空に近い週末 ~ めっせーじ♪ Vol.2

kotsubu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:小石川植物園 ( 39 ) タグの人気記事


2010年 11月 24日

不思議な光景~ラクウショウ(落羽松)の気根&葉と実~♪

今日は 小石川植物園で見つけた ラクウショウ(落羽松)をUPしたいと思います♪

ラクウショウは 新宿御苑が有名で、私も御苑では見たことあるのですが 今回、小石川植物園でも見つけました♪
日本庭園に入る手前の沼地にあるので あまり目につかなかったのかもしれません。
私も、最初は気づかず 時間があったので、2周目に回ったときに見つけました。

新宿御苑のラクウショウの気根の写真は UPしたこともあるのですが
今回はうっすらと紅葉した葉や、実も撮ることができたので また載せたいと思います♪

ラクウショウ(落羽松)  スギ科 ヌマスギ属

とっても爽やかな葉です~  メタセコイアの葉と似ていますが、葉のつき方が違うのだそうです♪
ラクウショウの葉は互生(互い違いに出てくる)で、メタセコイヤは対生(左右そろって出てくる)です。

1
e0195587_18334699.jpg


小さくて可愛い実ができていました~^^

2
e0195587_184039.jpg


触ったことはないけれど 硬そうですね~^^

3
e0195587_18441912.jpg


葉の先がうっすらと紅葉していますが、もう少しすると 綺麗に紅葉します。
まだちょっと早かったようですね~^^;

4
e0195587_18454788.jpg


そして ラクウショウといえば・・これですね~^^   

5
e0195587_18482768.jpg


ニョキニョキ出ているこの物体は・・・『気根』 と呼ばれるものです♪

6
e0195587_18494510.jpg


『気根』は根の上側が生長して空気中に出てくるもので、膝根とよばれるのだそうです。

7
e0195587_18523720.jpg


普通の場所に植栽すると気根を出すことはないが、湿潤地に生育すると独特の気根を形成するのだそうです。

8
e0195587_18545379.jpg


こんなにいっぱい出てます~ 不思議な面白い光景ですよね~^^

沼地に生えることが多いので、ヌマスギ(沼杉)という別名もあるそうです♪

9
e0195587_18564219.jpg


水辺のラクウショウ♪

10
e0195587_18594621.jpg


そしてここにも 夏の忘れ物~^^

11
e0195587_1912431.jpg


自然界には 面白いものがたくさんありますね~^^
いろんな発見があって とっても楽しいです♪


今日も見ていただき ありがとうございました~^^


画像をクリックすると 大きくなります♪ 


もうひとつのmessage♪ 
fotologue
こちらにも遊びに来てくださいね~^^

2010. 11 . 6 ( 土 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS Kiss X2)

by m-kotsubu | 2010-11-24 19:07 | 小石川植物園
2010年 11月 16日

ツルウメモドキ(蔓梅擬)~だいだい色のテルテル坊主?♪

秋は いろいろな実が楽しい季節ですよね~^^

この前行った、小石川植物園の写真を整理しましたが、ほとんどが秋の実の写真でした♪

今日は その中から、『ツルウメモドキ』 の可愛らしい実をUPしたいと思います。

1
e0195587_199352.jpg


ツルウメモドキ(蔓梅擬)  ニシキギ科

2
e0195587_19112896.jpg


赤い実が多い中で、このだいだい色の実は とっても新鮮でした♪

3
e0195587_19133041.jpg


別名 ツルモドキ(蔓擬) だそうです。

4
e0195587_19143532.jpg


美しい実は、生け花や装飾用に使われるそうです~^^
確かに、この綺麗な色は 映えそうですね~^^

ただ・・・ツルウメモドキはリースなどに用いられ、人気があるため、
見つかり次第採られてしまう受難の植物で、見る機会がめっきり減ってきてしまったのだそうです。

可愛らしい実、採りたくなってしまう気持ちはわからいでもないけれど・・・やはり 自然の中で愛でてあげたい気がします。

5
e0195587_1917039.jpg


なんだか小さなテルテル坊主みたい?

