空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:富士山 ( 30 ) タグの人気記事


2012年 11月 05日

2012 夏! 富士登山  最終章   私の富士登山

ご訪問ありがとうございます。^^

当ブログは、私が旅した山の記録&写真で綴る夜中のヒトリゴトです。

山行記録は、諸事情によりランダムに載せていますのでわかりずらいかもしれませんが
右下のタグから山の名前をクリックしていただけると 
同じ山のレポを続けて見ることができますので よろしくお願いいたします…^^
 


☆ただいまUP中の山
     ★北アルプス       白馬岳
     ★富士山         富士山
     ★上州           嵩山
     ★八ヶ岳(周辺)     北横岳&入笠山  硫黄岳 
                   麦草峠→白駒池→高見石→麦草峠 + 吐竜の滝&乙女の滝
                   稲子湯→みどり池(しらびそ小屋)→中山峠→にゅう→白駒池→麦草峠 



☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。



富士山
(前回は コチラ


長くなりましたが、今回で 2012年富士登山のレポを終わりにしたいと思います。

レポの最後に、お気に入りの写真何枚かと 
私の富士登山の感想を書きたいと思います。

読んでいただければ幸いです。^^


吉田口に向けて、これから長い長い下りです。

ここで、いったんツアーは解散し それぞれのペースで時間までに5合目のバスに戻ることになります。

もう迷うところはないし、
下りなので 自分のペースで下ったほうが、負担が少ないからということです。

1
e0195587_19481693.jpg


飛行機雲! ^^

2
e0195587_19491098.jpg


3
e0195587_19493539.jpg


山中湖がだんだん近くなってきます。

4
e0195587_19572525.jpg


5
e0195587_19583617.jpg


6
e0195587_2013432.jpg


雄大な景色を見ながら…でも、この下りはかなりしんどい・・><

7
e0195587_202956.jpg



8
e0195587_2034783.jpg


9
e0195587_2041448.jpg


暑いうえに、永遠かと思うほど長い下り…。

足は痛くなるし、集中力もなくなる。><
途中から、写真ももう撮る気力がなくなるほど、疲労困憊でした。

そしてやっと、5合目の吉田口の登山道入口までたどり着いた時は ヘロヘロでした~><

でもって、ここからまた 5合目の広場(お土産屋さんなどがあるところ)までも遠いんですよね。^^; 

10
e0195587_2043882.jpg


こうして、私の富士登山は終わりました。


では、もう載せたものですが お気に入りの写真を何枚か…^^

雲の中、山頂を目指す登山者たち

11
e0195587_20134739.jpg


青い青い空

12
e0195587_20151362.jpg


影富士

13
e0195587_201542100.jpg


日の出直前、真っ赤に染まる空

14
e0195587_20181771.jpg


朝焼け

15
e0195587_20195161.jpg


幻影

16
e0195587_20213281.jpg



憧れていた富士山の頂上。
そこに立つのは、私にとってそう簡単なものではありませんでした。

一番辛かったのは やっぱり高山病かな。


富士登山は、体力勝負です。
3,776mは 思うより遥かに高く、長いものでした。

富士登山は 紛れもなく登山なのですが それと同時に、お祭りなのだと私は思います。

『富士山に登る』という、イベント。
(登山者の集中する時期に登ったからだと思いますが)

そして、そのイベントに参加したご褒美が あの美しい光景であるのだと…。


もう一度登りたいか…
そう聞かれたら、ちょっと迷うと思います。

高山病さえクリアできれば もう一度行きたいかな。

でも、あの美しい光景は もう一度見たい。

だから、もしかしたら何年かしたら また登るかもしれません。


晴れて空気の澄んだ日に、私の家のベランダから富士山が見えます。

ビルとビルとの間にほんのちょっとですが もう雪をかぶって美しい姿です。

実際に登る富士山は、美しいだけではなく 荒々しく、岩だらけだけど、
富士山は紛れもなく 日本一の山なんだな…と思います。

あのてっぺんに立ったんだ…という思いは たぶんこれからも私を励ましてくれると思う。

辛いことがあった時、あの時のことを考えて頑張れる。 そう思います。


ある本に出ていた 私の好きな言葉を…。


山の時間は 街とは違う。
それは、前へ前へとしっかりと進む力を与えてくれる。



富士登山に限らず、登山は多くのことを教えてくれます。

忘れていた大切なことを たくさん教えてくれます。


最後に 富士山登頂ガイドより。


地上ではまるで想像できない、奇跡のような光が 雲上の世界にあるという。
そこは 神々の棲む所からもそう遠くはない場所。
ニッポンの天井3776m。
富士に登った人だけが体験する、荘厳な光と影の世界。
まぶたに記憶されるその残像は、地上に戻ってからも人の心に宿るのだろう。



