タグ:笠取山 ( 10 ) タグの人気記事


2013年 12月 06日

笠取山 山頂にて~夢を追って・・・

e0195587_2101864.jpg


e0195587_210297.jpg


e0195587_2103997.jpg


e0195587_2105432.jpg


e0195587_211419.jpg


e0195587_2142760.jpg


2913. 11. 16 ~17   笠取山にて


風が強い。

ガスが流れていく。   すごい早さで。


私たちは 雲の中にいた。


どんどん流れていくガス。

真っ白な世界が 青に変わっていく。

「富士山だ・・・!」  みんなで一斉にその方向を見た。


雲の中から あの美しい姿が現れようとしていた。

More

by m-kotsubu | 2013-12-06 21:41 | 山歩き | Comments(6)
2013年 12月 04日

笠取山の朝

e0195587_20555766.jpg


e0195587_20561319.jpg


e0195587_20562759.jpg


e0195587_20572947.jpg


e0195587_2058685.jpg


e0195587_21185222.jpg


2013. 11.16 ~17 笠取山にて


PCが壊れている間に、季節は秋から冬へと移り変わり 山も雪の季節になりました。

金峰山、奥日光のレポなども途中で終わっているのですが いまさらなので
しばらくは写真を単発に載せます。


11月の半ば、今年最後のテント泊に出かけた笠取山は まさかの雪山でした・・・^^;

前の日に降った雪が キラキラ光って とても綺麗だった。


テントは思ったほど寒くはなく、また爆睡。

夜中に悲しそうな鹿の声を聞きながら また眠りにつきました。


霜でいっぱいの朝、朝焼けに染まる大菩薩嶺が とっても綺麗でした。


山で迎える朝は 静かで澄みきっていて なんていうかな、厳かな気分になります。

新しい一日・・・^^





続く・・・


※お返事、ご訪問が追いつきません。  もう少し時間ください ^^;

by m-kotsubu | 2013-12-04 21:38 | 山歩き | Comments(4)
2013年 12月 01日

野生の生を見つめて

e0195587_2232428.jpg


e0195587_223349.jpg


e0195587_224470.jpg


2013. 11. 16 ~17 笠取山にて


あの日、雪の登山道で、鹿に出会った。

畏れることもせず、見つめてくるその瞳、何を訴えているのだろう。


ゆっくり遠ざかっていく姿を 私はずっと見ていた。





ご無沙汰しています。

PCはたぶんもう少しで直ってくると思うのですが 
今日はどうしても書き残しておきたくて 古いPCを立ち上げました。

今日はわりとスムーズに動いてくれそうなので・・・^^;



今日、二つの写真展に行ってきました。

一つは 美しい山の風景。

そして、もう一つは 野生動物の生き様を撮った写真展。



対照的だったな。

山の風景は美しい。  心が洗われるような美しい写真の数々。


でも、私の心を掴んで離さなかったのは 二番目に行った写真展でした。


※写真は これから語る話とは無関係です・・・^^;

More

by m-kotsubu | 2013-12-01 22:58 | 生き物たち | Comments(2)
2012年 07月 13日

多摩川源流の山 笠取山  最終章  多摩川の生まれる場所へ

☆ただいまUP中の山
     ★奥多摩・高尾     御岳山~ロックガーデン~上高岩山~奧の院~御嶽神社
     ★奥秩父        笠取山  瑞牆山
     ★奧武蔵        棒の嶺(棒の折山)
     ★大菩薩・道志     大菩薩嶺
     ★志賀高原       横手山~芳ヶ平~白根山



☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


笠取山
(前回は コチラ


多摩川源流の山、笠取山のレポも 今回最終章です。

まっすぐな道を登ってたどり着いた山頂の景色に別れを告げて 
もうひとつのピークへ向かいます。

1
e0195587_2032677.jpg


アズマシャクナゲがほんの少し…。 

もっと咲いていれば綺麗だったのですが…^^;

