朝陽

e0195587_196428.jpg


e0195587_1982671.jpg


e0195587_1983832.jpg


e0195587_1985275.jpg


e0195587_1991014.jpg


e0195587_1991977.jpg


e0195587_1991395.jpg


e0195587_19101198.jpg


e0195587_19105717.jpg


e0195587_1911115.jpg


e0195587_19113442.jpg


e0195587_1915053.jpg


e0195587_19145296.jpg


e0195587_191566.jpg


e0195587_19152264.jpg


2014. 7. 6 北岳肩の小屋にて


山で朝を迎える時、いつも思うのは 太陽の偉大さだった。


暗くて寒くて震えそうな夜がだんだんと色づいていき

暖かい光が辺りを満たしていく。


そして 気温がどんどんあがっていく。


空は美しい色に燃え やがて静かな色をとりもどしていく。


夜が明ける・・・。


それは美しくて尊くて 胸がいっぱいになる瞬間だった。

More

by m-kotsubu | 2014-08-26 19:44 | 山歩き
2014年 08月 21日

谷川岳の朝

e0195587_20484739.jpg


e0195587_20485625.jpg


e0195587_205878.jpg


e0195587_20593674.jpg


e0195587_2058146.jpg


e0195587_2194782.jpg


e0195587_2185431.jpg


e0195587_2191212.jpg


e0195587_21105859.jpg


e0195587_21125100.jpg


e0195587_21113581.jpg


e0195587_2111426.jpg


2014. 7. 21  谷川岳


当たり前だけど・・・

空の色はいつも同じではなくて 

朝焼けの色も 二度と同じものはない。


移ろう時間は儚く、美しい色も儚い。


だから その色は心に残るのかもしれない。

いつまでも。




この日、見た朝焼けは なんだかとっても優しい色でした。

今にも溶けてしまいそうな。


やがて・・・ 朝焼けの色は 蒼に溶けていき・・・また新しい朝が始まるのでした。



空には小さな三日月が浮かんでいた。

なんだかそのことを ぼんやりと覚えている。

More

by m-kotsubu | 2014-08-21 21:58 | 山歩き
2014年 08月 19日

奇跡の北岳~2年越しの片想い ③朝焼け

e0195587_20281866.jpg


e0195587_20282734.jpg


e0195587_20283523.jpg


e0195587_20285787.jpg


e0195587_2029334.jpg


e0195587_20302083.jpg


e0195587_20303119.jpg


e0195587_20313940.jpg


2014. 7. 6 北岳肩の小屋にて


夜が明ける。

やさしい色に染まっていく空。

浮かび上がる富士山。  これから登る北岳。


ガスが流れ 空の色をあっという間に変えていく。


やがて登る真っ赤な朝陽。



息をとめて 言葉もでないまま その光景を見ていた。

変わりゆく空の色を残したくて 夢中でシャッターを切っていた。


それは・・ 雨の中登った私たちへの 最高のプレゼント。


今でも、この時のことを思い出すと、胸がいっぱいになって 泣けてきます。

私が今まで見た中で 一番って言えるくらい美しい朝焼けでした。

More

by m-kotsubu | 2014-08-19 21:13 | 山歩き
2014年 08月 18日

剱 撤退

e0195587_22462410.jpg

大観峰にて 


e0195587_22463240.jpg

室堂にて



e0195587_22464073.jpg

剣御前小舎にて


e0195587_22465658.jpg




e0195587_224718.jpg

黒部ダムにて

e0195587_224783.jpg

黒部ダムにて 立山三山



夕方 立山から戻りました。

私が今年の夏に目標にしていた山、剱岳。
悪天候のため撤退。


出かける前から 予報を見てわかってはいました。


きっとはるか富山まで行って 私の夢は破れるだろうって。

でも、もしかしたら・・・って ほんのちょっとだけ望みを抱いて行ったのですが 
やはり 私の想いは砕けました。


まぁ・・・しかたない。  

ちょっと悔しいけど、たぶん私にはまだまだ早かったのだと そう思います。


夢はそんなに簡単に叶うものではないのです。 きっと。


山を越えた黒部ダムは 綺麗に晴れていて・・・ 青空を映し
あんなに近くにいた 立山三山が、もうはるか遠くに見えたとき あぁ・・終わったなぁ・・・って思いました。

今年の私の夢は 叶わなかったけれど でも、また来年リベンジすればいいんだ。


来年ダメだったら またその次。


夢は叶えるもの。  自分の力で叶えるもの。

いつか、きっと。 

More

by m-kotsubu | 2014-08-18 23:28 | 山歩き
2014年 08月 13日

2014 夏山開幕~南アデビュー鳳凰三山 最終章 2日め ドンドコ沢

またまたご無沙汰です・・・ すみません。^^;