追記
 山小屋の方たち、一緒のツアーだった方たち、ガイドさん、トレーニングで一緒だった方たち…etc。
 そして、一緒に登ってくれた友。
 富士登山を通して出会った人たちに 心から感謝します。
 


                        終わり。



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 8 . 24 ( 金) ~25(土) 晴れ  PHOTO by kotsubu (OM-D, FT3)

by m-kotsubu | 2012-11-05 19:00 | 山歩き
2012年 10月 29日

2012 夏! 富士登山 (9)   下山~幻影

ご訪問ありがとうございます。^^

当ブログは、私が旅した山の記録&写真で綴る夜中のヒトリゴトです。

山行記録は、諸事情によりランダムに載せていますのでわかりずらいかもしれませんが
右下のタグから山の名前をクリックしていただけると 
同じ山のレポを続けて見ることができますので よろしくお願いいたします…^^
 


☆ただいまUP中の山
     ★北アルプス       白馬岳
     ★富士山         富士山
     ★上州           嵩山
     ★八ヶ岳(周辺)     北横岳&入笠山  硫黄岳 
                   麦草峠→白駒池→高見石→麦草峠 + 吐竜の滝&乙女の滝
                   稲子湯→みどり池(しらびそ小屋)→中山峠→にゅう→白駒池→麦草峠 



☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


富士山
(前回は コチラ


またまた夏にしばしタイムスリップ! ^^;

富士山頂にて、無事ご来光を迎え 美しい光景を堪能したあと
ショップでちょっとお買い物♪

もちろん富士山バッジとバンダナ、それからキーホルダーを購入。
(山頂でしか買えないものなので、宝物です ^^)


そしてちょっと名残り惜しいけれど下山します。

体調は…少しはよくなっていたけれど やっぱりふらふらしてました~><


下山途中で見た光景は、それはそれは幻想的で美しいものでした。
 
1
e0195587_19103665.jpg


2
e0195587_19172841.jpg


3
e0195587_19174898.jpg


今まで登ってきた道の壮大な風景も ご来光の光景も、どれも素晴らしかったけど
一番感動したのは この光景かもしれません。

この世のものとは思えないような美しい色に染まる山々。
遠くに見える雲。

美しい光景を見た時は 言葉を失くす。  

まさにそんな感じで 私は呆然としてただシャッターを押していたと思います。
 
4
e0195587_1918721.jpg


5
e0195587_19181916.jpg


泊まった山小屋のある本八合目まで戻ってきました。

私はここにたどり着く少し手前でも また気持ちが悪くなり、
しゃがみこんだりしながらなんとか到着しました。

たぶん…この時の気持ち悪さは 高山病に加え、ほとんど物を食べていなかったせいだと思います。

下山する前に、夜の間に渡されたお弁当を食べる時間を設けられたのですが
私はやっぱりご飯を受けつけられず…
(お腹は空いているのに、お米が食べられないのです)

このままでは下山できない・・と思ったので 山小屋でおでんと煮込みをたのんで食べました。
(こういうものだったら なんとか食べられました。 
 おでんと煮込みなんて、なんだか酒呑みみたいなメニュー 笑)

あ、あと バナナを売っていたので、バナナを食べました。

6
e0195587_19241033.jpg


夜はすっかり明け、今日もいい天気!

食べたら落ち着いてだいぶ元気になりました~^^

7
e0195587_19324879.jpg


気をとりなおして、さぁ 下山です! 