2
e0195587_2053262.jpg


3
e0195587_20114592.jpg


笠取山には、二つピークがあります。

ここがもう一つのピーク、標高点のあるピークです。
(最初のピークは さっきまでいた最初の山頂で、山梨百名山の標識があります)

ここはほとんど展望がないので、写真だけ撮ってすぐ歩きだします。

4
e0195587_20132422.jpg


ここから下りなのですが かなり急。^^;

5
e0195587_20172981.jpg


そして、多摩川の始まりの場所、水干へと向かいます。

6
e0195587_20183347.jpg


7
e0195587_20212673.jpg


やがて、その場所が現れました。

ここが水干。 多摩川の始まる場所です。

e0195587_20221649.jpg

8
e0195587_20225137.jpg


9
e0195587_20262518.jpg


アップにしてみますね!^^

10
e0195587_20265767.jpg


ここから、水がポタ…ポタ…と落ちていきます。

そのひとしずくが 多摩川の始まりなのです。

少し粘ったのですが 水が落ちる瞬間を撮ることはできませんでした…^^;

でも、触れることはできました。
澄んだ冷たい水でした。
このひとしずくの水が、やがてあの豊かな多摩川になるのかと思うと なんだか感動でした。

11
e0195587_20284912.jpg


水干を見た私たちは もと来た道に戻り、下山します。

12
e0195587_20355877.jpg


13
e0195587_20392431.jpg


14
e0195587_2039521.jpg


下山道は 歩きやすい緩やかな道です。

15
e0195587_20414372.jpg


16
e0195587_20421974.jpg


笠取山、素敵な山だったな…。

17
e0195587_2045482.jpg


e0195587_20453355.jpg

19
e0195587_20455831.jpg



こうして 笠取山の旅は終わりました。


木漏れ日の中、美しい多摩川の源流に沿って歩き、思いがけず虹を見ました。
浪漫のある分水嶺。
山頂へと向かうまっすぐな道。
山頂からの気持ちいい眺めと充実感。
そして 多摩川の始まり、水干。

なんだか貴重な経験をいっぱいした、いろんなことがギュっと詰まった素敵な山でした。

また行ってみたいな♪


私の家の前は 多摩川が流れています。
毎朝毎晩眺め、夕焼けを撮る 東京湾へ流れ込む手前の大きな多摩川。

笠取山のあの場所で生まれたあの水が ここまで旅をしてきたんだなぁ…。

そんなことを想像するのは なんだかとっても素敵です…^^


                           終わり。



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 5 . 26 ( 土) 晴れ/曇り PHOTO by kotsubu ( FT3)

by m-kotsubu | 2012-07-13 19:00 | 山歩き | Comments(7)
2012年 07月 06日

多摩川源流の山 笠取山 (6)  笠取山山頂

☆ただいまUP中の山
     ★奥多摩・高尾     御岳山~ロックガーデン~上高岩山~奧の院~御嶽神社
     ★奥秩父        笠取山  瑞牆山
     ★富士山周辺      富士山1合目から5合目
     ★奧武蔵        棒の嶺(棒の折山)
     ★大菩薩・道志     大菩薩嶺
     ★志賀高原       横手山~芳ヶ平~白根山



☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


笠取山
(前回は コチラ


小さな分水嶺を見た私たちは、まっすぐに伸びる笠取山の山頂目指して登り始めます。

1
e0195587_19535611.jpg


黄色いスミレが咲いていました♪

名前聞いたけど…忘れました~><

2
e0195587_19551290.jpg


半分くらい登ったところかな?

3
e0195587_1959315.jpg


向こう側に見えるのが さっきまでいた分水嶺のある場所です。

4
e0195587_200425.jpg


登ってきたなぁ~^^

5
e0195587_202351.jpg


山頂が見えてきました♪

6
e0195587_205864.jpg


気持ちいい~^^

あとちょっと! がんばれ!

