空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:上高地~焼岳 ( 9 ) タグの人気記事


2013年 10月 31日

秋の訪れ by 上高地 Ⅱ 

e0195587_2334692.jpg


e0195587_234638.jpg


e0195587_2345385.jpg


e0195587_237999.jpg


e0195587_2372299.jpg


e0195587_2373453.jpg


e0195587_2374688.jpg


e0195587_2375947.jpg


e0195587_23294342.jpg


e0195587_23301316.jpg


e0195587_23302861.jpg


e0195587_23304414.jpg


e0195587_23305747.jpg


2013. 9. 29 撮影


この写真を撮った時から、もう1ヶ月が過ぎてしまいました。

早いなぁ・・・。 ^^;


秋の気配を感じながら、のんびり上高地を歩いたことが なんだかはるか昔みたい・・・。

色づき始めた木々、水に映る風景、溢れる秋の日差し。


この風景は もう二度と見ることはできない。

だから愛おしいんだよね。 きっと。

by m-kotsubu | 2013-10-31 23:43 | 山歩き | Comments(2)
2013年 10月 26日

秋の訪れ by 上高地

e0195587_2345123.jpg


e0195587_2351995.jpg


e0195587_2353468.jpg


e0195587_2354752.jpg


e0195587_23613.jpg


e0195587_2361460.jpg


e0195587_2363337.jpg


e0195587_2365072.jpg


e0195587_237689.jpg


e0195587_2371820.jpg


e0195587_2373897.jpg


2013. 9. 29  撮影


9月の終わり 色づきはじめる木々。

これから、美しい季節が始まる。

大好きな季節。

色づく季節を追いかけて ずっとずっと山を旅していたい。




9月の終わりのこの頃、上高地の秋は 始まったばかりで 

私は色づき始めた木々を 楽しみながら、大正池まで歩きました。


梓川は光によって色を変え、初々しい紅葉は 朝の光を浴びて輝いていました。


山の秋は本当に短くて 今はもうこの場所も冬支度を始めているのだろうな。


今年は台風が多くて 紅葉をまだ堪能しきれていないけど、低山の紅葉はこれから。


過ぎ行く季節を感じながら 山を歩きたいな・・・♪


※ご訪問 なかなかできずに申し訳ありません。 m(_ _)m

More

by m-kotsubu | 2013-10-26 23:38 | 山歩き | Comments(5)
2013年 10月 24日

上高地の朝

e0195587_2074341.jpg


e0195587_2093293.jpg


e0195587_20234024.jpg


e0195587_2024815.jpg


e0195587_20243020.jpg


e0195587_20251390.jpg


e0195587_20253764.jpg


e0195587_20255439.jpg


e0195587_20263472.jpg


e0195587_20264923.jpg


e0195587_2027661.jpg


e0195587_20271953.jpg


2013. 9. 29  撮影


朝の眩しい光が 辺りを包んで行く。

キラキラ光る梓川の川面。  紅く染まっていく穂高。

昨日登った焼岳。


冷たい朝の空気が辺りに満ちている。

この爽やかで張りつめたような朝の空気が好き。



※・・・・なんだか紛らわしくて申し訳ないのですが これは奥穂高登山の時ではなく
    その前に行った ソロテント泊の焼岳登山の時の写真です…^^;


