空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:赤塚植物園 ( 12 ) タグの人気記事


2011年 06月 03日

赤塚植物園で出会った花たち~Ⅱ&キジバトとハンターにゃんこ♪

長々と引っ張ってきた 赤塚植物園の写真も 今日でひとまず終わりにしたいと思います♪

昨日の続きの花たち+ちょっと面白かったキジバトを狙うにゃんこの写真を載せたいと思います~^^


小さな日本庭園の竹林の中に にょきにょき生えていた タケノコ♪

1
e0195587_1933489.jpg


タニウツギ(谷空木)   スイカズラ科  もう終わりかけでした~^^;

2
e0195587_19383114.jpg


可愛いお客さん♪

3
e0195587_1941694.jpg


スズラン(鈴蘭)  ユリ科

4
e0195587_19421517.jpg


可愛い花なのですが、なかなか綺麗なときに出会えません・・。
ここでも もう傷み始めていました・・><

5
e0195587_19444043.jpg


別名 キミカゲソウ (君影草)    タニマのヒメユリ(谷間の姫百合)

どちらも、なんだか素敵な名前ですね~^^

6
e0195587_19463092.jpg


砂糖菓子のような カルミア (アメリカシャクナゲ)  ツツジ科

ほんとに可愛くって、食べたくなっちゃう花ですよね~^^

7
e0195587_1950451.jpg


イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)   シソ科

8
e0195587_19524965.jpg


じゃ香のような香りがすることから この名前になったそうです。(伊吹・・・は 滋賀県の伊吹山に多いことかららしいです)

私は あんまりわからなかったけど、ハチくんがたくさん来ていました♪

9
e0195587_19553214.jpg


実は、この花は バラ園に咲いていました。
綺麗なバラも たくさん咲いていたのですが、なぜかバラを撮る気に全くなれない私・・
1枚も撮りませんでした~^^;

ところで・・枚数が多くなってしまって 申し訳ないのですが・・・^^;

花をほとんど撮り終わり 高台の開けた場所のベンチで一休み♪

芝生の上で、キジバトが2羽、のどかに歩き回って エサをついばんでいました♪

10
e0195587_2044976.jpg


近くにあるベンチに座ろうと思って びっくり!

ベンチの下に、にゃんこが潜んでいました~^^;

11
e0195587_2065152.jpg


にゃんこの視線の先は・・・キジバト。

12
e0195587_2081337.jpg


結構広い芝生の上を キジバトが行ったり来たりするたびに、
にゃんこは 身を潜めながら キジバトの動く方へ あっちに行ったり こっちに来たり・・・(笑)

13
e0195587_2010115.jpg


後ろ姿も真剣です。

14
e0195587_2013096.jpg


首輪をしているので、飼い猫だと思うのですが、キジバトを狙う様子は まさしくハンター!

15
e0195587_20135334.jpg


知ってか知らずか 涼しい顔のキジバト♪

16
e0195587_20161893.jpg


真剣な ハンターにゃんこ~^^

17
e0195587_2018150.jpg


キジバトを狙うにゃんこ、そして にゃんこを狙う(カメラでですよ!) 私・・(笑)

通る人が だんだんこの様子に気づき、何人かのギャラリーが・・(笑)
にゃんこは 別に恥ずかしくはなかったでしょうが 私はちょっと恥ずかしくなって このへんにしておきました~^^;

このあとも、ずっとこんな様子を繰り返すにゃんこ。
果たして このにゃんこは キジバトをゲットできたか・・・(たぶん・・永遠にできないと思うのですが・・^^;)

あまりにも真剣な 様子、微笑ましかったです~^^


今週末は 久しぶりに晴れそうです!

やっと撮りに行けます~♪   嬉しいな♫  ^^


        たくさん見ていただき ありがとうございました~^^


   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 

2011. 5 . 14 ( 土 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS 60D)

by m-kotsubu | 2011-06-03 20:30 | 赤塚植物園 | Comments(7)
2011年 06月 02日

赤塚植物園で出会った花たち~Ⅰ

月日のたつのは早いもので、5月14日に赤塚植物園に出かけてから もう半月がたってしまいました~><

賞味期限がきれてしまうので(笑) 
今日は今までUPしきれていない花たちを まとめてUPしたいと思います♪

ホウチャクソウ(宝鐸草)  ユリ科

1
e0195587_18521960.jpg


宝鐸(お寺の堂の四隅の軒に下げた鈴)に似ているから ホウチャクソウとついたそうです。

2
e0195587_18544549.jpg


よく言われますが ナルコユリ、アマドコロとそっくりですよね~^^;