7
e0195587_208544.jpg


8
e0195587_2082874.jpg


やった! ^^   笠取山山頂でーす♪

9
e0195587_20134237.jpg


10
e0195587_2014552.jpg


笠取山は、アズマシャクナゲも多いことで有名なのですが
今年は花が遅いのか やっとこのくらい…^^;

11
e0195587_20162118.jpg


山頂はこんな感じ~

あまり広くはなく、すぐ斜面です。

12
e0195587_20185514.jpg


そしてここは 山梨県と埼玉県の境目。

展望があるこちら側は山梨県。
埼玉県側は ほとんど展望がありません。

13
e0195587_20191567.jpg


みんな嬉しそうですね~^^

14
e0195587_20235577.jpg


この瞬間、最高です!

15
e0195587_20241776.jpg



山登りの楽しみはたくさんあります。

こうしてキツい登りを終えて山頂に立つ瞬間。
これは一度味わったらやめられない気持ちよさです! ^^

登った人にしか味わえないご褒美…^^

車やロープウェーで 高い所まで簡単に登ってしまえる山もあります。
もちろん、そこで眺める景色もステキなのだろうけど
こうして自分の足で登って眺める景色は 全然違うのです。

大きな達成感!

山が好きな人はきっと この瞬間を味わいたくて登るのだろうな…。


あぁ… 行きたいな…。   山が呼んでいる。

早く膝を治して登りたい…^^


笠取山にはピークが2つあります。
もう一つのピーク、そして多摩川の始まりの水干まで このあと歩きます♪


                      続く♪



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 5 . 26 ( 土 ) 晴れ/曇り PHOTO by kotsubu ( FT3)

by m-kotsubu | 2012-07-06 19:00 | Comments(8)
2012年 06月 25日

多摩川源流の山 笠取山 (5)  小さな分水嶺

     ☆ただいまUP中の山
     ★奥多摩・高尾     奥多摩むかしみち
     ★奥秩父        笠取山  瑞牆山
     ★富士山周辺     三ツ峠山  富士山1合目から5合目
     ★奧武蔵        棒の嶺(棒の折山)
     ★大菩薩・道志     大菩薩嶺

     

☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


笠取山
(前回は コチラ


気持ちのいい風に吹かれながら 分水嶺まで歩きます。

1
e0195587_18174692.jpg


あの上が分水嶺がある場所です。

e0195587_1819649.jpg

2
e0195587_1819246.jpg


3
e0195587_18215369.jpg


分水嶺に到着!

4
e0195587_1822493.jpg


分水嶺の地点には 三角の小さな石碑がたっていて 川の名前が書かれています。

富士川

5
e0195587_1824325.jpg


荒川

6
e0195587_18255364.jpg


多摩川

不思議な場所ですよね。
説明の看板にも書かれていたように、落ちる場所がちょっと違うだけで
その水は全然違う場所へ旅をすることになるのです。

7
e0195587_18273456.jpg


あれがこれから登る笠取山。

8
e0195587_18282119.jpg


笠取山をバックに~^^

9
e0195587_19151017.jpg


10
e0195587_18382025.jpg


11
e0195587_18384841.jpg


12
e0195587_18402014.jpg


これからあの笠取山に向かって歩きます。

e0195587_1839592.jpg

13
e0195587_18421583.jpg


ガイドブックでよく見る風景 ^^

14
e0195587_18423287.jpg



いざ! ^^


                      続く♪




       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 5 . 26 ( 土) 晴れ/曇り PHOTO by kotsubu (FT3)

by m-kotsubu | 2012-06-25 19:00 | 山歩き | Comments(8)
2012年 06月 18日

多摩川源流の山 笠取山 (4)  笠取山現れる!~笠取小屋を経て 

     ☆ただいまUP中の山
     ★奥多摩・高尾     奥多摩むかしみち
     ★奥秩父        笠取山  瑞牆山
     ★富士山周辺     三ツ峠山  富士山1合目から5合目
     ★奧武蔵        棒の嶺(棒の折山)

     

☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


笠取山
(前回は コチラ


多摩川源流沿いを歩き、多摩川の生まれる場所を見つけに行く笠取山の旅。

突然の美しい虹に会い 感激した私たちは、美しい森を歩いて行きます。

1
e0195587_1729814.jpg


ガイドさんが、1本の木の前で立ち止まります。

これ… 熊の爪痕だそうです…^^;