6
e0195587_19245016.jpg
 

つやつや光ってます~^^

7
e0195587_19264738.jpg


種子は鳥に食べられて散布されるのだそうです。

8
e0195587_1929133.jpg
 

可愛いお客さんが遊びに来てました~^^
キバラヘリカメムシの子供 だそうです♪ ありがとうございます~^^

9
e0195587_19325945.jpg
 


また樹皮から繊維をとって、糸撚りなどの材料にもするのだそうです~

10
e0195587_19433949.jpg


こちらは、よく見かける ウメモドキ ニシキギ科

仲間なのかな?とおもいきや・・・科も違うし あまり関係ない?ようです・・^^;

11
e0195587_193783.jpg



今日も見ていただき ありがとうございました~^^


    画像をクリックすると 大きくなります♪ 


もうひとつのmessage♪ 
fotologue
こちらにも遊びに来てくださいね~^^

2010. 11 . 6 ( 土) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS Kiss X2)

by m-kotsubu | 2010-11-16 19:49 | 小石川植物園
2010年 11月 13日

サネカズラ(実葛)の実~真っ赤な灯♪

東京は良いお天気が続いています♪
紅葉の見ごろはもうちょっと先のようですが・・。

先週の土曜日に 久しぶりに小石川植物園に行ってきました~^^

この前、ここに来たのは6月の初めだったので とっても久しぶりです~。

すっかり秋の色に染まった 小石川植物園で出会った花や実たち♪
自然教育園、洗足池公園の写真も残っていますが いろいろ日替わりで、UPしていきたいと思います~^^

小石川植物園のトップバッターは 真っ赤なサネカズラの実です~♪

行かれたことがある方もいると思いますが、ここはとても広く樹木がとてもたくさんあります♪
その中を歩くのが 私は大好きなのですが、
この日も写真を撮りながら歩いていると 一人のおじさんに声をかけられました~^^
その方も 若かりし頃、フィルムカメラをやっていたようで いろいろ話したのですが
そのおじさんが、「あっちにサネカズラの実があるよ!」 と教えてくれました♪
そして サネカズラのことについて詳しく教えてくれました♪

えーと・・前置きが長くなるので 写真に行きます~^^

サネカズラは 去年、散歩中に出会いましたが、まだ色づき始めでした。
真っ赤な実を撮りたかったので あると聞いてわくわく♪

あ! ありました~^^
サネカズラの実は 分類標本園の奥の方で、真っ赤な実をたくさんつけていました♪

1
e0195587_204309.jpg


サネカズラ(実葛)  マツブサ科 サネカズラ属

2
e0195587_20112728.jpg


こんなに可愛い実なのに 恥ずかしがりなのか、葉っぱに隠れて中のほうから顔を覗かせています~

3
e0195587_20135129.jpg


背はけして高くはない樹なので、かがみこんで 覗きこんで 葉っぱをそっとかき分けての撮影です~^^

4
e0195587_20152120.jpg


可愛い~♪  恥ずかしそうに見せてくれた顔は、とっても愛らしくて 何枚も撮っちゃいました~

5
e0195587_2018179.jpg


葉っぱの陰の薄暗いところから覗く真っ赤な実は、まるで暗闇を照らす明るい灯のようです♪

6
e0195587_20195273.jpg


別名を ビナンカズラ(美男葛) といい
皮を剥いでつぶして水を加えるとネバネバした液体になり、これを男性の整髪料としたところからきた名前だそうです。

このことは おじさんが熱弁してました~^^

7
e0195587_20225644.jpg


ちなみに 『サネカズラ』 とは 『実(さね)が美しいつる植物(かずら)』 の意味だそうです。

名前のとおり、本当に美しい実ですよね~^^

8
e0195587_20274362.jpg


そういえば・・・ 
「名にし負はば 逢坂山(あふさかやま)のさねかづら 人に知られで くるよしもがな」
という 百人一首の句がありましたね~
あのサネカズラとは この実のことだったのですね♪

余談ですが・・実は私 百人一首が大好きで、昔はほとんど覚えてて、ものすごい早さで取れたのですが・・・(笑)
もう何年もやってないから 鈍ってるかなぁ~^^;
でも、上の句言われれば 今でもほとんど下の句は出てきまーす♪