焼岳に登った翌朝、梓川のせせらぎと眩しい朝日で目を覚ましました。

帰りのバスは午後4時。  時間はたくさんあります。

私はのんびりと大正池まで歩くことにしました。


朝の光の中、静かな上高地を歩くのはとても気持ちがよくて 色づきはじめる紅葉がとっても綺麗だった・・・。

梓川は 光の角度で色を変え 深いその色に引き込まれそうでした。


朝の光と影が織り成す美しい景色。

澄んだ朝の空気。


思い出すと 懐かしくて なんだかじーんとする…。

by m-kotsubu | 2013-10-24 20:46 | 山歩き | Comments(2)
2013年 10月 20日

上高地の夕暮れ

e0195587_2332522.jpg


e0195587_234208.jpg


e0195587_2343464.jpg


e0195587_2354455.jpg


e0195587_2361212.jpg


e0195587_236251.jpg


e0195587_2364052.jpg


e0195587_2365499.jpg


e0195587_237822.jpg


e0195587_2372074.jpg


e0195587_237367.jpg


2013. 9. 28 上高地にて


優しい光が 辺りを包んで行く。

静かで美しい山の夕暮れが始まる。


茜色に染まる雲。

梓川のせせらぎ。

紅く色づいていく穂高の稜線。


夕暮れは いつもちょっとだけ切なくて寂しい。

でも、私は その時間帯がとっても好き。

More

by m-kotsubu | 2013-10-20 23:27 | 山歩き
2013年 10月 20日

初秋の焼岳~下山

またまたご無沙汰です。^^;

雨の日曜日。
ほんと久しぶりに家にいます。 

奥穂高の写真もアップしたいのですが その前に焼岳登山の下山編を~♪
(前回は コチラ
ちなみに9月末の写真です。( 2013. 9. 28 撮影)

焼岳山頂で、心ゆくまで展望を楽しんで 下山~

e0195587_9594977.jpg


噴煙が近くに見えて迫力あります。

e0195587_1012717.jpg


e0195587_1021327.jpg


e0195587_1022160.jpg


私は上高地から登ってきたのですが 下山は中の湯に下る、新中の湯ルートへ。
この時、素直に上高地へピストンすればよかったのですが 
中の湯へ下ったばっかりに 下山後、ちょっと大変だったのですが まぁそれは置いといて・・・(笑)

e0195587_1032098.jpg


いかにも火山らしい光景です。 美しい~

e0195587_1033544.jpg


e0195587_1082423.jpg


青空に噴煙がとてもステキで、何枚も撮ってしまいました。

e0195587_1093780.jpg


e0195587_10111771.jpg


森林限界が終わり、ナナカマドの紅葉が現れます。

e0195587_10114057.jpg


e0195587_10132541.jpg


噴煙もはるか遠くに・・・

e0195587_10134284.jpg


e0195587_101506.jpg



山が色づいていく様子は 本当に美しい・・・

e0195587_10151866.jpg


e0195587_10153494.jpg


e0195587_10193534.jpg


e0195587_10194641.jpg


e0195587_10195696.jpg


色づいていく紅葉のグラデーションも とっても好き。

e0195587_1020762.jpg


樹林帯へ~

森林限界の世界とは全然違う、光と影の美しい世界。

e0195587_1022445.jpg


生き生きとした植物や樹木たちが形成する、瑞々しい世界。

e0195587_10233234.jpg


ガマズミの実♪

e0195587_10253358.jpg


e0195587_10291268.jpg


無事下山~^^

e0195587_10292428.jpg



無事下山したのはよいのですが、この新中の湯ルートの登山口は 
上高地へと戻るバス停のはるか上のほうにあり・・・私はバス停までテクテクと歩くはめに・・・><
(調べてはあったのですが 何年か前にルートが変更になり、バス停まで遠くなってしまったようです。
 何年か前なら、ちゃんと新しい情報を調べなさい・・・って感じですが・・・^^;)