でも、熊は本当は怖がり?だから、人がいるところには出て来ないのだそうです。
だから 熊のいそうなところでは、熊鈴を鳴らして 
ここを通してくださいね~と 熊に教えてあげるのです。

2
e0195587_17311166.jpg


3
e0195587_17364945.jpg


笠取小屋が見えてきました。

4
e0195587_17384552.jpg


ここでちょっと休憩♪  

5
e0195587_17402588.jpg


笠取小屋で標高1770mです。

6
e0195587_17412941.jpg


テントを張ってる人もいました~^^

7
e0195587_17415155.jpg


また歩きだします。

今までの森林風景から一転し、開けた場所に出ます。

8
e0195587_17441992.jpg


木々の中を歩くのも気持ちがいいのですが 
こんな稜線歩き、尾根歩き(ここは尾根ではないと思いますが…^^;)もとっても気持ちがいいです。

9
e0195587_17505275.jpg


10
e0195587_17533111.jpg


樹木の感じも今までとはちょっと違います。

11
e0195587_17544718.jpg


そして現れたあの山。  あれが笠取山です! ^^

12
e0195587_17562262.jpg


あの山の頂まで、これから登って行きます♪  わくわくするなぁ~^^

13
e0195587_17564361.jpg


まずは、あの大きな笠取山の手前のピークまで登ります。

14
e0195587_17592224.jpg


そこに分水嶺があるのです。

15
e0195587_17593970.jpg


分水嶺… 雨水が異なる水系に分かれる場所。

どんな場所なんだろう…。


                        続く♪



       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 5 . 26 ( 土 ) 晴れ/曇り PHOTO by kotsubu (FT3)

by m-kotsubu | 2012-06-18 19:00 | 山歩き | Comments(8)
2012年 06月 09日

多摩川源流の山 笠取山 (3)  ヤブ沢峠まで~空からの贈り物

    ☆ただいまUP中の山
     ★奥多摩・高尾     御前山  奥多摩むかしみち
     ★奥秩父        笠取山  瑞牆山
     ★富士山周辺     三ツ峠山  富士山1合目から5合目

     

☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


笠取山
(前回は コチラ


気持ちいい多摩川の源流沿いの道を 歩いていきます。

1
e0195587_20541553.jpg


巣箱がところどころにありました。

2
e0195587_20544540.jpg


フデリンドウの可愛い花♪

3
e0195587_20574988.jpg


橋をいくつも渡りながら行きます。

4
e0195587_2058419.jpg


歩き始めはカラマツの森でしたが、この辺りから 美しいブナの森へと変わっていきます。

そして、しばらく源流を離れ森の中を歩きます。

5
e0195587_2101591.jpg


私はこの時、列の一番最後を歩いていたのですが ふと左側を見上げると、そこには虹が…^^

6
e0195587_2122760.jpg


他の人は 誰も気づいていなくて、私が「虹だ!」と言った言葉でみんな空を見上げました。

綺麗だったなぁ…。
こんなところで虹に出会えるなんて…。

これはきっと、今日の山歩きのご褒美! ^^

7
e0195587_2143355.jpg


ヤブ沢峠までやって来ました。

8
e0195587_2173355.jpg


ここでお弁当を食べて 休憩~^^

まだ虹がうっすらと見えます。

9
e0195587_2191390.jpg


10
e0195587_21105132.jpg


新緑の木々の森は、本当に美しくて、何枚も撮ってしまいました。

11
e0195587_21121451.jpg


12
e0195587_21142589.jpg


樹木には パワーがあると思います。

13
e0195587_21144769.jpg


14
e0195587_21162964.jpg


疲れた心を癒やし、元気にしてくれる力。

15
e0195587_212118100.jpg



きっと 大きな樹木には、精霊が棲んでいる…^^


                         続く♪  


       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 5 . 26 ( 土)  晴れ  PHOTO by kotsubu (FT3)

by m-kotsubu | 2012-06-09 19:00 | 山歩き | Comments(9)
2012年 06月 03日

多摩川源流の山 笠取山 (2)  源流に沿って

    ☆ただいまUP中の山
     ★奥多摩・高尾     御前山  奥多摩むかしみち
     ★奥秩父        笠取山
     ★富士山周辺     三ツ峠山  富士山1合目から5合目