私はどうも 見分けがつきません・・><

3
e0195587_18573229.jpg


これがその そっくりな アマドコロ(甘野老)  ユリ科

4
e0195587_1942927.jpg


こうして並べて見ると、花の付き方が違うのはわかるのですが・・^^;

それにしても・・・『甘野老』 の漢字、いつも 『甘海老』 と読んでしまいます・・・(笑)

5
e0195587_196524.jpg


そして・・これもまた 見分けるのが大の苦手のアヤメ? カキツバタ? ショウブ???

去年、見分け方をさんざん見たのですが それでもどうもわからず もう諦めました~><

6
e0195587_191054100.jpg


あなたはだぁれ? ^^;

7
e0195587_19141552.jpg


そしてここにも・・・君はだぁれ?

8
e0195587_19165485.jpg


ヤゴくんかな????  

9
e0195587_19192830.jpg


クレマチス(鉄仙)  キンポウゲ科

10
e0195587_19205418.jpg


クレマチスも 種類がたくさんありますね~^^

11
e0195587_19242175.jpg


たくさんありすぎてよくわからないので 軽く流しまーす♪ ^^;

12
e0195587_19251516.jpg


クリスマスローズ キンポウゲ科

13
e0195587_1928549.jpg


この花は 花期が長いですよね?  冬からずっと見かけるような気がするのですが…?

14
e0195587_1931828.jpg


アセビ(馬酔木)  ツツジ科 がまだ咲いていました~^^

15
e0195587_19345171.jpg



やっぱり1度では UPしきれなかったので 第2弾をまたそのうちUPしまーす♪


         たくさん見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


2011. 5 . 14 ( 土 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS 60D)

by m-kotsubu | 2011-06-02 19:41 | 赤塚植物園 | Comments(8)
2011年 05月 31日

白髪頭のオキナグサ(翁草)の実~♪

今日は 赤塚植物園の万葉・薬用園で初めて会った オキナグサの花後の姿をUPしたいと思います。

オキナグサ(翁草)  キンポウゲ科

e0195587_19192992.jpg

1
e0195587_19172054.jpg


私は 花を見たことがないのですが 暗めの紫色のやや下向きの花が咲きます。

その花は 白い毛におおわれていて 最後にはこの状態になるのだそうです。

2
e0195587_19223166.jpg


向かって左が途中経過の若い実で、
この長い毛から たくさんの白い綿毛状の右側の状態になって 種子が飛ばされていくようです。

3
e0195587_19253360.jpg


オキナグサ(翁草)とは この長いひげの実を 白髪頭に見立てた名前だそうです。

4
e0195587_19295927.jpg


マクロで寄ってみると・・・なにか虫が隠れていました~^^

5
e0195587_19325825.jpg


ここにもいました♪  クモの仲間かな??

6
e0195587_19343286.jpg


年々、その数が減り 絶滅危惧II類(環境省レッドリスト)だそうです。

7
e0195587_1935522.jpg


ユニークで 幻想的な 実の姿もさることながら 花はとても魅力的で愛好家も多いといいます。

8
e0195587_19475523.jpg


ブログで見せていただいたり、今 調べながらネットで見たりしましたが
特徴のある花姿、不思議な魅力があり 来年は是非会って撮ってみたいです・・^^

9
e0195587_19502111.jpg


春先に 花に会いに来るのを忘れないように メモでも書いておかないと・・・^^;

会いたい花が次から次へと出てくるのですが ちょうど見頃に行くのがなかなか難しいのですよね~><

10
e0195587_19531676.jpg


ちなみに、オキナグサは有毒だそうです・・^^;


エノキの・・・実??と思ってよく見たら これは虫こぶ???  すごい数です・・><

e0195587_19582376.jpg

11
e0195587_19584986.jpg


アスパラガス♪  これはやがて、食べられるのでしょうか?? ^^;