9
e0195587_20305369.jpg


美しい赤い実・・・ しばらくはこの実のそばから 離れがたかったです~^^;

10
e0195587_20391187.jpg


ところで・・サネカズラを教えてくれたおじさんは なぜかあちこちに出没し、「カメラマン! こっちに○○があるよ~」  とか教えてくれたのでした~^^

まぁ、私だけではなく 他のおばさまの二人連れ・・とかにもいろいろ教えていたので
そういうちょっとユニークな 物知りで植物好きでカメラ好きのおじさまだったようです~(笑)

でも そのおじさんのおかげで、この美しいサネカズラに出会えたので 感謝、感謝です♪

そして  今日出かけたところでも、柵にからんで生っているサネカズラを見ました。
あまり数は多くなかったのですが、風情があって素敵でしたよ♪


今日も見ていただき ありがとうございました~^^
   
    
画像をクリックすると 大きくなります♪ 


もうひとつのmessage♪ 
fotologue
こちらにも遊びに来てくださいね~^^

2010. 11 . 6 ( 土) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS Kiss X2)

by m-kotsubu | 2010-11-13 18:45 | 小石川植物園
2010年 06月 28日

個性派紫陽花~カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)♪

昼間は晴れていましたが、夕方から雨が降り出し 雷も・・
それにしても 蒸し暑いです!


今日は 紫陽花の中でもちょっと個性的な紫陽花♪

カシワバアジサイをお届けします~^^

カシワバアジサイ (柏葉紫陽花) アジサイ科(ユキノシタ科) アジサイ属の落葉低木

1
e0195587_20283662.jpg


花は円錐状あるいはピラミッド型に付く独自の形で 花の色は真っ白です~^^

昔はあまり見かけなかった気がしますが、最近はあちこちで見かけますね♪

2
e0195587_20302058.jpg


葉の形がカシワに似ていることが、和名の由来だそうです。

なるほど、柏餅の葉っぱに似てます!(笑)

3
e0195587_20322355.jpg


八重咲きと一重咲きがあるそうですが これは八重かな? ^^

4
e0195587_203579.jpg


一般のアジサイとは異なり 木のボリュームに比し、花が少ないのが特徴だそうです。

5
e0195587_20365146.jpg


逆光で撮ってみました~  花びらが透けて綺麗~^^

6
e0195587_20414443.jpg


葉には切れ込みがあり、秋には紅葉するようですよ♪

7
e0195587_20432529.jpg


白い花が 清楚で綺麗ですね~^^

8
e0195587_20443528.jpg


他の紫陽花とは ちょっと違う佇まい。 光を浴びて爽やかでした~^^

9
e0195587_20465284.jpg


隣に咲いてたガクアジサイ♪

10
e0195587_2050186.jpg


『ロイヤルブルー』 とプレートにありました。  綺麗な名前ですね~^^

11
e0195587_2051455.jpg



紫陽花も このあたりでは 盛りの時を過ぎたようです。
もうすぐ7月 季節の移り変わりを感じます・・・^^

今日も見ていただきありがとうございました~^^


もうひとつのmessage
ほら、風の声が聴こえる・・~『東京湾♪』

 こちらにも遊びに来てくださいね~^^

2010. 6 . 6 ( 日) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS Kiss X2)

by m-kotsubu | 2010-06-28 19:04 | 小石川植物園
2010年 06月 23日

いろんな樹木の花と実♪

朝降っていた雨も夕方にはやみ、晴れ間が出てきました♪

またしばらくは 梅雨もお休みのようですね~^^

小石川植物園は とてもたくさんの樹木があります。
今日は 樹木の花や実を 一挙にUPしたいと思います♪

ナツボダイジュ(夏菩提樹) シナノキ科
別名・英名: リンデンバウム、セイヨウボダイジュ

e0195587_19264478.jpg

1
e0195587_1927226.jpg


花は終わりかけのようでしたが、黄色いシベのとっても爽やかな花です♪
初夏を感じさせてくれますね~^^

2
e0195587_19272885.jpg


クロガネモチ モチノキ科
秋には赤い可愛い実がなりますね~^^ 小さくて撮るのが大変でした・・^^;