     

☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


昨日は山域では 奥秩父に入る、瑞牆山(みずがきやま)へ行ってきました。
ご存知の方はわかると思いますが 岩場がずっと続く山です。
結局、小屋泊まりはせず 日帰りしてきました。
朝4時半に家を出て、帰ってきたのは夜の10時でした。><
かなりハードな山行で、ただいま体中筋肉痛と、左ひざにはアザ…^^;
でも、山頂は素晴らしい眺めでした。
写真、整理して後日レポしまーす♪
(かなりいろんな山がたまってますが…・><)


笠取山
(前回は コチラ


多摩川源流の山、笠取山。

源流に沿って、綺麗な森の中を歩いて行きます♪

e0195587_19481912.jpg

1
e0195587_19484134.jpg


ちょっと休憩した場所で 源流を撮ってみました。

綺麗な水です~^^

2
e0195587_1951249.jpg


この流れが やがて家の前のあの多摩川に流れて行くのかなぁ…^^

長い旅だな…^^

3
e0195587_19514320.jpg


大きなカエデの木。

4
e0195587_1954072.jpg


カジカエデ…って言ってたかな?(違っていたら教えてください。)

可愛い花が咲いています♪  わかるかな? ^^

5
e0195587_19575631.jpg


少し休んで、また歩き始めます。

6
e0195587_202823.jpg


7
e0195587_2033055.jpg


1本の木の前で ガイドさんが立ち止まりました。

8
e0195587_2041739.jpg


この木も鹿に食べられ、ここまできてしまうといつか倒れてしまう運命だとか…。

9
e0195587_20554100.jpg


10
e0195587_2072684.jpg


見上げる青空がとっても綺麗!

11
e0195587_209197.jpg


12
e0195587_20103667.jpg


花は少なめの山でしたが 足元にこんな小さな花が…^^

名前わかりますか?

ガイドさんも思い出せず、一緒だった方もみんなわからず…
ただ、あとで一人の男性が 「ノミノツヅリかなぁ…?」と言っていましたが。

調べてみましたが、ノミノツヅリにはこの紫の斑点はないような…。

どなたかわかったら教えてください~^^

ワチガイソウ でした。 ありがとうございます。^^

13
e0195587_20123648.jpg



                        
                     続く♪

  


       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 5 . 26 ( 土) 晴れ PHOTO by kotsubu (FT3)

by m-kotsubu | 2012-06-03 19:00 | 山歩き | Comments(10)
2012年 05月 29日

多摩川源流の山 笠取山 (1)  源流に沿って~カラマツからブナの森へ

☆ただいまUP中の山
     ★奥多摩・高尾     御前山  奥多摩むかしみち           
     ★富士山周辺     三ツ峠山  富士山1合目から5合目
     ★奥秩父        笠取山

     

☆2012年 山行は サイドバーへ移動しました。


今日から また新しい山旅の始まりです♪

私の家の前には 多摩川が流れています。

今回訪れたのは、この多摩川の源流の山、笠取山です。

笠取山は、埼玉県秩父市と山梨県甲州市の境目にある、標高1953mの山です。
山域では 奥秩父に属しています。

ここには、多摩川の始まりの場所、水干があり 多摩川の源流が流れています。
そして、小さな分水嶺があり 
そこを境に水は 富士川、荒川、多摩川へと分かれて行きます。

多摩川の源流、そして始まりのある山。
そこはとっても綺麗な山でした。

カラマツ、ブナ、そしてしらびその森へと標高が高くなるにつれ変わって行く樹林帯。
その中を流れて行く 美しい多摩川の源流。
そして、山頂からの素晴らしい眺め。

ガイドブックを見た時から行ってみたかったその山は 
ただ・・・アクセスがとっても不便で…。
駅からタクシーで1時間もかかるのです。><
なので、ここを訪れる人は、マイカーが多いのでしょう。

