空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 13日

ヤマフジ(山藤)との出会い~逞しく、そして優しく・・・

今日は 偶然出会った 山藤をUPしたいのですが・・・

感動の出会いだったのに、PCに写真を取り込んで・・・
そのスケールの大きさ 壮大さを、上手く表現できていないことに なんだかちょっとがっかり・・^^;

望遠しかもっていなかったので、引いた絵が撮れず・・
広角レンズを持っていればよかった・・とこのときほど思ったことはありませんでした。
もちろんレンズのせいだけではなく、私の腕もあるのですが・・^^;

そんな山藤の写真ではありますが 少しだけでも あのときの感動を伝えられたら・・と思います。

見ていただけたら嬉しいです。


私は 野鳥との出会いを求めて、そのいまにも崩れそうな木の階段を登っていきました。

10段ほどの階段だったでしょうか・・。

登りきったところには そう広くはないのですが開けた場所があり、私はそこで思わず足を止めました。

「すごい・・・」  私は一人、そうつぶやいていました。 

1
e0195587_1935412.jpg


大きな大きな1本の木。 その木はまるで 大きく手を広げているかのように壮大で逞しく・・・。

そしてそこに無数にぶら下がる 藤の花。

2
e0195587_19333474.jpg


これが ヤマフジ・・・。 大げさでではなく、本当にその光景は 言葉が出ないほどの素晴らしい光景でした。

3
e0195587_19393214.jpg


ヤマフジ(山藤)  マメ科  山野に生える藤です。

4
e0195587_1942538.jpg


藤といったら 藤棚の、上品で優しいあの藤の花しか知らなかった私の概念を
この山藤は 見事に打ち砕きました。

5
e0195587_19444657.jpg


野生の藤とは こんなにも逞しく、荒々しく そして勢いのあるものだったんだ・・・。
そして、逞しいからこそ感じる 強く大きな優しさ。

6
e0195587_19474095.jpg


ひとつひとつの藤は それほど豪華でも上品でもなく どちらかといえば粗野な感じがします。

7
e0195587_19494135.jpg


そこには 手をかけて育てられた藤棚の藤とは違う、自分の力で生きている逞しい花の姿がありました。

8
e0195587_19594666.jpg


どの花も、のびのびと思い思いに咲いています。

9
e0195587_2025746.jpg


藤棚のようにお行儀よくないけれど ここにこうして咲いている喜びにあふれているようで・・^^

10
e0195587_2051862.jpg


これが元の木の根元です。 

山藤の蔓は左巻きなのだそうです。(庭園に植えられるフジ(藤,ノダフジ:野田藤)は右巻き)

うーん・・これじゃよくわからないですね・・^^;
なんだかいろいろ絡まって よくわからない状態になっています・・^^;

11
e0195587_2075391.jpg


緑の葉もとっても美しいですね・・^^

12
e0195587_20121432.jpg


こんなに咲いているんですよ! 

13
e0195587_2013557.jpg


本当に壮観でした・・^^  

14
e0195587_20153723.jpg



ここは 自然観察公園の中なのですが ここに登ってくる人はあまりいないような感じでした。

下の道からでも、この山藤の一部は見えるのですが 
まさかこんなにすごいとは ここに登って来なければ、たぶんわからないだろうと思います。


こうして山野に咲く花たちは 誰に見られることなくとも 美しい花を毎年咲かせるのですよね・・・。

自然の素晴らしさを またひとつ感じた、山藤との出会いでした。


もし 来年の藤の季節に 再びここを訪れることができたなら・・・絶対広角レンズを持っていこう。

そして この山藤の魅力を もっとしっかり撮れるように・・・。


私は ここでしか、山藤に出会ったことはありません。

他にどこで出会えるのかわかりませんが・・もし機会があったら 是非会ってみてください。

人生観が変わる気がします・・・(大げさですが・・^^;)



      今日も見ていただき ありがとうございました~^^


       画像をクリックすると 大きくなります♪ 



2011. 5 . 4 ( 祝・水) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS 60D)

by m-kotsubu | 2011-05-13 19:38 | 樹木


<< ユリノキ(百合の樹)とシラーペ...      オドリコソウ(踊子草)と子猫ち... >>