12
e0195587_2011791.jpg



        今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


2011. 5 . 14 ( 土 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS 60D)

by m-kotsubu | 2011-05-31 20:23 | 赤塚植物園 | Comments(7)
2011年 05月 27日

オダマキ(苧環)~優しく咲いて♪

今日は 赤塚植物園の万葉・薬用園に咲いていた オダマキをUPしたいと思います♪

ここには 淡いピンクのオダマキが咲いていました~^^

この色のオダマキに出会うのは初めて。 儚げでとっても優しい雰囲気でした♪

1
e0195587_19161189.jpg


オダマキ(苧環)  キンポウゲ科

2
e0195587_19181542.jpg


オダマキは 日本、アジア、ヨーロッパに約70種くらい自生し、
日本のものは山野草として愛好される一方、
外国産のものには品種改良が行われ、園芸植物として広く市場に出回っているそうです。

日本では ヤマオダマキ、ミヤマオダマキの2種が 山地から高山にかけて分布するそうです。

たくさん種類があるので、これが何オダマキだかはわかりませんが・・^^;

3
e0195587_19203598.jpg


『苧環』 とは、元来は機織りの際に麻糸をまいたもののことで、花の形からの連想だそうです。

4
e0195587_1923187.jpg


花の外側の花弁のようなものは、花弁ではなく萼です。

5
e0195587_19254231.jpg


小さな池のほとりに ひっそりと咲いていました。

6
e0195587_192849100.jpg


池には アサザと鯉とおたまじゃくしがいました~^^

7
e0195587_19301687.jpg


ここから下は 4月29日に新宿御苑で撮ったオダマキです♪

終了時間を告げる音楽が流れる中 急いで撮ったものなので いまひとつ・・><

8
e0195587_1936623.jpg


最初のオダマキとは 雰囲気がかなり違います。

9
e0195587_19382798.jpg


外側にあるのが萼、花弁はその内側にあって、ややまとまって筒状になります。
花弁の基部はパイプ状に長く伸びて距(きょ)と呼ばれる構造になっています。

10
e0195587_1940329.jpg


にわか雨があがり、夕方に光が差してきました・・^^

11
e0195587_19483678.jpg



今週末は 台風の影響で、雨のようですね・・><
関東地方は このまま梅雨入とか・・。 

このぶんでは 週末の撮影は難しそうですね・・・>< 

鬱陶しい季節がやってきますが、少しでも晴れ間を見つけて 楽しみたいですね~^^


        今日も見ていただき ありがとうございました~^^

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


2011. 5 . 14 ( 土) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS 60D)

by m-kotsubu | 2011-05-27 19:55 | 赤塚植物園 | Comments(5)
2011年 05月 25日

ミヤコワスレ(都忘れ)とシラン(紫蘭)+タツナミソウ(立浪草)~優しい紫に魅せられて・・

花にもいろいろ色がありますが 3月から4月にかけての春浅き季節は 黄色い花が多いような気がします。

そして、今の時期は 紫のものが目につくような気がするのは 気のせいでしょうか・・^^;

今日は 紫の花、2種類+1を♪

万葉・薬用園に入る手前に 一面に咲いて風に揺れていた この優しい花♪

1
e0195587_19305649.jpg


ミヤコワスレ(都忘れ) キク科 

2
e0195587_19334515.jpg


淡い紫が とっても優しくて好きな花です♪

3
e0195587_19353165.jpg


ミヤコワスレ・・という名前も どことなく郷愁を感じる 素敵な名前ですよね~^^

4
e0195587_19364530.jpg


承久の乱に敗れて佐渡へ遠流となった順徳帝は、
草でぼうぼうになった佐渡の庭に一茎の野菊が紫色に咲いているのを見つけ、
「紫といえば京の都を代表する美しい色だったが 私はすべてをあきらめている。
花よ、いつまでも私のそばで咲いていておくれ。
都のことが忘れられるかもしれない。 お前の名を今日から都忘れと呼ぶことにしよう」
と、傷心のなぐさめにしたという説話があり 名前はそこから来たという説・・・。

5
e0195587_19384297.jpg


そんな物語がよく似合うような 優しさの中に ちょっと寂しさを感じる花・・。
そこに惹かれます。

別名 ノシュンギク(野春菊」  アズマギク(東菊)

6
e0195587_19423031.jpg


ミヤコワスレの隣に ちょっとだけ咲いていた タツナミソウ(立浪草) シソ科

ちょっと元気がなかったのと、日差しが強すぎたので あまり綺麗に撮れませんでした・・^^;

