空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:北海道 ( 7 ) タグの人気記事


2015年 12月 31日

良いお年を~^^

あと数時間で今年も終わりです

なんだかあっという間だったな。


1年間、山を歩き 写真を撮り 自然と触れ合い・・・

そんな1年の中で、私は生きることの意味を探してきたような気がします。


2月 道東で出会った美しい景色とそこで生きる力強い命。

5月 旭川のエゾリスや、ナキウサギとの出会い。

8月 アルプス縦走で出会った野ウサギ・・・。



e0195587_19323686.jpg


e0195587_1933180.jpg


e0195587_19332239.jpg



生きていくこと。

それは時には困難で、辛いこともたくさんあるけれど 

心のままに、時の流れるままに 優しく穏やかな気持ちで これからの人生を歩いていけたらいいな・・・


そう思います。



なかなか更新のままならないこのブログに訪問してくださった皆様に
心からお礼を申し上げます。


ありがとうございました。


良いお年をお迎えください。



e0195587_19465465.jpg




                                              2015年 大晦日  kotsubu

by m-kotsubu | 2015-12-31 19:51 | お知らせ
2014年 05月 29日

北の大地へ~再び・・・

更新も、お返事もご訪問も 全然できずに申し訳ありません。

ここ何日かは 次の旅の準備に追われていました。


明日からまた、北の国へ行ってきます。^^


e0195587_2114652.jpg


e0195587_2115736.jpg


e0195587_21264.jpg


2014年2月 美瑛にて



私を魅了したあの場所も 今は遅く来た春で華やいでいるのでしょうか。


真っ白だったあの風景が、どんな色に変わっているのか 確かめに行ってきます。



一度で心を奪われたあの北の大地に、また会いに行ってきます。



しばらく留守にします。

私の心に映る風景を しっかり記憶してきたいと思っています。


また戻りましたら・・・。 ^^

by m-kotsubu | 2014-05-29 21:14 |
2014年 03月 05日

北の大地から・・・ 富良野 ニングルテラスにて

富良野の『ニングルテラス』 

雪の林の中に ログハウス風の小さな雑貨屋さんがポツリ、ポツリとあって 雰囲気がありました。

ニングルとは 作家・倉本聡氏の著書「ニングル」の作品に登場する
昔から北海道の森に住む身長15cmくらいの「森の知恵者」のこと・・・だそうです。

雪の中に佇むログハウスは ほんとに小さなニングルが出てきそうで可愛らしかったです。

お店の名前も可愛いのですよ♪


ちなみに 「北の国から」 の中で、雪子おばさんが働くのは ここにある「森のろうそく屋」だそうです。

1軒1軒お店を回り 迷った末に、『オルゴールの森』 というお店で、オルゴール付のフォトスタンドを買いました。
切り株風になってて 素朴で可愛いのです♪

オルゴールは、好きな曲を選べたので ♪北の国から♪ にしてもらいました。


e0195587_19243257.jpg


e0195587_19244385.jpg


e0195587_1924553.jpg


e0195587_1925828.jpg


e0195587_19252060.jpg


e0195587_19253066.jpg


e0195587_19254050.jpg


e0195587_19255110.jpg


e0195587_19255870.jpg


e0195587_1926778.jpg



雪の舞う林の中 小鳥が飛び交っていました。

撮ろうと試みたのですが 望遠もなかったためまったく撮れず・・・ 唯一、ラストの1枚のみ

これはシジュウカラかなぁ・・・
たぶん エナガ(北海道だからシマエナガかなぁ・・・?) もいたのでは? と思います。

More

by m-kotsubu | 2014-03-05 19:50 |
2014年 03月 01日

北の大地から・・・ 富良野 ギャラリーフルールにて

富良野のファーム富田♪

ステキな写真館があったので おじゃましました。

撮影も禁止ではなかったので 撮らせていただきました。


e0195587_18362289.jpg


e0195587_18363367.jpg


e0195587_18372932.jpg


e0195587_18374175.jpg


e0195587_18375280.jpg


e0195587_1838962.jpg


e0195587_18382692.jpg


e0195587_18383768.jpg


e0195587_1839394.jpg


e0195587_18391826.jpg



あぁ・・・この場所が、春になり夏になると あんな世界になるんだ・・・。


そこは・・・ 外の真っ白な世界とは 同じ場所とは思えない色彩溢れる美しい世界でした。

感動したな・・・。


北海道には 以前から憧れていて、写真集もいくつか持っています。

でも、こうして近くで見る写真は 写真集とはまた違う魅力で、
私は この風景に心から惹かれました。

北の大地の美しい四季が そこにはありました。


本当に 心から見たいと思った。

そして この時、決心した・・のかもしれない。
(決心・・・なんておおげさだけど・・笑)