e0195587_19305767.jpg

3
e0195587_19311524.jpg


まだ青い梅の実~^^

4
e0195587_19333333.jpg


梅の実も初夏を感じます♪ 爽やか~^^

5
e0195587_19343328.jpg


フサザクラ フサザクラ科 (総桜、房桜 タニグワ)
サクラと名はついていますが サクラとは縁がないそうです・・^^;
小さな実がたくさん集まっています・・^^
ちなみに調べてみましたが 花は3~4月ごろ咲き、赤くてフサフサしてて?ユニークでした♪

e0195587_19362163.jpg

6
e0195587_19364286.jpg


マユミ(檀)の実♪ ニシキギ科 別名:ヤマニシキギ(山錦木)
実も可愛いですね~ ちゃんと見たことないのですが、撮りたい実ですね~^^

e0195587_19384036.jpg

7
e0195587_1939252.jpg


可愛い♪ ハート? 王冠? ^^

8
e0195587_19401143.jpg


ムラサキシキブ(紫式部)  クマツヅラ科 別名:ミムラサキ(実紫),コメゴメ
ムラサキシキブの紫の実は 可愛くて去年よく撮りました・・♪
花も紫なんですね~^^
ちなみに 庭木として栽培され、ムラサキシキブと呼ばれるのは、 「コムラサキ」のようです。
ちょっとまぎらわしいですよね~ 実も似てるし・・^^;

e0195587_1942597.jpg

9
e0195587_19422317.jpg


マルバチシャノキ♪ (丸葉萵苣の木) ムラサキ科
別名・ カキノキダマシ
特徴のある花ですね♪  調べたところ 秋の実は黄色い実です~^^

e0195587_1943498.jpg

10
e0195587_1944741.jpg


11
e0195587_19442463.jpg


ヒゼンマユミ♪ ニシキギ科

e0195587_19455488.jpg

12
e0195587_19461048.jpg



私は小さいので・・^^; 高い樹木の花や実は 撮るのがちょっと大変~^^
しかもみんな小さいし 風が吹くとますます撮りずらい・・・

多少のブレはお許しください・・^^;

見過ごしがちな樹木の花や実にも 可愛いものがたくさんあります♪
華やかさはないけれど さりげない樹木の花や実は とっても好きです~^^
秋には 色づく実たちも ぜひ撮ってみたいですね~^^

今日も見ていただき ありがとうございました~^^


もうひとつのmessage
ほら、風の声が聴こえる・・ こちらにも遊びに来てくださいね~^^

2010. 6 . 6 ( 日 ) 晴れ  PHOTO by kotsubu (EOS Kiss X2)

by m-kotsubu | 2010-06-23 19:50 | 小石川植物園
2010年 06月 21日

大きな葉っぱと小さな可愛い赤い花~セッコウガキの花♪

今日は夏至ですね~^^ 夏が近づきつつありますね♪


さて 今日は・・・^^
小石川植物園の 樹木がたくさんあるエリアにやってきました♪

1
e0195587_21154684.jpg


モミジのプロペラも 飛ぶ準備が整いつつあります?!

2
e0195587_2117356.jpg


ツバキ園の近くに 1本の木を見つけました♪

e0195587_21183042.jpg

3
e0195587_21185478.jpg


小さな小さな赤い花が たくさん咲いています・・。

4
e0195587_212118.jpg


セッコウガキ(淅江柿) カキノキ科  とありました♪

5
e0195587_21221016.jpg


中国の淅江省からきた名前だとか・・・?

6
e0195587_21254185.jpg


小さくて白く、赤い縁取りがある壷型の花で とっても可愛いです♪

7
e0195587_21312057.jpg


花の大きさに比べて 葉っぱがとても大きいですね~
普通の柿の葉っぱより大きめかな?