私がテクテク歩いていると、親切な方が車に乗せて中の湯まで行ってくれました。

が、中の湯からも更に歩く・・・
またテクテク歩いていると、今度は温泉のおじさんがバス停まで乗せてくれました~^^

本当にありがたかったです。  ありがとうございました。

こういうツメの甘いところが、私には多々あるので 気をつけなくては・・・・。


そして無事上高地へと戻り、テントでのんびり~♪   
美しい夕暮れを堪能し、梓川の流れを聞きながら寝て清々しい朝を迎え・・・♪

次の日は大正池まで のんびり散歩。

その写真は、またそのうちに・・・^^


焼岳は 美しさと激しさを持つ、良い山でした。

そしてこの旅は 私の心に残るステキな旅でした。


                                      続く♪

by m-kotsubu | 2013-10-20 10:55 | 山歩き | Comments(3)
2013年 10月 09日

初秋の焼岳~山頂まで

また間があいてしまいましたが、焼岳登山の続きです。^^
(前回は こちら


焼岳小屋で一休みしたあと、山頂へと向かいます。

e0195587_19405291.jpg


足元の小さな秋♪

e0195587_1943250.jpg


e0195587_1955632.jpg


ここを歩くのは ほんと気持ちよかったな~^^

e0195587_19553179.jpg


展望台に到着

e0195587_1957249.jpg


e0195587_19582898.jpg


ススキが秋めいてる~^^

e0195587_1959387.jpg


e0195587_2011793.jpg


梓川が見えます。

この風景、見たかったんだ。^^

e0195587_2023398.jpg


果てしなく青い空

e0195587_2055073.jpg


噴煙があちこちであがり、辺りには硫黄の匂いが・・・^^

e0195587_2062877.jpg


e0195587_20104484.jpg


e0195587_2011799.jpg


迫力あるなー^^

e0195587_2011223.jpg


ゴロゴロした岩の間を登っていきます。

e0195587_20132258.jpg


e0195587_20145053.jpg


山頂到着~^^

e0195587_2015892.jpg


山頂にて♪

e0195587_20171265.jpg


e0195587_20272114.jpg


e0195587_20273431.jpg



上高地からの登山道で 会った人は数えるほどだったのに、山頂にはかなりの人がいました~^^;
中の湯から登る人が多かったのかな~

本当に良いお天気で、気持ちよかったな~^^


このあと私は新中の湯ルートで 中の湯に下山するのですが そこには思わぬ落とし穴が~(笑)

そして、下山の途中で 秋の始めのほんのり色づく美しい山を 私は堪能することができました♪


                                   続く♪

by m-kotsubu | 2013-10-09 20:48 | 山歩き | Comments(12)
2013年 10月 07日

梓川

e0195587_2246153.jpg


e0195587_22464827.jpg


e0195587_2247726.jpg


e0195587_2248935.jpg


e0195587_22482894.jpg


e0195587_22484514.jpg


e0195587_2249656.jpg





梓川。

時には激しく、そして時には静かに そして優しく その川は流れていく。


ある場所は明るい瑠璃色。  そしてエメラエルドグリーン。

時間、場所、 そしてたぶん見る人の心によって その川は色を変える。


美しく清らかな流れは 人々の心を癒す。

そして私は その流れに会うために またその場所へ行くだろう。



上高地が好きなのは 梓川があるから・・・そう言ってもいいかもしれない。

本当に美しい流れ。

刻々と表情を変えながら流れていくその川は 私の心を癒してくれます。


この日、梓川の近くにテントを張った私は そのせせらぎを聞きながら寝ました。

疲れてくたくただった私の心は そのせせらぎに癒され、深い眠りへと入っていきました。


なんてステキな夜。  


怖くも寂しくもなかった。  ずっとその流れが私を包んでいてくれたから・・・。


※焼岳登山のレポの続きは そのうち書きます ^^;
 

by m-kotsubu | 2013-10-07 23:08 | 山歩き | Comments(4)
2013年 10月 04日

初秋の焼岳~焼岳小屋まで

焼岳。

夏頃から、なんとなく心にあり 登りたい山でした。

その思いを、今回実現することができました。^^

夜行バスで、朝早く上高地に着いた私は 小梨平にテントを張り サブザックで焼岳登山口へと向かいました。
(まだまだ軟弱テント泊です 笑) 