8
e0195587_19335966.jpg


下山は 砂埃の舞う登山道をひたすら下ります。

今後、富士登山に行かれる方のために…
下山道では マスクとサングラス、必須です。
あ、あとスパッツもつけたほうがいいですね。(晴れている場合は…ですが)

この砂埃はかなり強烈です。

ちなみに私は マスクもサングラスもしてましたが 
下山して寄った5合目のお土産屋さんのおばさんに
「顔が真っ黒だから洗ってきなさい」と言われ かなり恥ずかしかったです…><

9
e0195587_19361617.jpg


10
e0195587_19362724.jpg


11
e0195587_19424049.jpg


素晴らしい光景の中を下って行くのは気持ちがいいのですが…

この下山は かなり長くてバテますねぇ…^^;
膝にもくるし。

12
e0195587_19425332.jpg


13
e0195587_19463229.jpg


14
e0195587_19464880.jpg


15
e0195587_194726.jpg


スバルライン5合目は まだ遥か彼方です…^^;

16
e0195587_19471472.jpg



というわけで、今回で終わりになるかと思ったのですが…^^;

次回もう一度、富士登山にお付き合いください。


ラストは 私の富士登山の感想と今までのお気に入りの写真を何枚か絡めて
UPしたいと思います。

 

       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 8 . 25 ( 日 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (OM-D, FT3)

by m-kotsubu | 2012-10-29 19:00 | 山歩き
2012年 10月 19日

2012 夏! 富士登山 (8)   ご来光~^^

ご訪問ありがとうございます。^^

当ブログは、私が旅した山の記録&写真で綴る夜中のヒトリゴトです。

山行記録は、諸事情によりランダムに載せていますのでわかりずらいかもしれませんが
右下のタグから読みたい山をクリックしていただけると 
同じ山のレポを続けて見ることができますので よろしくお願いいたします…^^
 


☆ただいまUP中の山
     ★北アルプス       白馬岳
     ★富士山         富士山
     ★浅間          東籠ノ登山~池ノ平湿原
     ★上州          嵩山
     ★八ヶ岳(周辺)     北横岳&入笠山  硫黄岳 
                   麦草峠→白駒池→高見石→麦草峠 + 吐竜の滝&乙女の滝 



☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


富士山
(前回は コチラ


しばし、夏にタイムトリップします…^^;

富士山頂で迎えたご来光です。

1
e0195587_19512190.jpg


反対側?の空の色も とっても綺麗でした。

2
e0195587_19522262.jpg


3
e0195587_19551667.jpg


4
e0195587_19553455.jpg


5
e0195587_19565694.jpg


雲海も、朝日の色に染まっていきます。

6
e0195587_19574491.jpg


それは、本当に美しい自然のショーでした。

7
e0195587_1958181.jpg


私は、高山病でふらふらで 予定していたお鉢巡りは諦めたのですが
時間があったので、ガイドさんがお鉢巡りをしない人たちを 少しだけ連れて行ってくれました。

8
e0195587_2033018.jpg


遠くから見るとあんなにも美しい富士山ですが 
実際はこんなに荒々しい光景なのですね…。

9
e0195587_205246.jpg


10
e0195587_206461.jpg


わかりずらいですが お鉢巡りをしている人たちが 豆粒のように見えます。

11
e0195587_2091034.jpg



もし、再び登る機会があったら 体調を整えて、お鉢巡りしたいなぁ~^^

そして山頂から山小屋に一度戻るのですが 
そこで私は あのとっても美しい光景に出会うことができるのです。



                           続く♪



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 8 . 25 ( 土 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (OM-D)

by m-kotsubu | 2012-10-19 19:00 | 山歩き
2012年 10月 10日

2012 夏! 富士登山 (7)   山頂にて~ご来光を待って

☆ただいまUP中の山
     ★北アルプス       白馬岳
     ★富士山         富士山
     ★浅間          東籠ノ登山~池ノ平湿原
     ★八ヶ岳(周辺)     北横岳&入笠山  硫黄岳



☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


富士山
(前回は コチラ


吐き気を我慢してやっと山小屋に着き、私は爆睡しました…^^;

ご来光を見るために、夜中の1時頃起きた時 だいぶ気分はよくはなっていました。

が… 何かをするという気力が出てこないのです。
たぶん、高山病の症状だったのでしょうね。


しばらく動けず、布団の上に座り込んでいました。
頭痛はまだひどく、薬を飲みました。

前の晩、お弁当は配られていたのですが やっぱりどうしても食べられない。

お腹は空いているのに、食べる気力もなく、やっと口に持っていっても食べられない。

でも食べなきゃ山頂まで登れないことは 身体がわかっていました。

Tちゃんがくれたおせんべや、残っていたメロンパンなんかをちょっとだけ食べました。

喉がすごく渇いていた…。
軽い脱水症状だったのかな?
水を500mlくらい、一気に飲みました。(笑)