8
e0195587_2133161.jpg


ハチくんが 花めがけて飛んできました~
近くにハチの巣があるのか? セッコウガキの花が美味しいのか 
ハチがブンブン飛び回っていて さすがの私も、ちょっと怖かったです・・(笑)

9
e0195587_2135157.jpg


葉っぱには・・^^ 嫌いな方はすみませーん・・^^;

10
e0195587_21374493.jpg


セッコウガキは サイトで調べても、あまり詳しいことがでていませんでした・・^^;
実も小さいようですよ♪  どんな実か見てみたいですね~^^

11
e0195587_21395488.jpg


小さな花がたくさん並んでるところはとても可愛くて 赤い花が緑の葉っぱに映えて 綺麗でした~♪

12
e0195587_21443277.jpg


もう少し撮りたかったけど、ハチがあまりにも多かったので早めに退散しました~^^;

高い木に咲く花を見上げて撮ったのと 風が少しあったので 今日の写真はちょっとブレてましたね~^^;

今日も見ていただき ありがとうございました♪


もうひとつのmessage
ほら、風の声が聴こえる・・~『水辺のきらめき♪』

 こちらにも遊びに来てくださいね~^^

2010. 6 . 6 ( 日 ) 晴れ  PHOTO by kotsubu (EOS Kiss X2)

by m-kotsubu | 2010-06-21 19:09 | 小石川植物園
2010年 06月 20日

その名のとおり!~ブラシノキ(カリステモン)♪

今日は 小石川植物園に戻り、ちょっとユニークなこの花をUPしたいと思います♪

みなさん この花を見たことがありますか?

e0195587_181932.jpg

1
e0195587_18192998.jpg


ブラシノキ(学名:Callistemon speciosus) フトモモ科ブラシノキ属の常緑小高木
別名、カリステモン(本来は属名のラテン名である)、ハナマキ(花槙)、キンポウジュ(金宝樹)。


2
e0195587_18204725.jpg


実は 私の自宅マンションの入り口に この花の赤花の木があって 撮りたいと思いながら 機会を逃していました・・^^;
ここで出会えたので ちょっとびっくり~  嬉しかったのです・・^^

3
e0195587_18231832.jpg


アブくんが遊びに来てますね~^^

4
e0195587_18274240.jpg


ブラシノキの名のとおり まさに試験管ブラシのような花を咲かせまーす♪

面白いですね~^^

5
e0195587_18305010.jpg


ブラシの毛に見えるものは雄しべの花糸であり、花弁や顎は開花後すぐに落ちるとのことです。
花が開き始めると、雄しべの花糸がはじけ出そうに出てくるのだそうです。

6
e0195587_18335455.jpg


蕾はこんな感じです♪

7
e0195587_18495874.jpg


学名のCallistemon(カリステモン)は、ギリシャ語の 「kallos(美しい)+ stemon(雄しべ)」 が語源だそうです♪

8
e0195587_1837254.jpg


少し先には 赤花も♪ 私が自宅マンションで見たのは この花です。
別名で 『ハナマキ』 とプレートがあったので、ちょっと混乱~^^;
帰って調べて 別名だとわかりましたが・・・

e0195587_18404310.jpg

9
e0195587_1841171.jpg


花槙(ハナマキ)は、葉が槙(マキ)に似てる所からついた名前だとか・・^^

10
e0195587_18441563.jpg


ほんとにブラシにそっくりですね~^^

11
e0195587_1851055.jpg


花のあとにつける実は、その後もずっと大きくなりつづけ、7~8年は枝についていて発芽能力も持ち続けるそうです。
この木は、乾燥地が原産地のため極端な乾燥や山火事のときにパァーンと 実が開いて中の細かい種子が風に飛んで散布されるというしくみになっている。
山火事でまっさらな土地になったところにすばやく芽を出して、その土地一帯の優占種になるのが目的らしい


とありました。 (ネットから引用) 

ちなみにユーカリも同じだそうですよ♪
山火事の多い オーストラリアの木らしい種子の飛び方なのですね~^^

12
e0195587_18544720.jpg


植物も生きていくために いろいろな知恵を持って生まれてくるのだなぁ・・・と思いました~^^

写真を始め、ブログにUPするために こうやって植物のことをいろいろ調べるようになりました。
知らないことが 本当にたくさんあって・・それを知ることも 写真とともに楽しみのひとつになっています。