河童橋と焼岳

e0195587_21272018.jpg


穂高連峰

e0195587_2128098.jpg


焼岳の登山口まで、朝の静かな上高地を歩いて行きます。
全然人いない~  いつのはサルだけ~^^

e0195587_21282964.jpg


e0195587_21345623.jpg


最初は気持ちのいい樹林帯を歩いていきます。

e0195587_2141091.jpg


e0195587_2137790.jpg


e0195587_21415057.jpg


小さな秋♪

e0195587_21421091.jpg


e0195587_21423870.jpg


e0195587_21474353.jpg


ガマズミの実かなぁ~?

e0195587_21475120.jpg


空が青い。 果てしなく青い。

e0195587_21505548.jpg


e0195587_21512923.jpg


e0195587_21532473.jpg


ハシゴを登る~♪

e0195587_21533974.jpg


e0195587_2156203.jpg


e0195587_21563397.jpg


e0195587_21572481.jpg


うっすらと秋の装いをした山はとっても綺麗!

e0195587_215899.jpg


このハシゴはかなり長かった~^^;

e0195587_220425.jpg


e0195587_227383.jpg


e0195587_22711100.jpg


e0195587_2272121.jpg


モンスターみたいな木♪

e0195587_2291212.jpg


e0195587_2294855.jpg


e0195587_2295961.jpg


小屋が見えてきました。  焼岳小屋です。

e0195587_2210857.jpg



この日、上高地から登る人は少なかったのか、4,5人に会っただけ。

私は静かで美しい山を 心から堪能していました。


空はどこまでも青く、秋に移り変わる季節の山はとても美しかった・・・。



                                    続く♪


焼岳(やけだけ)は飛騨山脈の主稜線上にあり、
長野県と岐阜県にまたがる標高2,455 mの活火山で、別名は硫黄岳。 日本百名山に選定されている。

                                     wikiより



by m-kotsubu | 2013-10-04 22:24 | 山歩き | Comments(3)
2013年 09月 30日

秋の上高地~焼岳

大正池から焼岳

e0195587_19445921.jpg


焼岳山頂より

e0195587_19461198.jpg


e0195587_19464137.jpg


e0195587_19465421.jpg


焼岳の噴煙

e0195587_19474852.jpg


山頂付近の色づくナナカマド

e0195587_19495276.jpg


焼岳の秋風景

e0195587_19511784.jpg


テント場からの夕暮れ

e0195587_19523376.jpg


夕暮れの穂高

e0195587_19533094.jpg


梓川支流

e0195587_19535677.jpg


上高地の朝

e0195587_19551100.jpg


上高地の秋

e0195587_19552948.jpg


e0195587_1956612.jpg


梓川

e0195587_19562173.jpg



何から話したらいいのだろう・・・。

300枚近く撮った写真を 何から載せたらいいのだろう。


ほんのり秋の色に染まり始めた上高地は泣きたくなるほど美しく

焼岳は、凛々しく私を魅了し、穂高の山並みは気高く美しかった。


そして大好きな梓川は この日も変わらずに澄んで輝いていた。


私は、一人の時間を心ゆくまで楽しみ 美しいこの場所にまた元気をもらった。


今日は誕生日。

私はこの旅をちょっとだけ早い自分へのプレゼントにしよう・・・そう思った。



土日、上高地へ行き焼岳に登ってきました。

先週の八ヶ岳の続きもアップしたいのですが、とりあえず今日は速報。^^


秋の上高地。  焼岳登山。

いつか行きたいと思っていた 私の今年の小さな夢。

叶えることができてよかった・・・。


また不定期になりますが、写真を少しずつアップしていきたいと思います。


           山が好きだという言葉の中には登頂の楽しみだけでなく、
           山の生物も、山の姿の厳しい美しさも、
           雲や雪のつくり出す変化もみな一緒になっての魅力なのである。

                                槇 有恒


More

by m-kotsubu | 2013-09-30 20:32 | 山歩き | Comments(8)