近くにも寄れなかったし・・><
 
7
e0195587_19471027.jpg


こちらは白花♪  見てわかるとおり、波立つような姿の花なので タツナミソウ・・だそうです。

8
e0195587_19512340.jpg


万葉・薬用園にやってきました~^^

おなじみ、シランが 綺麗に咲いていました♪

9
e0195587_1953204.jpg


シラン(紫蘭)  ラン科

10
e0195587_2021411.jpg


紫の蘭だから 紫蘭・・です ^^

もちろん蘭なのですが、西洋蘭の華やかさや豪華さはなく、控えめです・・^^

11
e0195587_2044329.jpg


その控えめさが とっても愛しい気がします。

12
e0195587_2074091.jpg


シランの白花です。 また違う魅力があって好きなのですが あまり綺麗な花がなく・・残念! ^^;

ちなみに・・白花でも紫蘭です♪ (笑)

13
e0195587_20223350.jpg


以下2枚は 4月29日に新宿御苑で撮ったものです。

この日は にわか雨に降られ・・・木の下で雨をよけながら急いで撮りました・・^^;

14
e0195587_20101730.jpg


15
e0195587_20104178.jpg


紫つながりで・・・^^

セリバヒエンソウに一瞬だけ止まった ツマキチョウ♪
春先にしか見られない蝶です。 まだいたんですね~^^

16
e0195587_20251351.jpg



花は色でも ずいぶんイメージが変わりますね・・^^

紫の花・・・ほかには  藤・ムラサキハナナ・スミレ・リンドウ・クレマチス・アヤメ・ラベンダー・・・

どれも、優しさと 上品さ、そしてちょっと哀愁・・を持ち合わせた素敵な花が多いような気がします・・^^


        今日も見ていただき ありがとうございました♪


       画像をクリックすると 大きくなります♪ 


2011. 5 . 14 ( 土 ) 晴れ  PHOTO by kotsubu (EOS 60D)

by m-kotsubu | 2011-05-25 20:37 | 赤塚植物園 | Comments(6)
2011年 05月 24日

ハマナシ(浜梨)とテイカカズラ(定家葛)+ホタルカズラ(蛍葛)

今日は赤塚植物園に戻り、2つの花+1を♪  (1つずつだと追いつかなくて・・^^;)

木漏れ日の中で、バラに似たこの花が咲いていました。

1
e0195587_1929770.jpg


『はまなし  ばら科』  とひらがなでプレートがありました。

2
e0195587_1930585.jpg


はまなし・・?  撮ったときは ちょっと?の気持ちで 今調べたところ・・・

ハマナシとは ハマナスのことであることがわかりました。

ハマナシ(浜梨) = ハマナス (バラ科)

3
e0195587_193231.jpg


そういえば・・・去年 ハマナスをUPしたときに調べた記憶が蘇ってきました。

ハマナスというのは ハマナシ(浜梨)が訛って ハマナスとなったとか・・^^

4
e0195587_19363881.jpg


それにしても、今まで私が出会ったハマナスは 全て一重のもの。

八重のハマナスは 初めて見ました。  見ればみるほど バラに似ていますね~^^

5
e0195587_19391834.jpg


果実は大きく、食べられるそうです。
秋に撮ったことがありますが 赤くてなかなか可愛いです。

「浜梨」とは、果実を梨に見立てた名前だそうです♪

6
e0195587_1940591.jpg


そして ハマナスの向こう側に咲いていた小さな花・・^^

テイカカズラ(定家葛)  キョウチクトウ科

7
e0195587_1949051.jpg


ツル性の植物だそうで、これも何かの木に巻きついているのでしょうか?
1mほどの高さに テイカカズラの花が びっしり咲いていました♪

8
e0195587_19525740.jpg


しばらく見ていると、カナヘビくんが顔を覗かせました~^^

9
e0195587_19511499.jpg


何を狙っているのでしょうか?  少しすると、ここから落ちて消えていきました~^^;

10
e0195587_19591343.jpg


名前は 謡曲の「定家」に由来する・・・という説など 長いものが載っていましたが
学のない私には よくわからず・・^^;

11
e0195587_2011825.jpg


あまり目立たないけれど、風車のような特徴のある花で なかなか可愛いです♪

12
e0195587_2064615.jpg


そしてプラス1の花♪
テイカカズラの隣の足元にちょっとだけ残っていました・・^^

ホタルカズラ(蛍蔓) ムラサキ科

13
e0195587_2014645.jpg


一面にホタルのように咲くこの花が見たかったのですが・・・時期遅く、2,3 の花しかありませんでした・・><

残念!   来年リベンジできたらいいな♪

14
e0195587_20165228.jpg



        今日も見ていただき ありがとうございました♫

   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


2011. 5 . 14 ( 土) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS 60D)

by m-kotsubu | 2011-05-24 20:25 | 赤塚植物園 | Comments(6)
2011年 05月 22日

ノイバラ(野茨)とムサシノキスゲ(武蔵野黄菅)