まだまだ自然界は わからないこと、知らないことがたくさん!
楽しみながら追いかけていけたらいいな~ と思います。

これからも よろしくお願いしまーす♪

今日も見ていただきありがとうございました~^^


もうひとつのmessage
ほら、風の声が聴こえる・・~『木漏れ日♪』

 こちらにも遊びに来てくださいね~^^

2010. 6 . 6 ( 日) 晴れ  PHOTO by kotsubu (EOS Kiss X2)

by m-kotsubu | 2010-06-20 17:07 | 小石川植物園
2010年 06月 17日

花と実の意外性?~合田草(ルナリア、オオバンソウ)

今日も東京は 梅雨の合間の暑い一日でした~
仕事が 忙しく、ちょっとバテ気味~^^; 明日行けばお休みなので がんばろー!! ^^


小石川植物園の本館前の小さな花壇。
ここには 小さいながらもいろんな花があります♪

面白いものを見つけました~^^
丸い実? がたくさんついています・・

e0195587_23541171.jpg

1
e0195587_23524080.jpg


透けて見える中身は種?

2
e0195587_23551053.jpg


ゴウダソウ(合田草) アブラナ科
別名:ルナリア、オオバンソウ(大判草)、ギンセンソウ(銀扇草)


ん? ルナリア・・とは あのルナリア?

色づいた実ですね~^^

3
e0195587_23571224.jpg


1901年に教授の合田清(ごうだ きよし)さんという方が フランスから日本へ持ち帰って普及させたらしく
花名は、その「合田さん」に由来してつけられたそうです。

とってもユニークな実ですね~^^

4
e0195587_015189.jpg


別名の 「大判草」 「銀扇草」 「銀貨草」 は 実の形からつけられたそうです。
見るからに納得! ですね~^^

5
e0195587_042866.jpg


シダ園の前に たくさんの合田草を発見! わずかながら花も!
あ、ルナリアとは やはりあのルナリアです♪

Lunaria(ルナリア) の luna は月の意味で,果実の形から連想された名前だそうです。
なるほど、この花の名は ユニークな実の形から名づけられたものだったのですね~^^

それにしても このルナリアの実が このユニークな合田草だとは・・びっくり?^^;

6
e0195587_071837.jpg


たくさん実っていた 風に揺れる合田草♪  モンシロチョウがたくさん遊びに来ていましたが・・・
全然止まってくれないので 上手く写せませんでした~
どこにいるか・・・ わかりませんね~^^;

7
e0195587_011201.jpg


調べていたら もうひとつ・・^^

花の後にできる丸い形の莢(さや)の両側の外皮がタネとともに外れると、銀白色の隔膜が残り、
この隔膜は半透明で光沢があり美しく、ドライフラワーとして利用されるそうです。
その隔壁の様子からコインプランツ、シルバーダラーなどの別名があるそうですよ~^^

あ、そういえば見たことあります!
ドライフラワーになってるあれ! あれがこの合田草=ルナリアの実だったのですね~♪

なんだかいろんなことが繋がって? とっても不思議で面白い~^^


オマケです♪

合田草の別名 オオバンソウに対し・・ おなじみコバンソウ~^^
同じく花壇にありました♪  もう色づいてますね~^^

8
e0195587_019280.jpg


もひとつオマケ♪  ツリガネスイセンの実~^^

e0195587_1953191.jpg

9
e0195587_195566.jpg



可憐な花でも 実はとってもユニークだったり・・^^

花と実を比べてみるのも 面白いですね~♪

今日も見ていただき ありがとうございました~^^
明日は 『幻の紫陽花』 をUPしたいと思いまーす♪

もうひとつのmessage
ほら、風の声が聴こえる・・~『ムクドリくん♪』

 こちらにも遊びに来てくださいね~^^

2010. 6. 6 ( 日 ) 晴れ PHOTO by kotsubu (EOS Kiss X2)

by m-kotsubu | 2010-06-17 19:18 | 小石川植物園
2010年 06月 15日

花と虫の素敵な関係~ユッカ(キミガヨラン)♪

昨日梅雨入りはしましたが 今日の東京は、梅雨の合間のまるで初夏のようなお天気でした~^^

今日は長男の学校の用事があったため 仕事はお休みしました。
貴重な平日休み・・^^ 平日に一日でも休めると嬉しいです♪

そんなわけで 今日はちょっと早めの更新です。


今日から 6月6日 日曜日に行った 小石川植物園の花や虫たちをUPしていきたいと思います♪

だいたい こんなふうに植物園とか大きい公園とかのシリーズ?を載せるとき
私は 自分が歩いて撮った順に載せています~^^
なので 今回も、一緒に植物園巡りをした気分で 楽しんでいただけたら♪ と思いマース! ^^