そのうちになんとなく落ち着き、行くぞ! という気力が出てきました~^^

用意をして外に出ました。

寒いことはわかっていたので、ダウンにマフラー、手袋、ニットの帽子♪ そしてヘッドライト。
防寒はばっちりです。^^

外に出ると、キーンと冷えた空気に目が覚めて、身体がシャキっとしました。

山小屋の前は 次から次へと山頂へ向かう人たちが登ってきます。
すごい混雑でした。


ガイドさんが人数を確認するのも大変! ><

やっと揃って歩きだします。

いらない荷物は山小屋に置いて 
アタックザックに水と行動食、カメラだけを入れて行ったので身軽です~^^

話に聞いていたとおり、登山者たちのヘッドライトの帯が 綺麗でした。
(写真は綺麗に撮れませんでしたが…^^;)


1
e0195587_21381897.jpg


山頂までは上りと下りで登山道が分かれています。

上りの登山道は渋滞!><

私たちのガイドさんは 下りの登山道を特別に?歩いてくれました。
なので、渋滞はなく歩くことができました。

空にはまたたく満天の星。
下を見れば 遠くに見える下界の夜景。

美しい光景でした。

暗かったので写真を撮れなかったのが残念。

歩きだした当初は、大丈夫かなぁ…と思っていたのですが
私はそのうちに、猛烈な眠気と気だるさに襲われはじめます。

たぶん、それらも高山病の症状だったのだと思います。

歩いていても眠くて眠くて… 休憩で座ると、そのまま寝てしまいそうでした。

満天の星空を眺めながら、このまま寝てしまえたら幸せなのに…なんて思ってしまった…(笑)


眠さと気だるさと闘いながら、なんとか山頂に着きました。

富士山の山頂、日本で一番高い場所に着いたのに、私はぼんやりしていて感動もあまりできなかった。

やっと着いた… そんな思いでした。


オプションでお鉢めぐりを申し込んでいましたが 私の体力は限界!><
諦めるしかありませんでした。


そして、座り込んで 日が昇るのを待ちました。

その間も、眠くて眠くて… でも、うとうとするのがとっても気持ちがいいのです。

冬山で寝てそのまま…というのは こんな感じなのかなぁ…っ思っちゃったりしました。
縁起でもありませんが…^^;

だんだん辺りが明るくなってきます。

うとうとしながら必死で目を開けて、やっと写真を撮ったのを覚えています。


そんなわけでここから日の出までの写真は、
眠さと怠さと闘いながら やっとの思いでシャッターを押したものです。

なので、構図を考えたりとか細かい調整が何もできず、
あとから考えると もっとちゃんと撮ればよかったと少し後悔しています。

でも、この時は本当にシャッターを押すだけで精一杯でした。 

2
e0195587_19401894.jpg


3
e0195587_2023925.jpg


4
e0195587_202528.jpg


これは反対側…西になるのかな? の光景です。

5
e0195587_207817.jpg


6
e0195587_2083628.jpg


7
e0195587_2085322.jpg


8
e0195587_209109.jpg


雲海が綺麗でした。

9
e0195587_2010213.jpg


10
e0195587_20105548.jpg


日が昇り始めます…。

11
e0195587_20111049.jpg



朝日が昇る前の空が 一番綺麗だという話を聞いたことがあります。

こんなふうに空が真っ赤に染まるなんて…。


私はずっとぼんやりしたまま、この光景を眺め、シャッターを押していました。

今思うと、もっともっと感動してこの光景を見たかったな…。


そして、日が昇るにつれ 辺りは明るくなり、そして暖かくなっていきます。

太陽ってこんなにも力があるんだ…。


ぼんやりしながらそう思ったことを覚えています。



                        続く♪



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 8 . 25 ( 土 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (OM-D)

by m-kotsubu | 2012-10-10 19:00 | 山歩き
2012年 10月 06日

幻影

e0195587_2350551.jpg


富士山 山頂付近にて



それは美しく 幻のような風景だった。


山があんな色に染まるなんて・・

空がこんなふうに明けていくなんて…


この光景を 人々はどんな想いで見ていたのだろう。

More

by m-kotsubu | 2012-10-06 00:17 | 山歩き
2012年 10月 05日

2012 夏! 富士登山 (6)   海抜一万八百七尺

☆ただいまUP中の山
     ★北アルプス       白馬岳
     ★富士山         富士山
     ★浅間          東籠ノ登山~池ノ平湿原
     ★八ヶ岳(周辺)     北横岳&入笠山  硫黄岳



☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


富士山
(前回は コチラ


8合目を越えた辺りで見た美しい夕焼け。

1
e0195587_19435445.jpg


刻々と色を変えて行くその雲の表情は とても綺麗でした。

2
e0195587_19461030.jpg


月がだんだんと登っていきます。

3
e0195587_1949111.jpg


やがて 紅は影をひそめ、雲も闇に染まり始めます。

4
e0195587_1950076.jpg


5
e0195587_19503444.jpg


海抜3,250m

6
e0195587_19522174.jpg


一万八百七尺…だって…。

尺の単位なんてピンとこないけど、一万…というだけで なんだか遥か彼方みたいな気がしてしまいます。

7
e0195587_19534143.jpg


午後6時36分 辺りはすっかり薄闇の中・・

8
e0195587_19563688.jpg


9
e0195587_19572346.jpg


遥か下に 街の灯りがうっすらと見え始めました。

10
e0195587_19573922.jpg



ここから宿までは 階段をあがっていってあと少しなのですが…・

私は このあと、力尽きます…(笑)


たぶん、疲労がピークに達していたのだと思います。

あと数メートルで山小屋というところで、いきなり吐き気に襲われます。

階段の途中、脇に座り込んで、立てなくなってしまいました。
Tちゃんが 励ましてくれたのですが、答えることもできないほどの気持ち悪さ。

いきなり襲ってきたその症状に、堪えるのがやっとでした。

かなり辛かった…。
…と同時に なんだか悔しくて。

あとちょっとだったのに、こんなところで高山病にやられるなんて…。


しばらく座り込み、息を整え なんとかまた歩き始めましたが
宿はほんとあと数歩のところでした。


このあと、なんとか宿にたどり着くのですが、ご飯(カレーでした)は ほとんど食べられず…

山小屋の方には 本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

食べなきゃこのあともたない…ってわかってはいるのですが どうやっても何も入っていかないのです。

話をするのもままならず、私は爆睡します。


頂上でのご来光を見るために、また歩き出すのは 夜中の1時半頃。

睡眠時間は 5時間弱。


こうして富士登山の一日めは過ぎ… ハードな2日めに突入します…^^;


富士山では、途中いろいろなところで、疲労のため座り込んでいる人や
倒れている人(仮眠しているのか…?)などを見かけます。

でも、その横をみんな黙々と歩き過ぎて行きます。

辛いのは、たぶんみんな一緒。

自分の力を信じて 自分で頑張るしかないのです。


でも、その光景は やっぱりどことなく不思議で、非日常的な光景でした。



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 8 . 24 ( 金 )  晴れ PHOTO by kotsubu (OM-D)

by m-kotsubu | 2012-10-05 19:00 | 山歩き
2012年 09月 28日

2012 夏! 富士登山 (5)   富士の夕景と影富士

☆ただいまUP中の山
     ★北アルプス       白馬岳
     ★富士山         富士山
     ★浅間          東籠ノ登山~池ノ平湿原
     ★八ヶ岳(周辺)     北横岳&入笠山



☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


富士山
(前回は コチラ

標高3,100m  八合目を越えました。

雲がますます近くなります。

1
e0195587_19183964.jpg


2
e0195587_19223865.jpg


雲の切れ間から 山中湖が見えます。

3
e0195587_1924366.jpg


4
e0195587_19241956.jpg


誰もが、この雄大な景色を眺めています。

5
e0195587_1925266.jpg


6
e0195587_19254971.jpg


7
e0195587_19271743.jpg


8
e0195587_19281939.jpg


月がうっすらと見えました。

9
e0195587_19283896.jpg


10
e0195587_19302419.jpg


18:05  雲が茜色に染まり始めました。 

11
e0195587_19312610.jpg


12
e0195587_19322625.jpg


だんだんと紅みを増していくその空の色は とても美しかった…。

13
e0195587_19332478.jpg


14
e0195587_19334473.jpg


15
e0195587_19361699.jpg


そして、なにげなく撮った1枚。

たった1枚の写真でしたが、この現象が影富士と呼ばれるものであるのを 
私は帰ってからガイドブックを見て知りました。

16
e0195587_19371194.jpg


17
e0195587_19392211.jpg



※影富士
  朝日や夕日を受けて富士山の山容の影が周囲に映し出される風景


影富士は、条件が重ならないとなかなか見れない現象らしいので
知らずに撮った私は なんだかとてもラッキーだったようです。^^

登り始めて6時間近く。
疲労はピークになりつつありました。

でも、この美しい夕景に励まされ、また上へと向かいます。

宿泊先の山小屋まで あと少し。 がんばれ!