今日は 予報通り、午後から雨になりましたね〜><
昨日のリベンジで、某植物園に行ってきましたが、それはまた後日。

今日は先週行った 赤塚植物園から、2種類の花をUPしたいと思います♪

この花は この時期、いろんなところで見られますね~
とくに植物園でなくても見られるのですが・・^^;

1
e0195587_23115216.jpg


ノイバラ(野茨)  バラ科

2
e0195587_23132894.jpg


日本のノバラの代表的な種で ノバラ(野薔薇)ともいうそうです。

私は 野ばら・・と覚えていたような気がします。

3
e0195587_23152891.jpg


あちこちで見かけます。 川原や公園や草むらなどで・・^^

4
e0195587_23181768.jpg


どこにでもある花ですが なんとなく好きなんですよね~

ちょっとファンタジック?で・・^^;   
白雪姫の森の中に咲いていそうな花・・^^  (私のイメージですが・・^^;)

5
e0195587_23201038.jpg


そしてノイバラの近くには この花が咲いていました♪

ニッコウキスゲにとても良く似た姿ですが・・・。

6
e0195587_23274910.jpg


『ムサシノキスゲ』 とプレートにありました。

7
e0195587_23263467.jpg


ムサシノキスゲ(武蔵野黄菅)  ユリ科

ニッコウキスゲ(日光黄菅)の変種であり、
東京都府中市の浅間山という 小高い丘にしか自生しないキスゲなのだそうです。

東京のニッコウキスゲ・・といったところでしょうか・・^^

8
e0195587_1843890.jpg


東京都レッドデータブックの絶滅危惧I類に指定されているそうです。

9
e0195587_1862213.jpg


なんだかちょっと面白い虫がいました・・^^ なんでしょう? (苦手な方、ごめんなさい・・^^;)
目がちゃんと見えるところがリアルです・・^^

実はこの2匹の虫の後ろに、白いタマゴのようなものがたくさんあり、それに手足が・・・^^;
(ダメな方もいると思うので、最後にMoreの下に置きますので、虫好きの大丈夫そうな方は見てみてください。)

10
e0195587_1874951.jpg


久しぶりのシベのアップ♪

11
e0195587_188436.jpg


ちょっとアップすぎですね〜^^;

12
e0195587_1892599.jpg


ジャコウアゲハが お食事中♫
(先日、クロアゲハ・・として記事を書いたのですが ジャコウアゲハだと教えていただき訂正しています。
 おそらく同じ蝶であると思うので、この子もジャコウアゲハだと思うのですが どうでしょう?)

13
e0195587_18101046.jpg



ちなみに、ニッコウクスゲの和名は  ゼンテイカ(禅庭花)というのだそうです。

初めて知りましたが なんだかちょっと趣きのある名前だと思いませんか・・? ^^ 

      
        今日も見ていただき ありがとうございました♫

       
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


2011. 5 . 14 ( 土 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS 60D)

見てもOK! という方は 見てください♫
    ↓

More

by m-kotsubu | 2011-05-22 18:17 | 赤塚植物園 | Comments(9)
2011年 05月 20日

エゴノキの花とヒヨドリ~初夏の光の中で♪

今日はまた 赤塚植物園に戻ります~^^

ひっそりと咲く野草たちを撮っていると、突然バタバタっと羽音が・・

見上げると ヒヨがこちらを見ていました・・^^

1
e0195587_19114726.jpg


そして、その先に 白い花が鈴なりに♪

2
e0195587_19143114.jpg


エゴノキだ・・・^^   今年もエゴノキの花の咲く季節がやってきたのですね~^^

3
e0195587_19173465.jpg


エゴノキ  エゴノキ科

4
e0195587_19203475.jpg


真っ白な清楚な花が とっても可愛らしいですね~^^

5
e0195587_19231548.jpg


明るい光の中に咲くエゴノキの花♪  この花が咲くと、初夏を感じます。

6
e0195587_19245195.jpg


丸い果実も可愛いですね~  でも、サボニンという成分を含み 有毒です・・^^;