私はちょうどこの日 山友Tちゃんが仕事のため予定が空いていて…
何かいいツアーがないかな~と探していたら ちょうど空席があったので申し込みました。
個人ではなかなか行けない場所なので、空いていてよかった~^^

写真もそうそうじっくりと撮れたわけではないのですが
でも、この山の美しさをお伝えすることができたらいいな~と思います。

そうそう、とってもステキな場面にも遭遇したのです。^^


毎日のように眺めている豊かな多摩川。(私の住むところはもう河口近くの下流です)
その始まり、そして小さな1滴が集まり、大きな流れになることを想像しながら歩くのは
とっても浪漫のある素敵な旅でした。


山域では奥秩父なのですが、アクセスのいい山梨側から入るのが一般的なようです。

余談ですが…私は埼玉生まれなのですが
どうも埼玉と山梨が隣同士である…ということが不思議でたまりません…(笑)


バスは中央高速を勝沼インターで降り、途中まで行くのですが…
この日のツアーバスは 中型バス。
小型バスだったら登山口まで上がれるのだそうですが 中型では入って行けないということで
途中で 手配してくれていたタクシー5台に分乗します。

こういうところ、ツアーだとありがたいですね~^^

タクシーに乗り換え 30~40分… 遠い…^^;

やっと登山口に到着です!

1
e0195587_21173132.jpg


多摩川の源流であるということから
東京都水道局が管理してる登山道は、綺麗に整備されていて歩きやすかったです。

2
e0195587_21313257.jpg


空はとっても青くて 山日和! ^^

3
e0195587_21315346.jpg


登山道に入ると そこは綺麗なカラマツの森が広がります。

4
e0195587_2136429.jpg


苔むした岩が見られ…

5
e0195587_21413973.jpg


その中を小さな流れが流れて行きます。

6
e0195587_2142236.jpg


これが多摩川の源流。  綺麗ですね…^^

7
e0195587_21434924.jpg


ハウチワカエデ(だったと思う・・)

この日のガイドさんは 植物にもとっても詳しく、カエデの種類などもいろいろ教えてくれました。
小さな赤い花が咲いているの、わかりますか?

8
e0195587_21452649.jpg


こんな橋が次から次へと出てきて、流れの上を行ったり来たりしながら歩いて行きます。

9
e0195587_21502392.jpg


樹木は カラマツからブナへと変わっていきます。

10
e0195587_2152266.jpg


これは鹿が食べたあとだそうです…^^;

(この木はブナじゃないかも…
 なんとかという生薬になる木だそうで、
 鹿がお腹をこわしたからたくさん食べたのかも…とガイドさんが冗談を言ってました~笑)

11
e0195587_21542389.jpg


12
e0195587_21593272.jpg


ニリンソウ…かな?  (とガイドさんも言っていた)がまだちらほら見られました。^^

13
e0195587_2235088.jpg


この小さな流れが やがて大きな多摩川になるのですね…^^

14
e0195587_227216.jpg



                        続く♪


笠取山(かさとりやま)は埼玉県秩父市と山梨県甲州市の境にある標高1,953mの山で、
奥秩父の山域の主脈の一つに位置している。

山頂の南側は、多摩川の水源であり、南斜面の山林一帯は東京都水道局の水源涵養林(東京都水源林)となっている。
山頂から南側少し下に水干(水乾)(みずひ)と呼ばれる水源があり、
「東京湾まで138km」と書かれた看板が立っている。
また、山頂から西へ少し離れた雁坂峠への分岐付近に小さな分水嶺(山梨県山梨市・甲州市、埼玉県秩父市の境目に位置)があり、
ここから山梨市側は笛吹川(富士川の支流)、秩父市側は荒川、甲州市側は多摩川へと別れている。また、これを示す石柱がある。


                 以上 Wikiより




       今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


    
2012. 5 . 26 ( 土 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (FT3)

by m-kotsubu | 2012-05-29 19:00 | 山歩き | Comments(9)