この日は 初夏を思わせるとっても天気のよい日曜日でした~
またたくさんの 初めての花たちに出会えました♪

今日は この花を♪

e0195587_20594845.jpg

1
e0195587_210128.jpg


この日 小石川植物園には たくさんの人が訪れていました。
中には ガイドさんつきのツアーのような方たちもいて この花のところでそのツアー?の人たちが説明をうけていました~
シダ園の奥のほうにひっそりあったので、そうじゃなかったら気づかなかったかもしれません・・^^;

ユッカ(キミガヨラン) リュウゼツラン科

2
e0195587_211656.jpg


前日雨・・だったけな? 花びらが濡れていました・・^^

3
e0195587_2144835.jpg


ユッカ (学名 Yucca) はリュウゼツラン科ユッカ属の植物の総称で、40~50の種があるそうです。

4
e0195587_218465.jpg


このキミガヨランは北アメリカ原産で1.5~2mくらいの高さになります。
花期は6~8月頃で黄白色の花を多数咲かせまーす♪

5
e0195587_2110578.jpg


花は下向きに咲いてます♪

6
e0195587_21153138.jpg


花は春と秋の 2 回咲くようです。

肉厚の葉が生い茂り花がたくさん付く様子を繁栄にたとえ、栄えるという意味の「君が代」をつけたのが名前の由来とのことです・・^^

7
e0195587_21204150.jpg


蕾はこんな感じでーす♪

8
e0195587_21225044.jpg


ユッカは非常に特殊な受粉システムを持っているそうですよ~

受粉はユッカガによっておこなわれ、ユッカガは雄しべから別のものの柱頭に花粉を運び、同時に花の中に産卵するのだそうです♪

調べていたら 面白いことを見つけたので 以下に転載させていただきます。

こんなに豪華に花を咲かせても、日本では決してユッカが実を実らせることはありません。なぜでしょうか?
それは、ユッカのパートナーであるユッカガがいないからです。
自生地でユッカの花の中をのぞくと、体長1cm程度の可憐な白銀色のガが現れます。
このユッカガの幼虫は、ユッカの若い種子しか食べることが出来ません。
そこで母親のユッカガは、将来生まれてくる我が子のために、ユッカの花粉をわざわざ集めて、雌しべにつけ、その後で花に卵を産みつけます。
ユッカの花の雄しべと雌しべは遠く離れていて、ユッカガの助けが無いと決して受粉できないのです。
しばらくして卵から孵ったユッカガの幼虫は、いくらか種を食べてしまいますが、ユッカの実はとても大きいのでほとんどを食べ残します。
これでめでたしめでたし。ユッカガの幼虫も大きく成長でき、ユッカも子孫を残すことが出来るのです。
こんな不思議な『持ちつ持たれつ』の関係は、4000万年という気の遠くなるような年月の間続いて来たと考えられています


                                     以上 ネットから引用

ユッカとユッカガの 素敵な関係ですね~^^
日本にユッカガがいないのが残念です・・・

9
e0195587_2124019.jpg


植物園にあったので めずらしいものなのかな?と思いましたが
観賞用にわりと広く育てられているそうです・・^^

10
e0195587_21271175.jpg


ランにもいろいろ種類がありますね~
ちょっと気取ったランも多く あまり好きではないのですが このランは小さくて控えめで ちょっと可愛いな~と思いました♪


これからまた用事があってちょっと出かけるので、お返事&ご訪問は後ほどさせていただきますね~♪

今日も見ていただき ありがとうございました~^^


もうひとつのmessage
ほら、風の声が聴こえる・・ こちらにも遊びに来てくださいね~^^

2010. 6 . 6 ( 日) 晴れ  PHOTO by kotsubu (EOS Kiss X2)

by m-kotsubu | 2010-06-15 18:30 | 小石川植物園