7
e0195587_19263917.jpg


野草に気をとられ、下ばかり見ていたので もしヒヨが教えてくれなかったら、エゴノキに気づかなかったかもしれません・・^^;

ヒヨ♪  ありがと! ^^

8
e0195587_19292687.jpg


この花は 明るい光がとっても似合う気がします・・^^

9
e0195587_19315226.jpg


そういえば エゴノキには よく虫こぶができますよね~  探しましたが、見つかりませんでした。

ネットで調べていたら面白いことが載っていました♪  皆さん、知っているかとも思いますが・・^^;
 
虫こぶには『エゴノネコアシ』という名前が付いている。
エゴノネコアシアブラムシが作るもので、側芽から発達したものだそうである。
6月から7月に先端が開き、羽があるアブラムシが脱出する。
その後アブラムシはアシボソに移行するとのことで、エゴノネコアシができるためにはエゴノキと当時にアシボソが近くに生育している環境が必要であることになろう。
アシボソは谷筋に群生していることが多く、エゴノキの生育範囲と重なっている。


          以上、ネットから引用

※アシボソとは 湿った草地や林のふちに群生するイネ科の植物です。

自然の仕組み、虫たちの知恵 感心しますね~^^
今度、エゴノキを見かけたら 虫こぶを探してみたいです♪

10
e0195587_19334069.jpg


青空とエゴノキ♪

11
e0195587_19353383.jpg


果実を口にすると、のどを刺激してえぐい(えごい)ため、この名がついたといわれているそうです。

試してみる人は ほんの一口にしてください。 食べ過ぎると胃腸障害をおこすそうですよ~^^

12
e0195587_19524632.jpg


光に溢れるエゴノキの花♪  とっても清々しく、愛らしかったです~^^

13
e0195587_19535257.jpg


ヒヨも、明るい初夏の日差しの中 嬉しそうでした~^^

14
e0195587_2021737.jpg


エゴノキは まだしばらく楽しめそうですね~^^

皆さんも 虫こぶ、探してみてくださいね~♪


         今日も見ていただき ありがとうございました~^^


   
        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


2011. 5. 14 ( 土 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS 60D)

by m-kotsubu | 2011-05-20 20:10 | 赤塚植物園 | Comments(6)
2011年 05月 18日

野草たちとジャコウアゲハ♪

今日は 赤塚植物園の 『野草の道』 から 野草たちと、そこで出会ったクロアゲハ ジャコウアゲハをUPしたいと思います。

(教えていただき クロアゲハではなく ジャコウアゲハの♂ ということがわかりました・・^^;
タイトルも訂正しました。 ありがとうございます・・^^)


『野草の道』 は ちょっとだけ小高い場所に 曲がりくねった路があり、
その遠路沿いに 可愛らしい野草たちが咲いています。
そう広くはない ひっそりとしたちょっと森を思わせるような、いい雰囲気の場所でした。


まだ緑のままでしたが・・・ ヒトリシズカ(一人静)  センリョウ科

花が咲く姿を静御前が舞う姿にたとえた・・といいます。
花は 白いブラシのような花です♪

1
e0195587_19103213.jpg


こちらは咲いていました♪
フタリシズカ(二人静)  センリョウ科

花穂が1本のヒトリシズカに対し、フタリシズカは 2本以上の花穂です。
こちらは 静御前とその亡霊の舞姿にたとえたとのこと・・・。

ブラシのようなヒトリシズカとは、ちょっと花姿が違います。 

2
e0195587_19153991.jpg


3
e0195587_19221968.jpg


シライトソウ(白糸草)  ユリ科

4
e0195587_19233449.jpg


細長く伸びた花被片を白い糸に見立てたことからついた名前だそうです。

なんだかムーミンのニョロニョロみたいですねぇ・・^^;

そうそう、ヒトリシズカの花は、どちらかというと、このシライトソウを短くしたような感じの気がしますが・・?