                               続く♪


☆土曜、日曜と留守にします。(ご想像どおり、またお山です♪)
 戻りましたら またよろしくお願いします。 ^^ 




       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 8 . 24 ( 金)  晴れ  PHOTO by kotsubu (OM-D)

by m-kotsubu | 2012-09-28 19:00 | 山歩き
2012年 09月 25日

朝焼け

e0195587_23471933.jpg



この色を なんて表現したらいいのだろう…。


明け方の東の空の色を現す 曙色。

東雲色(しののめいろ)ともいうのだそうです。



写真を始め、山や森を歩くようになり 私は様々な色に出会いました。


美しい空の青、木々の緑、小さな花の黄色や紫、夕焼けの紅…。


自然の色はどれも美しく その色たちを、言葉でどう表現したらいいのか…といつも思っていました。


そして、日本古来の色の名前に とても惹かれていました。


浅葱色、亜麻色、桜色、瑠璃色…。

どれも、自然界の色に憧れた古代の人たちが 創り出した名前。

More

by m-kotsubu | 2012-09-25 00:23 | 山歩き
2012年 09月 24日

2012 夏! 富士登山 (4)   8合目まで その②

☆ただいまUP中の山
     ★北アルプス       白馬岳
     ★富士山         富士山
     ★浅間          東籠ノ登山~池ノ平湿原
     ★八ヶ岳(周辺)     北横岳&入笠山



☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


富士山
(前回は コチラ


7合目半くらいまで登ってきました。
8合目まであと少し。

山頂まで3.2Km…   ひたすら長い3.2Kmです。

1
e0195587_10172093.jpg


雲がどんどん近くなります。

2
e0195587_10202810.jpg


3
e0195587_10205170.jpg


荒々しい岩肌。

遠くから見ると、優雅で美しい富士山のまた別の姿を見る思い…。

4
e0195587_1022382.jpg


雲の合間から見える下界。

5
e0195587_10233168.jpg


ここは日本…?  なんて思ってしまう雄大な風景。

6
e0195587_10234997.jpg


眩しい夏の太陽。

7
e0195587_10255116.jpg


8
e0195587_10261013.jpg


9
e0195587_10304115.jpg


遠くに見えていたこの岩が だんだん近づいて来ました。

10
e0195587_10324393.jpg


11
e0195587_10343481.jpg


この1枚…

フォトブックにも載せて、ヒトリゴトでも書きました。

お気に入りの1枚です。

果てしなく青い空があまりにも綺麗で 撮った1枚。

12
e0195587_1036435.jpg


雲の切れ間から、山中湖が綺麗に見えました。

13
e0195587_1039737.jpg


8合目 到着!

標高3,100m。

やった! 3000m越えだぁ~^^

14
e0195587_10393017.jpg



トレーニングで行った、木曽御嶽山の3,067mは突破。
あの時は もっと下の山小屋付近で 高山病症状が出たのですが 今回この時はまだ元気でした。

このあと、「日本で2番目に高い北岳(3,193)を越えました~」
とガイドさんが教えてくれた時もまだ元気だったので、今回は大丈夫だと思ったんだけどなぁ…^^;

やっぱり3,776mは手強かったことに このあと思い知らされます…><


今夜泊まる本八合目の山小屋まで、あと少し。


そして、このあと私は 美しい夕焼けと偶然にも影富士を撮ることができるのです…^^



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 8 . 24 ( 金) 晴れ PHOTO by kotsubu (OM-D)

by m-kotsubu | 2012-09-24 19:00 | 山歩き
2012年 09月 19日

永遠の一瞬

e0195587_23275463.jpg


e0195587_23281388.jpg


e0195587_23283429.jpg



刻々と色を変えて行く 天上の海原。


けして同じ色には染まらない風景。



日本で一番高い場所から見たその色は きっと私の心に永遠に残ると思う。
 

More

by m-kotsubu | 2012-09-19 23:54 | 山歩き