空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 08月 27日

花溢れる最北の地 利尻礼文へ 最終章~礼文島フラワートレッキング Ⅲ

花と風の島、礼文島の美しい風景… もう少しお付き合いください。

e0195587_08322821.jpg
遥か下に見える港や民家。

この美しい島で暮らす生活はどんななんだろう…と想像してしまいます。
その場所で暮らす人にとっては、この風景もきっとありふれた日常なのでしょうけれど…。

e0195587_08342664.jpg
e0195587_08373629.jpg
鮮やかなハマナス

e0195587_08384275.jpg
風に揺れるイブキトラノオ

e0195587_08402011.jpg


海まで続くエゾニューの群生

e0195587_08412986.jpg

利尻山がうっすらと見えます。

e0195587_08430898.jpg
e0195587_08442709.jpg
e0195587_08450937.jpg

ラストの知床バス停までは、だんだん近づいてくる利尻山を見ながら…
このトレイルが終わってしまうのが、とっても名残り惜しかった。
e0195587_08460363.jpg


礼文島をあとにして、利尻山へと向かうフェリーの中で見た利尻山は、本当に凛々しくて美しかった。

e0195587_08480424.jpg


立ち止まって何度もシャッターを押した、鮮やかで美しい風景。

私の写真では、それを見たまま伝えることができないのがなんだかもどかしく思います。



きっと人の心の中は、たくさんの想いがあるから
見る人によって同じ風景も その人の心のフィルターを通して見えてくるのだと思います。


だから…
同じ風景はひとつとしてなくて、同じ瞬間は存在しない・・そう思うのです。



心の目で見た自分だけの風景は、大切な宝物。


憧れだった利尻と礼文。


この旅は私の心の中でずっと生き続けていて、何かあったときに私を支えてくれる。


そしてこれからも、美しい風景に出会うために 自分らしく 山を歩き、旅をしていきたい…そう思います。



                                        終わり。





# by m-kotsubu | 2016-08-27 09:07 | 山歩き
2016年 08月 17日

花溢れる最北の地 利尻礼文へ ⑥~礼文島フラワートレッキング Ⅱ

花と風の島 礼文島の美しいトレッキングコースを歩いていきます。

e0195587_17125711.jpg

イブキトラノオ

e0195587_17161736.jpg

風が強くて、ガスがどんどん流されていき 一瞬として同じ景色はない・・・

その儚さが美しくて何度も足を止めました。


e0195587_17173946.jpg

小さく見える島は猫岩。

e0195587_17190959.jpg


e0195587_17350600.jpg

フェリーが出ていくのが見えます
e0195587_17352955.jpg
e0195587_17371394.jpg

e0195587_17374442.jpg

うっすらと遥か遠くに見える灯台。

あの場所まで歩いていきます。

e0195587_17380813.jpg

リシリソウ
e0195587_17412668.jpg


e0195587_17443824.jpg

e0195587_17450308.jpg

オニシモツケ
e0195587_17453231.jpg

e0195587_17461287.jpg
e0195587_17463604.jpg
レブンウスユキソウ
e0195587_17465964.jpg
e0195587_17472928.jpg
e0195587_17474600.jpg

全てが完璧に美しくて…なんだか夢の中にいるようで。

ここにいることだけでとっても幸せでした。




# by m-kotsubu | 2016-08-17 17:54 | 山歩き
2016年 08月 07日

花溢れる最北の地 利尻礼文へ ⑤~礼文島フラワートレッキング Ⅰ

利尻に登った次の日、フェリーで礼文島に渡りました。

前の日の予報は曇り/雨
朝もどんよりしていたので、降られてもしかたないかな・・・と半分諦めてはいたのですが・・

フェリーで移動している間にだんだん青空が・・・!
感激~

あの島が礼文島です。

e0195587_15383655.jpg


利尻登山と同じくらい楽しみだった礼文島のトレッキング♪

歩いたのは桃岩展望台~知床(礼文島の地名)へ下る代表的なトレッキングコース。

e0195587_15435881.jpg


e0195587_1544810.jpg


フェリーターミナルからほど近い登山口からしばらくは、樹林帯のような感じの場所を歩くのですが
それが終わるといきなり展望が開け、素晴らしい景色が広がります。

e0195587_15453875.jpg


エゾニュウという礼文島で群生するセリ科の植物とオニシモツケが辺り一面に咲いています。

e0195587_1547348.jpg


下に見える海・・・

空と海のブルーが本当に綺麗で見とれてしまう。

e0195587_15474231.jpg


e0195587_15543276.jpg


道の両脇にはたくさんの花たちが♪

チシマフウロ

e0195587_15543932.jpg


e0195587_15554618.jpg


e0195587_1556436.jpg


ヒロハクサフジかな?