5
e0195587_19254882.jpg


野草たちを撮っている間、クロアゲハ ジャコウアゲハがひらひら舞っていたのですが、
しばらくすると葉陰に止まり 翅を休めていました・・^^

6
e0195587_19322437.jpg


驚かさないように 望遠で狙い 静かにシャッターをきりました・・^^

7
e0195587_19345648.jpg


エビネ  ラン科

8
e0195587_19372787.jpg


派手さはありませんが 味わい深い花ですよね~

9
e0195587_1943202.jpg


野草愛好家のターゲットの花のひとつであり、採取により減少して レッドデーターに掲載されている植物です・・・><

野草は野に咲くから美しい・・と思うのですが・・・。

10
e0195587_19445833.jpg


11
e0195587_19513527.jpg


ハンショウヅル(半鐘蔓)  キンポウゲ科

12
e0195587_19523298.jpg


花の形が半鐘に似ていて つる性であることから、半鐘蔓 と名がついたとか・・^^

可愛らしい花ですよね~^^

13
e0195587_19554781.jpg


ちなみに センニンソウ属なので 花のあとはセンニンソウのように白くてふわふわの綿毛のようになるようです♪

14
e0195587_19572518.jpg


クロアゲハ ジャコウアゲハは かなり長い時間、休んでいました・・^^

15
e0195587_2054784.jpg


ちょっと背景を変えて・・^^

16
e0195587_207261.jpg


このあと、もう1頭がやって来て ペアでずっと舞っていました。
撮れませんでしたが・・・^^;


      今日も見ていただき ありがとうございました~^^

 
       画像をクリックすると 大きくなります♪ 



2011. 5 . 14 ( 土) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS 60D)

by m-kotsubu | 2011-05-18 20:14 | 赤塚植物園 | Comments(7)
2011年 05月 17日

スイレン(睡蓮)とコウホネ(河骨)~夢見る水中花

今日も水辺の花・・・というより 水中に咲く花・・2種類です♪

リュウキンカを撮った池の 散策路をはさんだ向かい側に、もうひとつ小さな池があり、スイレンが咲いていました♪

もうスイレンの咲く季節なんですね~^^

1
e0195587_19264797.jpg


スイレン(睡蓮)  スイレン科

2
e0195587_19281275.jpg


植物図鑑でスイレンというのは載っていないことが多いようで、スイレンは園芸上の呼び名なのだそうです。

眠りから覚めたばかりのような こんな花たちが可愛らしいです~^^

3
e0195587_19311226.jpg


和名はヒツジグサ(未草)といいます。
ヒツジは時刻を表す「未の刻(今の午後 2 時)」でそのころに咲くといわれていますが、実際は明るくなると開き 暗くなると閉じます。

漢名の睡蓮は そこから来ているのでは・・との説があるようです。

4
e0195587_1935106.jpg


これを撮ったのは 午前中、もう少しでお昼になる頃。

スイレンの花たちも すっかり眠りから覚めたようです♪

5
e0195587_19383625.jpg


あ、ここにまだ眠りの途中の花が・・^^

6
e0195587_19402689.jpg


スイレンも園芸種で様々な花があるようですね~

7
e0195587_19414862.jpg


園芸種のスイレンを見たことはないのですが 私の中のスイレンの花は 夢見て咲くこの花たちです♪

8
e0195587_19434166.jpg


そしてスイレンの隣に咲いていたのは・・・

コウホネ(河骨)  スイレン科

9
e0195587_1948657.jpg


浅い池や沼などに生える多年生の水草です。

根茎が白色で肥大し,これが白骨のように見えるので和名になったそうですが・・・^^;

10
e0195587_19495725.jpg


スイレンの隣に このコウホネがあったのですが 私はスイレンを撮ったあと、なぜか野草園のほうへ行ってしまい・・
(コウホネのところに 人がたくさんいたからかも・・^^;)

このコウホネは 一回りして戻ってきて、夕方撮りました。

11
e0195587_19522386.jpg


この黄色も なかなか手強い色ですね~^^;

12
e0195587_19575428.jpg


コウホネは、湖沼や小川などが減少するとともに、ほかの水生植物同様に、自生の物が減っているのだそうです。

なかでも、近畿地方と九州の一部の地域だけに分布する日本の固有種でもあるオグラコウホネは、絶滅の危機に瀕しているのだとか・・・。

13
e0195587_1959670.jpg


コウホネとスイレン♪  向こう側がスイレンです。

14
e0195587_2022766.jpg



水際の花・・好きなのですが、光の反射等で 撮るのはなかなか難しい花たちです・・^^;

明日は ひっそりと咲く野草たちを載せたいと思います♪



         今日も見ていただき ありがとうございました~^^


        画像をクリックすると 大きくなります♪ 


2011. 5 . 14 ( 土) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS 60D)

by m-kotsubu | 2011-05-17 20:10 | 赤塚植物園 | Comments(7)