夏休みをとっていたこの4日間、北アの某ルートを縦走する予定だったのですが
台風で中止。

台風が去った月、火で 仕切りなおして西穂高に向かったのですが・・・

山はひどい風雨で、結局独標までで撤退。

あぁ・・・ 今年の夏の大イベントだったのになぁ・・・・ って感じです。


今週末も他の大イベント?? が入っているのですが またお天気が怪しく・・・


しかたないですね。  相手は自然。
人間の私たちが太刀打ちできる相手ではないのです。

山は楽しむもの。  危険を冒して挑むものではない。^^


さて・・・ すごーくすごーく間があいてしまって今更なのですが。 (6月だし・・・^^;)

旅を終わらせなければならない。


鳳凰三山のラスト、下山です。
(前回は こちら です。)


オベリスクに別れを告げて、鳳凰小屋を経て ドンドコ沢ルートで下ります。

e0195587_19591719.jpg


バイバイ~  オベリスク♪

e0195587_2004258.jpg


このルートは 滝が次々に出てきます。

五色滝

e0195587_2014928.jpg


キバナノコマツメ

e0195587_2033498.jpg


イワカガミ

e0195587_2061898.jpg


白糸滝

e0195587_2065295.jpg


e0195587_208176.jpg


倒れたままなのが なんとなく南アっぽい・・・^^;

e0195587_20102452.jpg


緑の中 レンゲツツジの紅が鮮やか~^^ (6月です・・・^^;)

e0195587_20111277.jpg


e0195587_20121970.jpg


南精進滝

e0195587_2014022.jpg


e0195587_2015960.jpg


e0195587_20152195.jpg


ウツギ

e0195587_2017152.jpg


オオカメノキ

e0195587_20175021.jpg


マンネングサ?

e0195587_20185261.jpg


e0195587_20224674.jpg


ミヤマキンバイ・・・かなぁ・・・?

e0195587_2023157.jpg


なんとなく下界が近づいてきた感じ。

美しい南アの原生林も そろそろ終わりかな・・・^^;

e0195587_20253113.jpg


e0195587_2026830.jpg


ゴール! ^^   長かった~

e0195587_2027267.jpg


青木鉱泉にて温泉~^^

e0195587_20295716.jpg




こうして 私の2014年の夏山初め、南アデビューの鳳凰三山の旅は終わりました。

1日めは 高山病でヘロヘロだったけど
この時以来、高山病にもならずになんとか登れているので 
今になって思えば、この時の経験は役に立っているのかなぁ・・・ と思います。

コーラもいつも持ってってるし~(笑)


南アはステキです。

長いけど・・・いつまでたっても辿り着かない気がするけど・・・
でも、なんていうのかな。
人の手があまり入っていない気がして。

北アの整備された登山道とは また違う美しさ。


思えばこの時から 7月は、南アに行きまくったなぁ。

北岳、仙丈ケ岳、甲斐駒と。


次の南アは いつになるだろう。

来年かな・・・?   それまで、南アのこの美しい原生林に心を残したまま 過ごそう。

そしたら また戻ってこれる気がするから。



                                               終わり。


P.S  6月14日~15日の山行です。

by m-kotsubu | 2014-08-13 20:47 | 山歩き
2014年 08月 06日

奇跡の北岳~2年越しの片想い ②奇跡の夕暮れ

何・・・ この景色・・・。


外に出た私たちは 息を呑みました。


暮れていく空、まるで生きているかのように流れていく雲。

こんな景色 見れると思わなかった・・・。


それは 雨の中3000mまで登ってきた私たちへの、素晴らしいプレゼントでした。



e0195587_21102440.jpg


e0195587_21103825.jpg


e0195587_21104763.jpg


e0195587_21105980.jpg


e0195587_21111722.jpg


e0195587_21113143.jpg


e0195587_2112155.jpg


e0195587_21122897.jpg


e0195587_2113729.jpg


e0195587_21131726.jpg


北岳にて


雨の中、小屋につき 夕ご飯も早々と食べてしまい、話しながらビールを飲んでいたのですが
だんだん眠くなってきて 7時前に私たちは 布団に入って寝る用意をしていました。

その時周りが騒がしくなって、小屋にいた人たちが次々に外へ出ていきます。

まさか・・・

そう思いながらも、布団から出てカメラを片手に外へ出た私の前にこの光景が広がっていました。



夢中でシャッターをきったな。


本当に本当に美しくて・・・ それは奇跡の光景でした。

さっきまで 雨が降っていたのに・・・。


この時のことを思い出すと、今でも胸が熱くなります。



山は・・・ いつも私に 奇跡を見せてくれる。

More

by m-kotsubu | 2014-08-06 21:43 | 山歩き
2014年 08月 04日

甲斐駒 黒戸尾根~ 後半

ということで・・・後半いきます。

書かないといつになるかわからないので・・・^^;