e0195587_15564777.jpg


カワラナデシコ

e0195587_1557656.jpg


レブンウスユキソウ

e0195587_15594416.jpg


フェリーターミナルがもうあんな下のほうに見えます♪

e0195587_161619.jpg



風が少し強かったけど、憧れの礼文島は、憧れていたとおり本当に美しい島でした。

この先、どんな風景や花たちに出会えるのだろうか・・・

わくわくしながら歩きました。


そしてこれから出会う風景は、泣けてしまうくらい美しい風景でした。



                                    

More

# by m-kotsubu | 2016-08-07 15:57 | 山歩き
2016年 07月 31日

花溢れる最北の地 利尻礼文へ ④~利尻花登山 Ⅳ

関東も梅雨が明け、毎日暑い日が続いていますね。

利尻に登ってからもう2週間・・・。  早いな。
続きを書かなくては…^^;

山頂は 登ったときはちょうど青空だったのですが、あっという間にガスが広がり
周りは見えなくなってしまいました。

でも、一瞬でも晴れてくれたから満足!

山頂からのお花畑

ボタンキンバイの群生が見事です♪

e0195587_2022136.jpg


e0195587_2024236.jpg


そろそろ下山。 名残惜しいけど・・・。
下山途中も花を愛でながら♪   
長い道のりだから、のんびり行きましょ。

キバナノコマノツメ

e0195587_20152312.jpg


e0195587_20194797.jpg


雪渓がまだ残っています。

e0195587_2020914.jpg


エゾノハクサンイチゲの群生

e0195587_20223613.jpg


エゾノハクサンイチゲ

e0195587_2023237.jpg


エゾコザクラがまだ残っているかも・・・ってことで、分岐点から沓形コースのザレザレの道をちょっと下ります。
転びそうで結構怖かった ^^;

いくつか見れましたが、もう終わりかけでした。 残念・・・^^;

e0195587_20301575.jpg


また登り返して、鴛泊コースに戻りますが ここもザレた歩きずらい道が続きます。
リシリヒナゲシが可憐。

e0195587_20352274.jpg


ボタンキンバイが一輪だけ近くに咲いていました。

e0195587_20401626.jpg


リシリオウギ

e0195587_20405269.jpg


シコタンソウ

e0195587_2041798.jpg


リシリヒナゲシ・・・ ほんと見れてよかった・・・^^

e0195587_20461811.jpg


e0195587_20463144.jpg


シュムシュノコギリソウのピンク花

e0195587_2047688.jpg


8合目まで下りてきました。  ここで一休み。

海が見える~♪

e0195587_20481774.jpg


e0195587_20483846.jpg


e0195587_20485732.jpg


エゾイチゴ?の実・・・かな?

e0195587_20523452.jpg


ひたすら樹林帯を下ります・・・ 長かった。

やっと甘露泉水まで来ました。
ここで飲んだ冷たい湧き水・・・ ほんと美味しかった。  忘れられない。

e0195587_20555260.jpg



ここからほんの少し歩いてゴール!!


朝4時半に歩き始めて、ゴール16時半。
休憩も入れて12時間の登山でした・・・。

私の登山史上、日帰りでこれだけ歩いたのは初めてかもしれません。


疲れたけど、すごーく充実していたな。


利尻山、長く厳しかったけど 花に溢れる素敵な山でした。


ずっと憧れていた最北の孤峰、利尻山。

海に浮かぶその美しい姿を 私はずっと忘れないだろうな・・・ と思います。

e0195587_2144264.jpg



大好きな北海道の 美しい利尻山。


天候に恵まれ、登れたことに心から感謝します。 



そして・・・ 次の日は花の島、礼文島へと渡ります。


                                              続く。

# by m-kotsubu | 2016-07-31 21:11 | 山歩き