もっとちゃんと写真をやろうって。

で、北海道の四季を撮りたいと。



自己満足の世界でいいのです。

趣味の世界だし、自分の心が豊かになればいいのです。 ^^


これからも 美しい場所をたくさん旅をして 心の記憶として写真に残していきたい。

そして 美しい北海道には これから何度も何度も訪れたい。


夢でもいい。

想うだけで 心があったかくなって優しい気持ちになれる。


それだけでもいい。


そして、夢を叶えるために ちょっとずつ、ちょっとずつ日々努力する。


山も旅も写真も 私にとっては大切だから・・・。

More

by m-kotsubu | 2014-03-01 19:18 |
2014年 02月 27日

北の大地から・・・ 富良野にて

e0195587_21122647.jpg


e0195587_21123887.jpg


e0195587_2112517.jpg


e0195587_2113325.jpg


e0195587_21132283.jpg


e0195587_21134323.jpg


e0195587_21135254.jpg



雪が舞う。

真っ白な世界を歩きながら 考えていました。


なんで、ここの雪は こんなにも優しいのだろう・・・って。



今年から、雪山をしっかりやろう と思って、雪山装備も揃え 何度か行ったのですが (軽い雪山ですが・・・)

天気があまりよくない時が多かったからか 

私はやっぱり がっつり歩く雪山には行けないなぁ・・・ と改めて思ってしまった・・・^^;


末端冷え性の私は、雪山用の靴を履いても 足用ホカロン入れても

足の先がどんどん どんどん冷えていき、手の先も冷えていき・・・

そうすると、心まで冷えて固まってしまうのです。

体と心は繋がっているんだなぁ・・・・ って感じる。


どんなに美しい雪山の風景も、冷えて固まってしまった心を溶かすことはできず・・・

私は その美しい風景の中で 固まって動けなくなってしまう・・・。


でも、なんだろ。

北海道の雪は さらさらで真っ白で砂糖みたいで・・・

もちろん標高が低いから 雪山の寒さとはまた違うのだろうけど・・ なんだか優しくて。

ずっと歩いていたいな・・・って思えたりしました。


もちろん・・・私は通りすがりで、そこに住む人にとっては大変な季節なのでしょうが・・。

More

by m-kotsubu | 2014-02-27 22:31 |
2014年 02月 22日

北の大地から・・・ 美瑛にて

e0195587_19184453.jpg


e0195587_1918543.jpg


e0195587_19261318.jpg


e0195587_19262333.jpg


e0195587_19263821.jpg



北海道へ飛んだ日から もうすぐ一週間。

あの北の大地を 想う気持ちは、私の中でさらに強くなっていきます。


晴れた日の美瑛の風景に会いたくて・・・

ダイアモンドダストや サンピラーと呼ばれる太陽柱。

憧れて、憧れて・・・   私は今日もあの風景を思いだします。


東京の道端に残る雪を見ながら あの真っ白な北の国を思います。


北海道から戻り、私の中には 今までと違う感情が現れました。

More

by m-kotsubu | 2014-02-22 20:01 |
2014年 02月 18日

北の大地から・・・ プロローグ

e0195587_21565016.jpg


e0195587_21565798.jpg


e0195587_2157548.jpg


美瑛にて


白とグレー・・・ 色のない世界。

それなのに、心が惹かれるのは どうしてなんだろう・・・。



夕方、北の国から戻りました。

今回の旅は 母と、小樽に住んでいる妹夫婦と甥っ子との旅でした。


出発する前日は あの前代未聞の大雪が降った日。

飛行機も飛ぶかどうか、わからないまま羽田に行きました。


運よく、私たちが乗る旭川行きの便は 飛ぶことが決まり、かなり遅れて北海道へと飛びました。


テレビもなく、情報網もなく・・(ツイッターもほとんど見ていなかった)  
あの大雪で山梨や群馬、埼玉の一部の地域などが孤立状態になっていることを 
私は次の日の朝、知りました。

その時の気持ち・・・


あの震災のとき、感じた気持ちと同じでした。

自然に抗うことはできず、人はやっぱり無力で、私はさらに もっともっと無力でした。



でもね。 私の重い気持ちを、おおらかな大地が癒してくれた。

北の大地は 寒くて厳しい冬だったけど、どこかあったかくて優しさに満ちていました。


それは、厳しい冬を乗り越えて 新しい季節を迎えるこの土地が持つ包容力なのかな・・・。

大きな大地が 私を優しく包んでくれているような そんな感じでした。



吹雪の中を歩きながら 私はこの土地に心から惹かれているのを感じていました。



※ご訪問、お返事が遅れています。すみません・・・。

by m-kotsubu | 2014-02-18 22:32 |