次の日、朝4時起床。 富士山が朝焼けに染まっていきます。

e0195587_21291568.jpg


e0195587_21292758.jpg


朝の光りに浮かぶ鳳凰三山。

e0195587_2131819.jpg


e0195587_21311642.jpg


用意をして 5時過ぎに山頂へ向けて歩き始めます。

すごい・・・八ヶ岳が雲の上だ・・・^^

e0195587_21331181.jpg


e0195587_2135964.jpg


e0195587_21354897.jpg


こんなに完璧な八ヶ岳 久しぶり~

これが見れるから、やっぱり山はやめられない~^^

e0195587_21355715.jpg


目指す山頂は まだまだこの奥・・・姿を見せてくれません。

高山病体質の私は どうしても高度が苦手で
標高1500mくらいを超えるとかなり息苦しくなって 登るのもしんどくなります。

たぶん、標高の低い場所ではなんでもない登りも 倍くらい疲れる気がする・・・
なので、このあたりの登りはかなり試練でした。

e0195587_21385372.jpg


鳳凰三山と富士山

e0195587_2140128.jpg


あっという間に雲に隠れていきます。

e0195587_2140102.jpg


e0195587_21445067.jpg


e0195587_2145299.jpg


写真は撮りませんでしたが 山頂近くはかなりの岩場。
小さい私は クサリに頼って気合を入れて登らなければならないところ結構あったりして・・・^^;

そしてやっとやっと山頂~^^

e0195587_21455057.jpg


e0195587_21485694.jpg


e0195587_2149512.jpg


そして・・・ここからが またまた苦行の始まりでした・・・^^;

e0195587_21501365.jpg


e0195587_21502380.jpg


e0195587_21522341.jpg


この先・・・はるか彼方に見える魔利支天、駒津峰、双児山・・・と歩いていかなければならない・・・^^;

e0195587_21523237.jpg


e0195587_2156466.jpg


で、やっと魔利支天。

e0195587_2156167.jpg


あそこを越えていくんだよ・・・ はぁ・・・^^;

e0195587_2156498.jpg


ザレた砂地や岩場を黙々と歩いていくのです・・・
まぁ・・・景色がいいのが救い。

e0195587_21565520.jpg


e0195587_221633.jpg


そして駒津峰

e0195587_2211433.jpg


双児山。

e0195587_2212175.jpg



なんなんだよ~  この登り返し・・・

私としては 黒戸尾根より、この山頂からの縦走のほうがキツかったです・・・^^;


そして、北沢峠に下山~  長い長い旅が終わりました。

More

by m-kotsubu | 2014-08-04 22:11 | 山歩き
2014年 08月 04日

甲斐駒 黒戸尾根~ 前半

またまたご無沙汰しております・・・^^;

たまりにたまった写真もなかなかアップできぬまま、
平日は時間に追われ休みになると山へ出かける日々・・・

またここでアップをサボるとずっとそのままになりそうなので とりあえずアップします。

土日で行ってきた 甲斐駒、黒戸尾根です。


日本三大急登。
そうとうキツイとか 危ないとか・・・さんざん脅されてちょっとビビリながら臨んだ黒戸尾根でしたが
思っていたのとは全然違う。


そりゃ、楽ではなかったけど キツかったけど そこには、美しい南アルプスの原生林がありました。


e0195587_19575791.jpg


e0195587_1958675.jpg


e0195587_19581423.jpg


e0195587_19585214.jpg


刃渡り~ あっという間に終わった・・・^^;  怖くないです~全然。

e0195587_2095176.jpg


こんな感じのハシゴ(っていうか階段っていうか・・・)が25回くらい出てきます。
注意して登れば問題なしです。

e0195587_2010334.jpg


刀利天狗

e0195587_20101283.jpg


苔や・・・^^

e0195587_20105714.jpg


可愛いきのこ♪

e0195587_2011489.jpg


e0195587_20111581.jpg


ハシゴの脇に咲く 可憐なクルマユリ

e0195587_2011234.jpg


途中で、かなり激しい雨に降られます。
その雨の中 岩場を登っていくのは 正直ちょっとキツかったけど ほどなく七丈小屋に着きました。

確か・・・小屋に着く手前にクサリもあったような・・・
あんまりはっきり覚えていないので、たぶんそんなに大変ではなかったのかな。

着いたとき土砂降りだった雨もしだいにやみ、小屋のすぐ真ん前には 鳳凰三山。
その脇に小さく富士山も・・・^^

e0195587_20113198.jpg


夕暮れ富士山。

e0195587_20134319.jpg


そして一日の最後に美しい色を残す空。

e0195587_20113886.jpg



雨がひどかったので、テント泊を小屋泊に一度変えたのですが
雨がやんだので テント泊にまた変更~

お昼すぎには小屋に着いたので、午後はテントで昼寝しちゃったりして・・・^^


そして夜もまやもや爆睡~

2日めの朝を迎えます・・・・^^

More

by m-kotsubu | 2014-08-04 21:10 | 山歩き